インドのレイプ犯100人にインタビューした女性研究者「彼らはモンスターだと思っていた。でも...」

20コメント 登録日時:2017-09-20 13:28 | ハフィントン・ポストキャッシュ

彼女は22歳の時、刑務所に通い始めた。...

Twitterのコメント(20)

最近海外の人多いなぁ(´・ω・`)
コンビニのレジの殆どがそうだし。
治安が悪くなるんだよね。
性教育や女男同権意識の普及が重要、と :
インドのレイプ犯100人にインタビューした女性研究者が訴える 「彼らはモンスターだと思っていた。でも...」
ほんとそう思う。
罪深いことをしているけど、
犯罪を犯した彼らは
まともな教育や家庭環境が
よくなかったんだと思う。

決して許されることではないけど、
でも国の文化や宗教、
育った環境が違ってたら
起きなかったかもしれない。。
こういう研究を発表できる風潮は素晴らしい。さすがパル判事の国。日本では性犯罪に対してただ感情的な罵倒に終始しがち。 >インドのレイプ犯100人にインタビューした女性研究者「彼らはモンスターだと思っていた。でも...」
インドの政治家や経済界は何をやっとるんだまったく。
地位を守るために何も変えようとしないリーダークラスタの問題だよ。
2015年で年3.5万件、それも氷山の一角。加害者は特殊ではなく、「生い立ちや思考の方法がそうさせただけ」。女性の地位が低く、民度が低い。 >インドでレイプ犯100人インタビューした女性研究者「彼らはモンスターと思っていた、でも」
性教育、人権意識の不足は日本にも当てはまる:
「残虐なレイプ事件が多発しているインドで、とある女性研究者がその理由を解き明かそうとして始めた研究が注目を集めている。
女性の地位が低すぎる問題多くの女性が夫のファーストネームを呼ぶことさえ許されない性教育が学校で行われず家庭でも教えない
貧困の原因が多く、高校まで進めても中退が多く、無知故に起きた酷い性に纏わる事件の日常化。家庭でも学校でも教えておいて欲しい
"インドでは、犯人への罰のあり方、あるいは厳罰化や犯人の更生が盛んに議論されている。しかしインドが本当に必要としているのは、社会の集合意識を修復し、女性の人権や男女同権への認識を広め、守ることだ" / "インドのレイプ犯100人…"
しかし、パンデイ氏は「彼らは決して特殊な人というわけではなかった。ただ生い立ちや思考の方法が、彼らをそうさせただけ」
「インタビューした100人超の犯人のうち、高校を卒業したのは数えられるほどで、ほとんどが十分な教育を受けずにドロップアウトした人々だった」
カンバセーションでは、物乞いの5歳の女の子をレイプした罪で服役中の49歳の男は「彼女は処女ではないので誰とも結婚できない。出所したら彼女と結婚するつもりだ」と語ったという衝撃的な体験も書かれている。
インドのレイプ犯100人にインタビューした女性研究者が訴える 「彼らはモンスターだと思っていた。で... (ハフィントンポスト) Rupak De Chowdhuri / Reuters 2015年に発生したコルカタでのレイプ事…
以上

記事本文: インドのレイプ犯100人にインタビューした女性研究者「彼らはモンスターだと思っていた。でも...」

関連記事

画像で見る主要ニュース