アメリカなどがシリアに放ったミサイルは大部分が撃墜? ロシア国防省が独自の分析明かす

10コメント 登録日時:2018-04-14 20:06 | ハフィントン・ポストキャッシュ

「アメリカ軍などが発射したミサイルは100発以上」とロシア側が発表...

Twitterのコメント(10)

はいはいはい プロパガンダ乙ってかんじw
S-400とかは使ってない。もしくは最初から使う気がなかった?
化学兵器の使用もフェイクっぽいけど、空爆もフェイクだったりして、、、
そうなるともうバトルランナーやロボコップの世界だな
現地の状況、一般市民への影響などまだ見えない。。→
今回の攻撃は慎重に行われ、ロシア軍との全面衝突を避けるように気遣いしながらの攻撃と思われます
なんのために戦争をするのか全く理解できません。
「アメリカ軍などが発射したミサイルは100発以上」とロシア側が発表→
30年以上前にソ連時代に開発された兵器が、米国の放ったミサイルの大部分を撃ち落とす。まさか。
とうとうアメリカとシリアを攻撃した😱戦争にならなきゃいいけど😥
>ロシア国防省は、シリア政府軍側に配備された防空ミサイルs-125やs-200、ブーク、クバドラッドが迎撃したとした。いずれも「30年以上前にソ連時代に開発された兵器」と国防省は強調
以上

記事本文: アメリカなどがシリアに放ったミサイルは大部分が撃墜? ロシア国防省が独自の分析明かす

関連記事