麻原彰晃・死刑囚の四女が訴える 「親と縁を切れる制度を」

38コメント 登録日時:2017-11-21 18:55 | ハフィントン・ポストキャッシュ

「生んでもらった恩はあるけど、育ててもらった恩はない」...

Twitterのコメント(38)

今更この人の自伝読んだ
そんでこのニュース知った
親と縁切り制度欲しいわ
究極の毒親と言うか、サイコパスというか、カルトの教徒が親だもんね。。。
加藤なにがしのケース...。その兄弟に関してはもう文句なしにこのシステムがあってほしかったが
これは真剣に考えたほうがいいかも。オウムほど大規模なテロに走らないにしても、最近は自称愛国に目覚めて外国ヘイトなどをやりだす親などが問題になってきているようだし。
生前、遺体は四女にと言えるだけの判断力あったんだ。かなりまともそうだもんね四女さん、インタビュー見る限り。
なんかズルいわ、こんなん。四女さんしんどいわ。
戸籍制度があるから。
家族制に縛られる現実。
血縁者なら尚更。。。
親権より戸籍制度を見直す必要があるんじゃなかろうか、、、
個人を尊重して欲しいな。
ここまで極端な父母の話でなくとも、絶縁に近しい措置を取れる制度は必要だと思う。誰もが無条件に家族愛を持ち得るわけではない。
実の姉が両親に嫌気がさして分籍するんだけど、多分そういうレベルの話じゃないねこれ
僕も親に恵まれなかったからわかるけど、子は親の影響をモロに受ける反面結果はポジにもネガにも触れる。必要とあらば法的に完全に他人として親と縁を切るための仕組みは絶対に要る。
去年の記事。
朝日が有料記事にしていたもの、ハフィントンポストに出てた。
「今の日本では親子の縁をなくす制度がない」
「著しく問題がある親との縁を切れる制度があった方がいいと私は思います。戸籍をなくすこと、また親の名前を空欄にするなどです。」
▶︎
生まれてきた境遇を呪うとはこのこと。訴えが通ってほしい
安部捏造には子供がいなくて幸い…
三女は被害者愚弄しまくりの最低カルト狂人だが、四女はマトモ。これが常識的感覚だと思う。
@umi_matsumoto

聡香さん去年記者会見されているんですね。こんな記事見つけました。
日本って 親と縁切る 方法ってないんだー

自分の親が そうだったら おれはどう思うかなとか
自分が子供から そう思われたら どう思うかなとか
重く切実な訴え。彼女以外にも親や家の縛りにあって明日を向くことができない子どもたちは現実に存在する。適否の判断は難しくとも、未来を諦めない選択肢は必要だと思う。
生活保護とか入院の同意者とか、生活が不安定になったときに親の存在がのしかかる。
生保の扶養調査は虐待されてるとパスできる場合あるけど、立証は大変…
上記を読んで考えさせられた。生まれる場所を選べないことを。
実の親子関係を法的に解消する手続きはないのだよね /
片や家族からの離脱の自由を求める人もいる。
【 「親と縁を切れる制度を」】
「親と縁を切れる制度」は理論的に確かに必要かもしれないね。個人主義に立脚するのであれば。
あっていいと思う。実親との法的縁切り。
「親はいつでも子供を大切に思い、最後まで子供の味方、有り難い存在」
現実はそんな甘いもんじゃないから。
〈父親のことは、私は今も昔もほとんど父親とは思えません~破片入りのオムレツを食べさせられたり、真冬に薄着で何時間も立たされるなど父の命令で死にそうになったことがあります。〉
※支持する。クソ親とは縁を切れる制度は必要だ。
"オウム事件を起こした親とは、縁を切りたい。しかし日本では、法的に親と絶縁する方法はない。その中でも、可能なかぎり縁を絶ちきりたい、という考えだという。" /
「あなたの父と母を敬え。[ exod 20:12 ] 」が、子供にとって"地獄の苦しみ"にならないようにしないといけないな ... と思った。
ちょっとテーマは違うけど。今日はこんな記事も出てたんだな。
あー、この制度は欲しいな
極端な意見はもてないし、賛成とは言い切れないけど、親と子は別の人間としてみてほしい。親子だからっていう理由はただの情。
これを必要としている人は確かにいた。
そういやそういう制度無いな。考えたことなかった
「父母については生んでもらった恩はあるけど、育ててもらった恩はないと思っています。生みの親ではありますが、親として心に浮かべることは、あまりありません」
自民党政権では実現は無理だろな。なにしろ家族を重視するのが自民党だ。親子の縁を切るとかとんでもないとか言い出しそう。
親と縁を切りたい子たちをみてきた。特に10代の子たちだったので親権の問題は出てくるので、現実的に難しいかもしれないが。
以上

記事本文: 麻原彰晃・死刑囚の四女が訴える 「親と縁を切れる制度を」

関連記事