TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > サイバーエージェ...

サイバーエージェント社長が明かす「新規事業論」 (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

32コメント 登録日時:2017-10-07 07:19 | ITmediaキャッシュ

自ら事業を立ち上げ、会社を成長させていく起業家たち――。本連載では、そんな起業家たちの経営哲学に迫る。今回登場するのは、サイバーエージェントの創業社長、藤田晋氏だ。 (1/3)...

Twitterのコメント(32)

「期待値がリスクに対して大きく上回る事業は、やる価値がある」シンプルで分かりやすい。/
3本連続でサイバーエージェント社長の経営哲学に迫りました。
時間軸込みのリスクとリターンのバランス・期待値という物差し超大事→
確率論としての新規事業。
「期待値がリスクに対して大きく上回る事業は、やる価値がある。常にリスクとリターンの割合がいいものを探している」
(2/3) - ITmediaビジネスオンライン
社会的意義よりも面白さ。最高!/
"自分も周囲も『これをやったら面白いんじゃない?』と盛り上がることをやりたい" /
「社会的意義より面白さ」:サイバーエージェント社長がむ明かす「新規事業論」(要約) -
藤田って早稲田出身なのね。っぽくない。年齢重ねると、段々と外れてくのかね。>
凡人の先の先を読む力。
麻雀と同じ感覚で経営してる藤田さん /
ウソをつかず、リアリストに徹し、おもしろいものを作る。ケチのつけどころがない!

"藤田氏は笑うと顔がクシャッとする"
ここイチオシ! / (ITmedi...
儲かるどうかより、楽しいかどうかで起業する。
成功者はみんなそうなんだな。
数字より直感。
結果も出てるし誰も文句言えない正論じゃないでしょうか。リスクの部分は誰でも同じく考えたいし面白さもやはり独りよがりになってないのが凄い / (ITmedi...
ん〜〜🤔
単純にリターンのあるリスクなら取る価値があるよね。意外と多いのがリターン少ないのにリスク取ろうとする人と、リスクの正しい認識ができてない人。︰
確かに結果的に面白いこと≒社会的意義になっていくものね
面白い事たくさんやってトータルでプラスにする。 / ビジネスオンライン)
面白そうだからやる→結果がついてくる

社会的貢献を考える→結果がついてくる

どっちのビジネスがいいのかな
うちのことを理解するのにすごくいい記事だなあ
社会的意義よりも面白さ
創業社長の藤田晋氏の「経営哲学」
大事なのは自分らしさに真っ直ぐであることですよね

「僕は『世の中のために』が先行するタイプの経営者じゃありません。世の中にあるサービス全てが社会的意義のために存在しているわけではないし、根っこにウソがあったら人はついてきません」
「期待値がリスクに対して大きく上回る事業は、やる価値があるわけです。常にリスクとリターンの割合がいいものを探しているんだと思います」

サイバーエージェント社長が明かす「新規事業論」
社会的意義よりも面白さ
 「『世の中のため』とか言っていると、それに縛られてしまい、大きなチャンスがあってもチャレンジできなくなってしまうこともあるでしょう。逆に、いいビジネスになることをやれば、...
藤田社長、若いけど尊敬できるなぁ。
今日から三日間、こちらの連載を配信します。

サイバーエージェント社長が明かす「新規事業論」(要約) -
勉強になります。
社会的意義よりも面白さか。
潔い。
--
 「『世の中のため』とか言っていると、それに縛られてしまい、大きなチャンスがあってもチャレンジできなくなってしまうこともあるでしょう。逆に、いいビジネスになることをやれば、社会的意義...
以上

記事本文: サイバーエージェント社長が明かす「新規事業論」 (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース