地元女性たちが運営する指宿市立図書館、クラウドファンディングで日本最高額の1000万円達成

33コメント 登録日時:2017-07-17 17:34 | ハフィントン・ポストキャッシュ

九州の南端にある鹿児島県指宿(いぶすき)市。その二つの市立図書館を指定管理者として運営するNPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」が7月14日、クラウドファンディングで1000万円を達成した。図書館活動のクラウドファンディングとしては、東京・渋谷にある「森の図書室」が2014年に達成した953万円を抜いて、国内最高額を更新した。「そらまめの会」は、地元の有名企業でもなければ、全国で指定...

Twitterのコメント(33)

指宿の人に直接は、言えないけど、おめでとうございます。良かったです。
これは素晴らしい活動ですね✨
いいね。こーゆーの増えてほしい
本題から反れますが、子供の頃から『指宿』を『いぶすき』と読めたのは桃鉄のおかげ。 /
「どうしよう、このままだと私たちの町の図書館をまったく知らない、よそから来た人たちに任せることになってしまう」
改めて読んでみたぜ!
市立図書館がクラウドファンディングしてるわけではないのでは?タイトルに偽りアリでは? /
自分の身近でこんな夢みたいなことが起こるとは思わなかったな。まだまだ世の中捨てたもんじゃない。
"地元の会計事務所の所長""1年目は無償でサポートしよう。でも、2年目からはちゃんと考えてやれるようにしないさいよ"
「地元女性たちが運営する指宿市立図書館、クラウドファンディングで日本最高額の1000万円達成」
こういう人が社会をよくする人なんだなぁ。すばらしい。本当に!!!
CCCに丸投げしてる皆様へ
本気で何かをやりたい人を応援出来る仕組みは素晴らしいですね。 /
最後の支援まで12時間を切りました。目標の1300万円まであと200万円……!
一見いい話だけど、行政が図書館運営を放棄したって話だよな。 /
すごい話やー!「地元女性たちが運営する指宿市立図書館、クラウドファンディングで日本最高額の1000万円達成」
図書館運営における、様々な問題があげられている。
。図書館活動のクラウドファンディングとしては、東京・渋谷にある「森の図書室」が2014年に達成した953万円を抜いて、国内最高額を更新した。
民間委託された図書館のささいなミスを過大に報道されていたので、このような成功例が出たのは実に嬉しい。何でも役所でやらず、もっと民間に任せるべき。
タイトルが調達金額を第一に打ち出してるのは残念だけど、市民活動の背景やプロセスに触れられた良い記事。知り合いの司書さんからも噂聞いてました。>>
応援したいけど銭がないけど応援したい!指定管理ってこういう思いがいる。
地元のことは地元を知っている人たちが中心になって、広く協力者を募るのが良いのだろう。
あと数時間。素晴らしいことだし、私も些少ながら支援しました。こういう「民間活力」事例が「では公共は手を引いていいですね」と利用される可能性を警戒しながら、こそっと>指宿市立図書館、クラウドファンディングで日本最高額の1000万円
弊社が支援しているクラウドファンディングPJを、ハフィントンポストで記事にしていただきました!
ハフィントンポストの記事になりました!→
(ハフィントンポスト) 九州の南端にある鹿児島県指宿(いぶすき)市。その二つの市立図書館を指定管理者として運営するNPO法人本と人とをつ…
以上

記事本文: 地元女性たちが運営する指宿市立図書館、クラウドファンディングで日本最高額の1000万円達成

関連記事

画像で見る主要ニュース