29コメント

女の子たちの足をきつく縛って小さくする「纏足(てんそく)」は、中国で早くて10世紀にはあったと考えられている。望ましい結婚相手をみつけるための習慣と広く信じられていたが、新研究は別の理由を明らかにした。(BETTMANN VIA GETTY IMAGES)今では恐ろしくて時代後れで、性的な習慣だと考えられている纏足(てんそく)。中国の年若い女の子たちが痛みを我慢して足を小さく折り曲げる...


Twitterのコメント(29)

【自分メモ】今までの理由と「逃がさない」という点では通ずるのかな。
グロ注意でごめんだけどめっちゃ興味深い
>女性たちが性的な対象として扱われていた一方で、家族や社会のために一生懸命働かなければいけなかった
なるほどハイヒールは現代の纏足であるな
中学校の教科書に載っていた魯迅の小説にも纏足の女性が登場してたんだけど、物語の舞台は農村だったはず。/学者達も女性達を正当に評価して来なかったのだとする批判は恐らく正しい。 / "中国の女性はなぜ足を小さくさせられたのか。纏足(…"
あれー?あたし子供の頃「逃げられない様にする為」って覚えた記憶があるんだけどなあ…ほんとに新説?
はー、纏足に当時の中国における社会経済学的な意味があったかもしれないということか…。→
高祖母は幼い頃から定められた側室でしたので、いわゆる金蓮で奉仕させる目的でした。曽祖母は家から出ない大人しい娘にする為であったと聞いています。
文章がとっ散らかっててよく分からないが、要は座り仕事に都合が良いから纏足をしたという説も出てきたよという事?/
私が中学のときにパール・バックの「大地」を宿題で読んだときには、纏足は「後宮の女が走って逃げられないように」美しいとされた、と習った気がする。
農村でも仕事から走って逃げられないようにされていた、ということね?
え。前から纏足って、家とか職場から逃げないためって認識だったんだけど。。あれ?
農村で女性を労働力として固定するための意味合いもあったらしい。
勉強になる。
中国文化の一つであった「てんそく」
逃亡防止とばかり思ってた・・・
あれ?「逃げられないようにした説」では?:
管理人が中三の国語の教科書で読んだ魯迅の小説には、纏足の女性が登場しました。…
性的な目的以外に?〜〜〜〜
纏足には、織物などの仕事を手伝うために女性たちを何時間も座らせるという目的があった。
>中国の女性はなぜ足を小さくさせられたのか。纏足(てんそく)の理由、新説が研究で明らかに|ハフィントンポスト
「男性を魅了するため」「優美で華奢、そして社会的地位が高いことの象徴」「しかし新研究によれば…別の理由もあったという」
# @HuffPostJapanより

纏足はワイルドスワンを読んで知ったけど、もっと酷い理由があったのか。
@HuffPostJapanから

人類史には異常な風習が多い。
農村部で座って働くことを強いられた、のは確かだろう。けれど、では立って行う労働、水汲み洗濯掃除炊事など、は誰が担っていたんだろう。そう考えたら肉体労働者を養える上流階級の娘だろうと思っていたのだか・・・違うのかな。 ?
あれ?おかしいな。纏足って美しい女性って意味だけじゃなくて高い身分の人も低い身分の人も「逃げられなくする」って理由がなかったっけ?
中身は初めて見た...。
結局理由はよくわからんのか。なんでこんな習慣が生まれたんだろうかなあ…… / "中国の女性はなぜ足を小さくさせられたのか。纏足(てんそく)の 理由 、 新説が研究で明らかに"
300年くらい前の記事かな?新説も何も無いだろ
逃げられない様にするためと教えられたが…?
( 'ω')ふぁっ٩(๑•ㅂ•)۶マジカ

つーか、マジで痛そう
「纏足には、織物などの仕事を手伝うために女性たちを何時間も座らせるという目的があった」という。 「中国の女性はなぜ足を小さくさせられたのか。纏足(てんそく)の理由、新説が研究で明らかに」
@HuffPostJapanから、サザエさん状態。お仕置き!
以上

記事本文: 中国の女性はなぜ足を小さくさせられたのか。纏足(てんそく)の理由、新説が研究で明らかに

関連記事

29コメント 2015-05-20 12:44 - irorio.jp

地球上にはさまざまな生物が存在するが、人間を含めほとんどの生物の繁殖において、”オス”が貢献していることといえば精子くらい。 …なんて言ったら男性に失礼かもしれないが、科学的な見解では、子孫は無性生殖によってつくられていく方が有性生殖よりよっぽど効率的だとされており、「なぜオスが絶滅しなかったのか」というテーマは、科学者らにとって永遠の謎とされてきたとか。 ところがこのほど、英...[続きを読む

画像で見る主要ニュース