TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > 日立、社内システ...
11コメント

日立製作所は5月15日、電子メールの一部が送受信できなくなったり、添付ファイルが開けなかったりなど、社内システムに障害が起きていると明らかにした。サイバー攻撃を受けた可能性があり、「影響の規模を確認中」(同社広報部)としている。 5月12日から、古いWindowsの脆弱性を悪用した「WannaCry」(WannaCrypt、WannaCryptor)と呼ばれるランサムウェアが世界で...


Twitterのコメント(11)

『 ランサムウェア「WannaCry」被害か』 日立の被害が際立つ。適切に管理されていれば防げた被害なのに日立は一体どんな管理をしていたのか
ファイル共有しちゃうなら、ネットからの隔離は、ランサムウェアには効果薄いのかな /
現場で唯一PCを使って仕事してるワイ。当日朝、全館放送で「LANケーブルを抜け!」と言われてから3日。PC使えないまま社内ニートに無事昇格したのち休みに突入w
としたら、どこの部門だぁ?知ってる所なら大笑いしてやるw
問題はサイバー攻撃じゃなくてセキュリティ対策がザルだったってこと。それにしても日立までこの有様とは /
日立製作所、社内システムに障害
業務に支障出て仕事なりまへん(泣)
やっぱりwww
13日からだからね、週明け注意ってか週末にかかって週明け発覚じゃ。
日立、社内システム障害
ウッソだろお前
大阪では病院のサーバーと大阪市、そして関東地方では、上記、日立のサーバーです
あぁ(意味深
以上

記事本文: 日立、社内システムに障害 ランサムウェア「WannaCry」被害か - ITmedia NEWS

関連記事

76コメント 2017-05-15 11:46 - www3.nhk.or.jp

世界各地で大規模なサイバー攻撃による被害が広がる中、大手電機メーカーの日立製作所は、サイバー攻撃を受けて、社内のシステムの一部に障害が出ていることを明らかにしました。 会社によりますと、15日システムの障害が見つかったということで、電子メールの送受信ができなかったり、添付ファイルが開けないといったトラブルが起きているということです。世界各地で被害が相次いでいる一連のサイバー攻撃と同じ種類のサイバ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース