TOP > その他のニュース > J-CASTニュース > シニア「100兆...

シニア「100兆円市場」を狙え 個人消費の主役に躍り出る (1/2) : J-CASTニュース

25コメント 登録日時:2012-09-09 18:17 | J-CASTニュースキャッシュ

時間にもお金にも余裕がある65歳以上のシニア世代の消費が好調だ。欧米や新興国を含む海外経済の低迷で、震災復興と個人消費は、今や景気の頼みの綱だが、その中でもシニアが支える構図が定着しつつある。 国立社会保障・人口問題研究所の推計では、65歳以上の世代が総人口に占める割合は、2010年の23%が、2015年に27%、2040年には36%に上昇する見通しだ。 団塊世代はこれからが本番 個...

Twitterのコメント(25)

「現在約1500兆円の個人金融資産のうち6割を60歳以上の世代が保有」 >オレオレ詐欺の統計的理由
お金をもっているシニア層に消費を促すのは重要だ。できれば明日を創るために使って欲しい。若年層の雇用の安定にもつながるのでは。|
こういうのばっかりだな…(..)
シニア世代は手元からお金を手放さないと思う。身の回りにお金がないと落ち着かない人が多いんじゃないかと。相続税が潤うほうに100ペリカ 『 : J-CASTニュース』
記事: (2/2) : J-CASTニュース
すごい、団塊世代の市場がこんなにも大きくなっているんですね。趣味の分野でマーケットがある気がする。/
結局、今も昔も金使うのは団塊~団塊Jr.ってことだよな… RT @jcast_news: シニア「100兆円市場」を狙え 個人消費の主役に躍り出る
老人天国!
【G.G(ジジィ)マーケティング】 @jcast_news 本当はグランド.ジェネレーション.
て、言われて何年よ…しかも、そのわりには企業が有効なモノ・ソリューションを提供できていない気もする。:
7~8年前に「団塊の世代を狙え」みたいな流行があったけど、それが現実化してきているということか---
人を金か消費させる存在としか考えていないような記事 経済界や企業の消費者に対する考え方は皆こんな感じだろうな
シルバー消費も結構だけど、やはり現役世代の住宅や自動車などの購入サイクルが続かないと内需は?
いっけー シニア!! シニアとメシアはちょっと似てる。 >
世代間格差社会…
賢いのは どっち!
若者にクルマ離れ問う50代「どうして必要?」の逆質問に驚く:

 個人消費の主役に躍り出る:
すごく前からシニア市場って言われ続けているが、いまこそやっぱりこの市場だと思う。この市場こそUXとかテクノロジーとかが重要。しかしバランス感覚はさらに重要。
問題は景気回復にそのお金がまわるかである。期待はできないように思われるのだが…。"@jcast_news: "
国も相続税上げてむしり取ろうと画策しているとか。。
以上

記事本文: シニア「100兆円市場」を狙え 個人消費の主役に躍り出る (1/2) : J-CASTニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース