TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > RAWデータはこ...
20コメント

「ローデータって何がいいの?」と聞かれたのである。 ロー、あるいはロウは「RAW」。RAWデータ。RAWは「生の」という意味。raw meatなら生肉。 最近、iPhoneがRAWデータの撮影に対応したってちょっと話題になった。 RAWデータってなんだろう。 デジカメで写真を撮る。 まずレンズを通った光がイメージセンサーに当たり、電気信号になる。この時点ではまだアナログデータだ。このデ...


Twitterのコメント(20)

私もRAWデータで撮ってる。画像データ量は大きくなるけど、露出を変えて連射する(オートブラケット=BKT:NIKONの場合)と組み合わせて使うと、最後の色味・明るさの仕上げ自由度が格段に違います。...
コンデジを含めて、デジカメで撮影する時は、全てRAWで撮影してますね。
本当はRAW+JPGがいいんだけど、容量だったり、書き込みスピードだったりで、それが出来てないんだけど…
"それから、優秀なRAW現像系のソフトを1つもっておくこと。JPEG画像のレタッチにも使えるから"
フィルムの自家現像と引き伸ばしの経験がある人になら「RAWとJPEGはネガフィルムとプリント」で済むんだけど

jpgとの比較がわかりやすいね→ 「RAWで撮ってレタッチって作業は一度経験しておくといい」
RAWって何?カメラマンがよく言う現像って何?が分かる記事
一眼デジカメ登場時はそんな話が普通だったけど、今は味付けされた映像で皆喜んでるよね(笑)→
RAWで撮ることはなかったけど、RAWの方がええんだろなって漠然と思ってた。でも記事読む限りJPEGでも殆どの場合充分だわ。
良い記事〜!ていうかiPhoneすごいな
おじさんRAW現像ほとんどしたことないから、そういう人にはこれ分かりやすかった
( ˘ω˘): -
はい、少なくとも本気で写真するならJPEGが論外というのはここです。分かりやすくまとめられてる→
露出さえミスらなければ、JPEGをレタッチするよりもはるかに無理が利きます♪
ほう、なるほど
"[ LifeStyle] RAWデータはこういうときに力を発揮する"
実際にjpegと比べてみた分かりやすい記事。
まーそうだよね。普通のJPEGは4:2:0だっけ? ベイヤーで撮った上に色情報ごっそり切るからな。:
細かい内容はともかく、わかりやすいと思ったので、皆さんご参考に
そうなんだけどね、何百枚も撮ったらめんどくさくってしょうがねぇ。
なのでjpeg撮って出し。
以上

記事本文: RAWデータはこういうときに力を発揮する (1/4) - ITmedia LifeStyle

関連記事

26コメント 2016-02-26 13:50 - pc.watch.impress.co.jp

美人広報との電話のやり取りの時間が長く、美女画像botに気を取られる時間も多い編集長から、「今後、展示イベントで美女が出てくる場合はレポートを強化せよ」というお達しが下されたため、ひっそり機材や記事の写真を強化している近頃。CP+2016の会場で見かけた美しいコンパニオンたちをカメラに収めたので、RAWデータからの現像でお届けしよう。 ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース