TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > ミミズの筋肉使っ...

ミミズの筋肉使ったポンプ開発 エネルギー源はATP 電力不要の超小型ポンプ実現へ - ITmedia NEWS

123コメント 登録日時:2016-10-18 12:23 | ITmediaキャッシュ

ミミズの筋肉組織を利用した小型ポンプを理研などのチームが開発した。動作のためのエネルギー源にATPを利用しており、電力不要で駆動する超小型ポンプの開発につながるという。...

Twitterのコメント(123)

ミミズ溜まり(てなんやねん)にはまったタイミングで落雷に打たれた主人公が特殊能力を得て怪力ヒーローになる以下略>
ミミズ筋肉シートて、そういう話だよな、、?
「まず、フトミミズを輪切りにして開き、」ミミズーッ!!>
ATPをエネルギー源とかまじか
「まず、フトミミズを輪切りにして開き、幅約1センチのシート状にし、」うあああ /
やばそうな未来きたな(満面の笑みを)
これってさあ、ボトムズでいうところのマッスルシリンダーが実用化しそうって理解でOK?
>まず、フトミミズを輪切りにして開き、
動物愛護法大好きおばさんたちがまた怒るぞ
あたい知ってる。より多くのミミズ筋肉を得る為に遺伝子改造した巨大ミミズが造られて暴走するパニック映画の展開だ
既存の圧電素子を用いたポンプってまさか
すげー。
/
瞬時に虐殺器官を思い出しました。あれはイルカの筋肉だけど。
人工筋肉とかSF的な方に行くのかな /
ミミズ型巨大決戦兵器のアニメとか作られるな /
<神経組織なども含めて人工的にミミズと同様の構造を作ることができれば、電気なしで駆動する可能性があるという>
最終的には筋肉そのものは使わないのね。
生体素子ほんとすき
「動作のためのエネルギー源には、生体の共通エネルギー源であるATPを活用しており、将来、神経組織なども含めて人工的にミミズと同様の構造を作ることができれば、電気なしで駆動する可能性がある」 /
すごい! けど想像するとキモい!w
この手のバイオメカニクス、虐殺器官で見た。
虫を参考にしたシリーズ/
遂に『虐殺器官』の世界が来るのか! /
ミミズは犠牲になったのだ。ミミズ筋肉シートの犠牲にな。

>まず、フトミミズを輪切りにして開き、幅約1センチのシート状にし、
中央帝都の地下で奴隷を使って発電してるやつを思い出した。 /
現実のマイル1とかマッスル・シリンダーはミミズ…なのか。「 電力不要の超小型ポンプ実現へ」
ミミズ千匹ネタ禁止
ATPエンジンは、人類の夢ではあるけど、これは単に作っただ。としか言えない感じ。飛行機で言えばリリエンタールより前だね。 /
ATPで駆動出来ると言うことから、生体内に埋め込めるのかな?生体のミトコンドリアで生成したATPで駆動できたら外部電源など不要な人工臓器が出来るよね。すごいよ! /
これ生体組織のまま実用化されたらロック
ミミズ筋肉シートって単語だけでもうなんかいっぱいです
なんというか凄まじいな
「まず、フトミミズを輪切りにして開き、幅約1センチのシート状にし」という文章の「当たり前の事をしているだけです」感が凄い。
そうか、作中に出したでっかいミミズにも利用価値があったのか・・・
"下水管内のロボットや血管内ロボットなど、工業・医療分野の応用が期待"
(´・ω・`)……オナホ?/
ATPは1グラム辺り3万円くらいの値段だったと思うけど、用途が見えれば下がるかな?:
いかしてるなあ。
ミミズオナホでるんかな
「フトミミズを輪切りにして開き、幅約1センチのシート状にし、電気刺激に対する収縮力を測定」
この技術をオナホに応用するとリアルミミズ千匹か
電気ではなく ATP を使ったほうがよい環境とかあれば活きそうだけど……/筋肉の耐久性が気になる/ゴッキーやミッキーのご飯にならないか心配 /
理研のプレスリリース⇒b:id:entry:304638842 / まだATP供給もしてないのか。生きてたミミズの筋組織内のATPが使われているのか。継続的なATP供給と神経による制御ができれば。/ 人間の筋細胞の寿命は6-12ヶ…
ボトムズのマッスルシリンダーを思い出した。 >
サイバネティクスに使えそう(サイバーパンク脳)@
インプラントやナノマシンに応用されるとなかなかステキな感じになりそう。
リアル虐殺器官では /
下水管内のロボットとかで使ったら、ネズミに食われそう /
エラい時代になったもんだ…。
(´・ω・`)これはすごい 研究者のち○こが腫れそうやけど(小学生か -
こういうニュー見るとだいたい「家畜人ヤプー」を思い出す。 /
ゴジラのDNA解析の次はこれか!
ふーみんが研究してたモータータンパクの類を応用したら似たようなこと出来そうな。
体内にミミズでできた人口心臓やらを埋め込む日が来るのか…… /
ミミズの体壁筋が同サイズの圧電素子と同性能ってことは圧電素子でミミズ作れるってことじゃね?
アイエエエエ!?バイオポンプ!ヨロシサンの技術か!?
お、伊藤計劃の見た未来がここに?
ミミズポンプ!Σ(゜Д゜) ☆
ダンバインかよ・・・
ATPってどうやって供給するの /
数年後にはガサラキが出来上がるな。
ハンバーグに混ぜられたりポンプになったり共食いブラウザゲームが流行ったりミミズも大変ね。
ミミズ「コロシテ……コロシテ……」
生体ユニットぽい /
「まず、フトミミズを輪切りにして開き、幅約1センチのシート状にし、電気刺激に対する収縮力を測定した」
まさか本当に作るとは…w
ATPは筋肉に貯蔵されたものを使うのかな。補給して使い回すことまではまだむりか。
パラサイトイブ
ガサラキに言及している人が思いの外少なくて、わたし寂しいです。
こういうのは来ると思ってた。
後に箱舟になりそう
ATP で動く人工筋肉できたら超アツいしがんばってほしい
動力は人間だ…みたいな漫画的未来に着々と近づいてる
いやそりゃいいけど使用済みのADPをATPに戻すエネルギーはどっから持ってくんの。解糖系でもつくるの。>
これ、なんて虐殺器官
なんかSF感パナいのきた
これ面白そうだなあ
実現して欲しいねぇ。
なんかマトリックスの世界が近づきつつあるかんじ
体内にミミズを埋め込まれる日が来るのか.
バイオミミズマッスルで蠢く生体マシーンとかが出てきそうだ。
生体ユニット…(´Д`) すげえ
『まず、フトミミズを輪切りにして開き』oh.
おもしろい。
「 電力不要の超小型ポンプ実現へ」
- ITmedia ニュース
ついにATPが夢のエネルギー(狂気)に使われる時代が……
これがなんだかんだあって人工筋肉の開発の礎となり、なんだかんだあってヒト型ロボットの開発に繋がり、エネルギー源が危険な燃料で、なんだかんだあってギルガメスとバララントが百年戦争を開始するんだきっと。
触手連中がだまってなさそうだ /
理研と東京電機大学の共同研究。すごく面白い。
ただ、「ミミズ筋肉シート」という単語の破壊力が。
ミミズとはいえ生体筋肉組織ポンプとか何とサイバーパンクめいたアトモスフィア!いよいよ時代はネオサイタマへ!
義体への応用が待ち遠しい
すごいけど何に使うのかな?と思ったら「体内埋め込み装置」「血管内ロボット」と書いてあった
ああ、最高、技術最高
@muhedoruri  あ、ほら、なんかむへさんが好きそうなの出てきたよ(?)
サイコかお前は
将来的に、ミミズ筋肉応用型のぬるぬる動くロボットで、パイプとか血管を掃除……それなんて(略
模した物じゃなくてそのものを使うのか。 :
なんか、来ちゃダメな時代が来た気がするぞ?
"流量は1分間に5マイクロリットルで、このサイズの小型ポンプとしては、既存の圧電素子を用いたものに匹敵する機能を持つ"/
これを見て次世代のテンガを思い浮かべた男は俺だけではないはずだ。
とっさに「テンガの新製品」という雑念がよぎったでござる>
動作のためのエネルギー源には、生体の共通エネルギー源であるアデノシン三リン酸(ATP)を利用しており、将来、ミミズと同様の構造を人工的に作ることができれば、電力不要で駆動する超小型ポンプを開発できる可能性があるという。
「フトミミズを輪切りにして開き、幅約1センチのシート状にし」 ミミズ筋肉シート… 『 ニュース』
凄い技術だわ(≧∇≦)
人工筋肉用にミミズが栽培される未来クルー
昼飯中に読むんじゃなかった /"フトミミズを輪切りにして開き、幅約1センチのシート状に" /
くだらないゴシップやエンタメよりもこういうぶっ飛んだ発想のニュースのほうが世の中湧くのでは。
虐殺器官&SFチック!
ATP(商品名:アデホスコーワ錠)の供給って水に溶かしたもの浸せばいいのか?食べカスの排出は…?
無機と有機。人工物と生体。そういうものの垣根がなくなる世の中なのかな。 -
ほーん あとの課題はバイオテクノロジーの方になるかなぁ
体内埋め込み型のポンプなら体内のATPをエネルギーに出来るのか
細胞寿命に対しての自己修復はどうなんだろう?
ATPはアデノシン三リン酸、ちゃんと覚えてた■
◆ミミズサイボーグもんが流行るな?w
SFの世界の半分機械・半分生物みたいなのになりそう…
まず、フトミミズを輪切りにして開き、 /
ミミズの筋肉が優秀、という話を聞いたのは講義だったかえすえふだったか……
構造自体はダイアフラムポンプと同じ……?だよね?
電力不要ってのはイイねぇ
以上

記事本文: ミミズの筋肉使ったポンプ開発 エネルギー源はATP 電力不要の超小型ポンプ実現へ - ITmedia NEWS

関連記事

画像で見る主要ニュース