13コメント

日本学術会議は、戦後維持してきた軍事研究拒否の声明を継承すると決定した。軍事研究に対する同組織の立場表明は50年ぶりだ。 サイバーダイン社(茨城県)が開発したロボットスーツHybrid Assistive Limb®(HAL®)は、医療、福祉、重作業支援などへの応用が期待される。同社の創業者である山海嘉之・筑波大学サイバニクス研究センター長は、社内に平和倫理委員会を設けるなど、同技術の軍事...


Twitterのコメント(13)

一流の科学者であっても、リベラル思想や左翼思想にかぶれるとロクな事が無い。
科学者の大半が反キリストだから仕方ないが。

道具や手段そのものに善悪は無いんだけどね。
したくない人は無理にやらなくてもいいと思うよ。その代り、防衛省に軍備専門の研究所作って、研究したい人を集めてやればいいよ。自国の武装強化だけじゃなくて、他国の武装解析は必要。敵を知り己を知れば。
「日本」学術会議だから、京都大学の研究者が朝鮮民主主義人民共和国の核兵器開発に携わっても、それは問題にしません…( ´Д`)
100歩譲って、他所の軍事研究を研究することは必要じゃないの
あーー
よかった😳ホッ
◆科学者の国会(日本学術会議)が「軍事研究を行わない」と決議
貫いて欲しい。
最近の政府の大学に対する態度があんなだから、こういう決議が改めて必要ということなんだろう。>
科学者の国会が「軍事研究を行わない」と決議した。科学者とは誰かはその時々に必ず壁として立ち開かる。先端科学は随時過去化して知識となる。知識とは脳内に於ける技術であり、それを使うのは知識以外を司る人格である。其は予め特定できない。
?
日本学術会議は、戦後維持してきた軍事研究拒否の声明を継承すると決定した。軍事研究に対する同組織の立場表明は50年ぶりだ。
科学者の国会が「軍事研究を行わない」と決議( )…日本の科学技術を日本と地域の防衛のために活用する事が「悪用」と見なされる世界は、私にとっては全く理解できないものだ。力の行使は「悪」にもなり得るが「正義」にもなり得ることをわかってない。
●科学者の名誉
軍事研究と防衛産業は似て非なるもので、近年の防衛産業の落ち込みを克服する政策は必要ですが、軍事研究は防衛省が独自に行うべきです。
以上

記事本文: 科学者の国会が「軍事研究を行わない」と決議 | ネイチャー・ジャパン

関連記事

51コメント 2016-12-22 19:38 - lite-ra.com

安倍晋三公式サイトより 本日、2017年度予算案が閣議決定した。高齢者の医療費自己負担などを引き上げたことで社会保障費の自然増分から約1400億円もカットした一方、防衛費は5兆1251億円と過去最大に。なかでも目を見張るのが、軍事応用研究のための資金を大学などへ提供する「安全保障技術研究推進制度」に110億円の予算を盛り込んだことだ。 「安全保障技術研究推進制度」...[続きを読む

画像で見る主要ニュース