劣悪な学術誌「ハゲタカジャーナル」とは? 掲載料が目当て、 根拠乏しい「疑似科学」を拡散

12コメント 登録日時:2018-09-03 13:31 | ハフィントン・ポストキャッシュ

国内の大学でも、こうした出版業者からの勧誘に載らないよう注意喚起が広まっている。...

Twitterのコメント(12)

商業誌が幅を利かせ、学術誌の権威が低下していることがそもそもの問題だと思う。 - - ハフポスト日本版
ハフポが言うかぁ~(´~`)ふーむ。

根拠乏しい「疑似科学」を拡散(ハフポスト日本版)
ハゲタカジャーナルってよく送られてくる迷惑メールのやつなんや。この問題、アメリカのNIHは2017年11月に出すなって対応してる。
劣悪なマスゴミ「HuffPost=朝日新聞」とは?
でも学問領域自体の信頼性が低い場合はどうなるんだろう。例えば「ピンクウォッシュ」(もちろん日本における, JPW)ってどれほどの証拠に基づいた「理論」なのか? →
"ハゲタカジャーナルは、研究者にメールを送りつけ、迅速な掲載ができるなどと誘うが、実際は編集委員会もなく、査読を経ずに掲載。その引き換えとして、論文著者が数万円の掲載料を支払うよう求める"
"これに乗じて単なる金儲けの手段として活動する悪徳な出版社も一部にはあるようです。"predatory publishers"と称され、predatory = 略奪するという意味からハゲタカジャーナルとして訳されています"
うーん😞

"有名な学術誌と紛らわしい名前に引きつけられてしまう"
なんと、、ハゲタカジャーナル、、初めて聞いた…。。
こんなジャーナルの誘いにのる人のほうが駄目だと思う。
たぶん…たぶんだけど、「ハゲタカギャラリー」っていうのもある。
以上

記事本文: 劣悪な学術誌「ハゲタカジャーナル」とは? 掲載料が目当て、 根拠乏しい「疑似科学」を拡散

関連記事