TOP > その他のニュース > J-CASTニュース > 橋下氏を「精神疾...

橋下氏を「精神疾患」と診断した男性精神科医に賠償命令 香山リカ氏の批判との違いはどこに? : J-CASTニュース

22コメント 登録日時:2015-09-30 20:18 | J-CASTニュースキャッシュ

大阪市の橋下徹市長を激しく批判する論客のひとりとして有名なのが精神科医の香山リカ氏だ。香山氏が橋下氏を診察もせずに「病気だと診断」したとして、橋下氏からツイッターで「サイババか!」と罵倒されたこともあった。その橋下氏を非難する記事をめぐって、別の精神科医が訴訟を起こされて1審で敗訴した。香山氏との違いはどこにあるのだろうか。...

Twitterのコメント(22)

@biz_journal おい、片田珠美とbiz-journal お前らは『サイババ』か?
あんたら、同じ過ちを繰り返しとるぞ? 政治家を批判するなら、堂々とやれよ。
精神科医としての権威を悪用するな。
香山リカも訴えて頂きたい>
本邦でも過去に、橋下徹氏を診療もせずに勝手に「精神疾患」と診断した精神科医に賠償命令が出ている。
香山リカ氏の批判との違いはどこに?【2015/9/30】  この裁判結果に関しては、「事実との関係性は認められない」と判決を出しますよ。1人の人間として(笑)
ま、不安を煽ることにかけては、病的なところは、あるのかなあ、、、
精神科医が頼まれもしない「診断」をして公表するのは、職業倫理に抵触しないのか?個人情報保護法上の機微情報だが。
月刊誌「新潮45」記事巡り自称私人の敗訴確定がらみで、2015年9月のこの記事を読み返した。6つの特徴の「(2)をのぞいて5項目が当てはまる」と書いてるけど、(2)も当てはまっていると思う。
新潮45に載った「橋下氏の高校時代の先生の証言」というのはこれか。/
「診断」が争点になるならば、「来院をオススメします」はギリギリセーフ?いや、この基準は裁判次第だろうけれど /
@loner_misfit
精神科医が相手を納得させずに訴訟なんて恥、日本の精神医学が発達してないわけだよね、ちなみに橋下は精神病といってた香山リカには訴えず、別の精神科医を訴えていたのも不思議だった。訴えて脅す心理は病んでいる。
高校時代の橋下徹。「嘘を平気で言う。バレても恥じない。信用できない。約束をはたせない。自分の利害にかかわることには理屈を考え出す。人望はまったくなく、」「自己顕示欲型精神病質者」「演技性人格性障害と言ってもいい」
★専門家なら、誰でもそう思うだろう。
橋下氏を人格障害で分類すれば、演技性の傾向はありますね。演技性人格障害の怖さは、人を利用したり扇動するのに、その人が邪魔になれば、粛清します。【
→どっちにしろ、まともじゃ相手してられん。
香山って、なにげに慎重なんだな…いや、だからこそ、ここまで生き残れたのか。
この精神科医には橋本徹氏に対する激しい嫌悪感があるらしいけどそれにしても仮にも精神科医でしょう?人を軽々しく精神疾患だと言って罵倒していいの?
精神科医の 氏が橋下氏を診察もせずに「病気だと診断」したとして、橋下氏からツイッターで「サイババか!」と罵倒されたこともあったが…。
「診断」したオッサン自身が病気だったのに対し、香山リカこと金梨花が悪意のデマを流布したことでしょう。
病的だと思うけどね、平気で嘘をつくというのは。都構想の信を問う投票は一回きりって住民投票で言ってたね。松井一郎は負けたら民間人になるって。クソだな。→ 香山リカ
橋下氏の事はどうでもいいが、精神科医ってのは精神病者がなる職業なんだろうかね?
以上

記事本文: 橋下氏を「精神疾患」と診断した男性精神科医に賠償命令 香山リカ氏の批判との違いはどこに? : J-CASTニュース

関連記事