TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > 豊田章男「生きる...

豊田章男「生きるか死ぬか」瀬戸際の戦いが始まっている (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

18コメント 登録日時:2017-12-04 08:31 | ITmediaキャッシュ

定例の時期でもないのに、トヨタ自動車はとてつもなく大掛かりな組織変更を発表。豊田章男社長は「自動車業界は100年に一度の大変革の時代に入った。『勝つか負けるか』ではなく、まさに『生きるか死ぬか』という瀬戸際の戦いが始まっている」と話すが……。 (1/4)...

Twitterのコメント(18)

落とした後に上げるわけじゃないけど、こうやって先を見据えてやり方をバッサリ変えた現社長には日本を変えるぐらいの期待を持ってます。
@keiichisennsei 世界一の企業ともいえるトヨタはこれから先を『勝つか負けるかではなく生きるか死ぬかの戦い』と宣言していますので、あっさりと敗北した白物家電や嘘八百の東芝と同じにしなくてもいいと思います。
組織編成って難しいですね。
業績が厳しくなればなるほどグチャグチャにするようですが、現場は混乱する。かと言って変化しなければ死ぬ。

個人的な展望ですが、将来自動車は所有する人は減り、配車サービス...
トヨタが本気で危機感を覚えているのだな。自動運転とライドシェアが普及したら今ほど車は売れなくなるだろうし。  (4/4) - ITmedia ビジネスオンライン
危機感が半端ないな。変化の早い時代には今後安泰な会社なんてないよね。
この危機感は社員全体にどこまで浸透してるんだろ?
トヨタ関連の友人はいっぱいいるので今度聞いてみよう。 / ビジネスオンライン)
池田直渡「週刊モータージャーナル」:豊田章男「生きるか死ぬか」瀬戸際の戦いが始まっている(要約) -
日本の最後の砦感がすごい : 池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本で一番の企業でこうなってるんだから、他企業ももっと危機感をもつべき
ほんとこれな。あと、トヨタが目下潰そうとしている会社、だいたい分かる。

>トヨタ生産方式が貫かれていれば、リーマンショック後の需要激減にアジャストできたはず。
>トヨタは設備をフル稼働させないと利益が出せない体質に変わっていた。
トヨタに寄生して生きている糞サプライヤーを切るべき!三河の商人さんみたいに のやることを伺って物を作る奴らだ!足元とはこの辺だろ!

「生きるか死ぬか」瀬戸際の戦いが始まっている
どうなるんだろうね( ͡° ͜ʖ ͡°)
勝つか負けるかどころではないという意識の高さに感服
どんな新素材が登場するのか、どのような異業種企業が新規参入するのか否か、これらの要素によって、電気自動車の未来は大きく左右されると思う。
池田直渡「週刊モータージャーナル」: (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン
トヨタの社員は、下請けや協力会社へ行っても、自社の社員を叱る様に、文句言うクズ社員多い。
そう言う、トヨタの名で、偉そうにする社員の教育が先だよ。
トヨタが必死なら、中小はもっと危機感が必要。
以上

記事本文: 豊田章男「生きるか死ぬか」瀬戸際の戦いが始まっている (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース