TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > 「もうあかん、や...
11コメント

東京商工リサーチによると、「もうあかん、やめます」という“閉店商法”で知られた靴販売の「シューズ オットー」(大阪市北区)が4月26日、神戸地裁尼崎支部から破産開始決定を受けた。 1977年創業。紳士用ビジネスシューズや、身長を高く見せることのできる「シークレットシューズ」を中心に販売し、80年代半ばのピーク時には、本店の他に3店舗を展開していた。 90年代のバブル崩壊後に、景気後退の影...


Twitterのコメント(11)

靴の販売は他社が引き継いでいたが、同社自体は資金不足により法的手続きによる清算を選択したとみられるという。
"靴の販売は他社が引き継いでいたが、同社自体は資金不足により法的手続きによる清算を選択したとみられるとい" /
安倍もそうなって欲しい。1秒でもはやく。
2016年までよう続いたな
世知辛いなー
今日一番の衝撃的なニュース。大阪にいた時は毎日通勤時に目にしてたのに。残念!
「閉店セール商法」が大阪で人気:
本日のいい話です /
「もうあかん、やめます」の垂れ幕で知られるシューズ オットー(大阪市北区)が、本当に破産していたことが分かった。
以上

記事本文: 「もうあかん、やめます」の靴屋、本当に破産していた - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事

33コメント 2012-08-31 16:52 - news.mynavi.jp

渋滞しやすい交差点として有名な大阪市北区西天満。その交差点の傍には、センセーショナル過ぎる看板ゆえに、大阪市民なら知らない人はいない名物靴屋さんがある。黄色い看板には赤字で「店じまい売りつくし」の文字が躍り、さらに、「もうあかん やめます!」と悲痛なメッセージをしたためた垂れ幕までデカデカと掲げている。 店の名は「靴のオットー」。初めて店の前を通りかかる人は誰しも、「老舗の靴屋さんにも...[続きを読む

画像で見る主要ニュース