美術館で自撮り⇒転倒して2200万円の作品を破損⇒作者が大人のコメント

69コメント 登録日時:2017-07-17 19:39 | ハフィントン・ポストキャッシュ

アメリカ・ロサンゼルスのアートギャラリーで、悲劇が起こった。展示されていた作品を自撮りしようとした女性がバランスを崩して展示台に倒れ込み、次々と作品を壊してしまったのだ。破損金額は約20万ドル(約2252万円)にのぼるという。その瞬間の映像がこれだ。画面右上に注目。ニューヨーク・タイムズによると、動画は7月13日に、YouTubeに投稿された。香港を拠点に活動するアーティスト、サイモン・バーチ氏に...

Twitterのコメント(69)

この夏、美術館で自撮り絡みの
アクシデントが起きる件数は?
寛大な作家さん😊💟
コメントも素晴らしいね。
力の象徴は、壊れやすいもの。
結果的に壊れてしまったのだから、作者の意図を体現したってことw

@HuffPostJapan
こんなので済まない /
頭のいいコメントだ
「力の象徴は壊れやすいもの」自撮り事故でで作品壊された芸術家がコメント
台座を固定していない理由にこんな意図があったとは。。。。
美談にしちゃってるけど、やったことについて責任とらせないからこの手のアホな人が減らないんだと思うよ。
作者の心意気はともかく、破壊者は自重必至だよなぁ。
やっぱり「倒れて壊れるまでが芸術」の設定だったのね(?)
# @HuffPostJapanより

コメントイケメン過ぎワロタ
混雑した中で鑑賞するときもドミノ倒しの可能性はありそうだよね。。。気をつけよう。
美術館やギャラリーでの撮影やマナーについて考えさせられるけど、なにより作家の対応とコメントが素晴らしい。
作者の声明読むと、ある種のパフォーマンスとして成功だったのかなという気がしてくるな。 >
私も不器用だから気をつけないとな、と思った。ちうか、貴重品をなんて台に乗せてるんだよ!展示法で習ったじゃん!(汗)
事故も作品の一部としてしまう心意気がステキ
"展示されていた作品を自撮りしようとした女性がバランスを崩して展示台に倒れ込み、次々と作品を壊してしまったのだ。破損金額は約20万ドル(約2252万円)にのぼる"
本当に意味を込めながら作ったんだろうなぁ…
このトラブルがあったから作品以上の美しい言葉に出会えた。
良い話だなーからのクソみたいなコメントついててこの人よく本名でそんなこと書けるなって真顔になった
被害者の静かな、言うに言えぬ怒りが伝わって非常に悲しい。壊れやすくしてある=うかつなことをしてもいい、ではなく、=慎重に見てほしい、なのに。美談にするなよ⇒
自撮りなる愚かな文化がこうした迷惑行為を生む。自撮りは自己中の最たるもの。世界が自分の為にあると勘違いするおバカさんを大量生産している。
衝撃的な映像ですよね。
How much 自撮り?
自撮り中に転倒して合計2200万円の作品を壊した顛末が、ハプニングを上手く活かしたパブリシティになってて、このアーティストに興味が出た。
作者カッコイイ&自撮ラー自重しろ
なるほど…
「力の象徴」は「壊れやすい」
アーティストの切り返し力だ。
作者カッコよすぎる。
素晴らしいコメント!
いや粋な計らい以前にこんな綺麗に将棋倒しになる陳列が悪いから…
@HuffPostJapanから
# @HuffPostJapanより
カッコいい
こういうウィットは持ち合わせていたいものだ
自撮りする人は注意が必要なんだねえ…
〜この展示のアイデアは、
繊細で、露出されていて、
壊れやすいものでなくてはならなかったのです。

展示されていたのは王冠です。
王冠、つまり、力の象徴は、壊れやすいものなのです」
いや脆すぎじゃね、さすがに…いつか起きた事件?事故?だったと思うわ…
「展示されていたのは王冠です。王冠、つまり、力の象徴は、壊れやすいものなのです」
かっこよすぎる /
バーツ氏がイケメンすぎてアウトスタンディング
このコメントすごすぎる。いつまでたってもこんな人にはなれないと感じた。いやならねば。生きねば。
不注意な加害者を弁護する気はないが、ここまで密集させ台座や作品を固定しなかった展示方法にも問題があります
「力の象徴は、壊れやすいものなのです。」
痺れるコメントだ。
"この展示のアイデアは、繊細で、露出されていて、壊れやすいものでなくてはならなかった" →
自撮り世代。こりゃ酷い。
見事な将棋倒し。台座数基に一基は重いものにするとか、そういう事故対策は必要だろー /
やっべぇぞ →
#
「展示されていたのは王冠です。王冠、つまり、力の象徴は、壊れやすいものなのです」

粋なコメントだが、だからこそ、しっかりした権力を樹立しなければならない
どう見ても邪悪な朝鮮人テロリスト。
ニューヨークならよし、香港では言えないヤツでは?w
"展示されていたのは王冠です。王冠、つまり、力の象徴は、壊れやすいものなのです"
作者のコメントがwww
イカしてんな。
ある意味壊れるまでが「作品」という事なのか・・・・・
しかしこの作者、コメントがメチャうまいな。
展示台を固定して~!これは監視泣かせ。私も、絵を遠くから見ようとして展示台に乗ってる作品を落とした人を見た事があり。
かっこいい痺れる。
斬られて完成した花山薫の侠客立ちみたいだ。
感服するね -
美術館での撮影はやはり禁止すべきである。
というよりも、ただのドッキリだったんじゃないかと思う。「美術館で自撮り⇒転倒して2200万円の作品を破損⇒作者が大人のコメント」
作者イケメン……!
わお!なんかカッコイイ!
一目見て顛末が予想できる事故だけど、まあ、いい話だw
作者のコメントがシャレてますね。/美術館で自撮り⇒転倒して2200万円の作品を破損⇒作者が大人のコメント「展示されていたのは王冠です。王冠、つまり、力の象徴は、壊れやすいものなのです」
色々と考えさせられる……。>>>
「展示されていたのは王冠です。王冠、つまり、力の象徴は、壊れやすいものなのです」なかなかのウィット。>
以上

記事本文: 美術館で自撮り⇒転倒して2200万円の作品を破損⇒作者が大人のコメント

関連記事

画像で見る主要ニュース