福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない | 堀有伸

23コメント 登録日時:2015-12-27 12:36 | ハフィントン・ポストキャッシュ

タイトルに書いた内容は私にとっては当たり前のことなのですが、そうではなくて両者が結びついている人がたくさんいるらしいので、物事を明確にするために、今年のうちに小文を一つまとめておきたいと考えました。人が「知る」ということには、いくつか異なった水準があります。アリストテレスは、学問を「論理学」「自然学」「形而上学」...

Twitterのコメント(23)

やり切れない気持ちを抱えたまま丁寧に理論を構築していく誠実さ。>
> コロナイゼーションとは、簡単に言えば社会・経済的な優位を背景に、劣位にある人を、社会的・経済的に、さらにそれを超えて心理的にも支配し、その支配を理想化・美化することによって自動運動のように維持し拡大する傾向 ( )
WBCで内部被曝を計測なんかできない。放射性希ガスの被曝を無視している
科学を装いつつ、曖昧で抽象的な一般論に終始し、具体的な問題には触れない。「にせの普遍性」。
今日、原町でお惣菜を作りながら、「震災以降、お家で、御飯を作らなくなったのよぇ」
@HuffPostJapan >「医学系の研究者は安全を強調し、物理系の研究者は危険性を指摘することが多い」という意見
長いなー後で読む
「和を尊ぶ、集団を重んじる日本人の心性を悪用して、それを経済的利益を生み出すための道具とした考えない層の道徳心の欠如」
深い
残念な評論。1mSVの除染を妥当して居る段階で無駄なポピュリズム民主党の更に進めるのを是として居る。
堀 有伸 (2015-12-27) (ハフィントンポスト日本版ブログ)
うーーむ、記事の著者の方が何を言いたいのかよく分からない。「自我の形成」とか言ってる場合ではない。現実の、現実を取り戻す取り組み(しかもある場面では着々と進んでいる)の前にこの論考は意味を持つのか。(事実認識の不足も見られる)
残念。「読まれて(理解してもらって)ナンボ」なんだから、いくら内容が正しくても小難しい文章(なじみのない言葉)は避けていただきたかった。これでは届けたい相手に届かない気がする。 / "福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うこ…"
おおむね同感:
# HuffPostJapanより

うむ、
💭 よくわかってくださっている。後でじっくり読みます(人・_・)♡
# HuffPostJapanより
(ハフポストのブログ)【原子力発電所事故の責任を問うことと、放射線被ばくによる健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない】 南相馬の精神科医 堀有伸先生の長文ブログ
精神科医? いくらもらったらこういうこと書くんだろう→
以上

記事本文: 福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない | 堀有伸

関連記事

画像で見る主要ニュース