TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > 「けもフレ」効果...
13コメント

豊橋総合動植物公園(愛知県豊橋市)がこのほど、ネコ科動物「サーバルキャット」の一般公開を始めた。サーバルキャットは、人気アニメ「けものフレンズ」内でもメインキャラクターとして描かれた動物。同園がTwitterで一般公開を告知したところ、7800回以上リツイートされ(4月20日時点)、「(普段のツイートと比べて)桁数が違う。ユーザーの関心度が高いと分かり驚いた。盛り上がりを期...


Twitterのコメント(13)

GWに行こうかと思ったけど、流石に混むよなぁ…… /
かーわいー! /
長野県にもいればなぁ……(˘ω˘)
二期やったらまた盛り上がるかな。
@Masayoshi_Oishi 是非、豊橋でライブを。豊川ICで降りましょう。
おかんの都合が合えばGWに行こうかと思ってたけど、Twitterでそのお知らせは見たけど、ニュースにもなってて動揺中。
夜行性動物館 →
GWはどったんばったんの大忙しだなw学芸員さんの腕の見せ所やでw /
だがTwitter民が動物園に行くかは謎
サーバルとフェネックを隣接展示
( ・ω・)…アライさんは…
豊橋総合動植物公園
以上

記事本文: 「けもフレ」効果に期待 「サーバル」公開の動物園、Twitter反響に驚き - ITmedia NEWS

関連記事

34コメント 2017-04-20 06:56 - www.chunichi.co.jp

豊橋総合動植物公園(豊橋市大岩町)で、アフリカ原産で中型のネコ科動物「サーバルキャット」の展示が始まった。サーバルは、三月にテレビ放送が終了した人気アニメ「けものフレンズ」の主要キャラクターで、園の担当者は「同じく愛される存在になってほしい」と期待する。 公開されたサーバルキャットは生後約五カ月の雌で、大きな耳とヒョウ柄の体が特徴。園は一月のアニメ放映前から導入を進め、...[続きを読む

画像で見る主要ニュース