TSUTAYA図書館の選書問題が揺るがす「図書館の自由」 "不適切図書"は誰にとって不適切?

71コメント 登録日時:2015-12-25 13:01 | ハフィントン・ポストキャッシュ

レンタルチェーン「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)などを指定管理者として、10月1日にリニューアルオープンした神奈川県の海老名市立中央図書館がタイの歓楽街ガイド本3冊を購入、市議らから「不適切だ」「女性を不愉快にさせる」と批判を受けた。 一時は、「貸出を中止」「教育長とトップにした選書委員会を立ち上げる」と報道される問題にまで発...

Twitterのコメント(71)

今さらだけど、気をつけなきゃいけない問題点。
★BL本はフランス書院並みのエロ本だろう。エロ本を図書館の開架に堂々と置いていい、という感覚はおかしい。
図書館は未来の有権者に向けても本を揃えている、って本当にそうだなぁと
自由ってその時代によって相対的に価値を決められてしまいそう。かと言ってん売春読本⁈、例にしては過激だなぁ
もう一つの図書館戦争
「1冊の本を廃棄することは大したことがないのかもしれません…本当に怖いのはその先にあるもの。さまざまな検閲と選書の自主規制を招きかねません」→
同意。しかしその自由が公益にかなう事を担保しないと同じことは何度でも起きる。 /
わかりにくい文章。まとめると、ツタヤ図書館への批判で選書のスキルのない人がおかしな選書をする可能性がある。中立的な専門スキルのある司書が必要
考えさせられる点が多く、一読の価値あり。「TSUTAYA図書館の選書問題が揺るがす『図書館の自由』は誰にとって不適切?」
これこそ「図書館戦争」の本質の問題だよねぇ。すなわち、選書と検閲。いわゆるTSUTAYA問題は、課題を分割して見ないとだし、解決せねばだし。>
選書はね…本当に難しいのよ。基準がしっかりあっても難しいものなのよ。だから、司書っていう専門家が必要なのよ
『選書』すごく大事。
「今後は透明性をさらに高めるとともに、チェック体制の充実を図っていきたい」…透明性が確保出来ているのなら、市民も蔵書を容易に選別できる。よって教育委員会などのチェックはいらんよね。 >
佐賀市嘉村弘和市議は、図書館の自由に介入したいのか?

# HuffPostJapanより
前回のまなちゃでもお話していただいた、佐久間美紀子さんのインタビュー記事が公開されています。良記事です。:
「タイ買春読本」が随分昔に静岡で問題になった件も、堺市立図書館のBL小説廃棄要求問題も載っており力の入った記事。
猪谷千香さんが、うぐいすリボン理事の佐久間美紀子にインタビュー。
ぜひ、ご覧くださいませ。
【"は誰にとって不適切?】
本当に図書館戦争のような時代が来るかもしれないね。
メディア良化法みたいのはできそう…
この記事で抗議した人達は国会図書館に突撃しないのかな?(チベットスナギツネのような顔で)
「図書館戦争」のような状況になってはいけないね。→ -
凄いことがドサドサ書いてるな。
>>2008年に大阪府の堺市立図書館で、ボーイズラブ(BL)と呼ばれる男性同士の恋愛を描いた本約5500冊が問題であるとして、市民や市議から廃棄が要求される事件が起きた。

栗本先生ー!はやくきてくれ
なんとはなしに目を通したら前半が静岡の話だった…
難しい問題かもしれないけれど、情報が溢れる時代において考えておくべき問題かもしれない。
なるほど。確かに一方的な見方はしてならないと感じました。批判の目を養うには色々な本が必要なんですね。
武雄は生活提案の場としての図書館だから、料理本でもいいんじゃないかな。/ # HuffPostJapanより
とても勉強になりました。最近問題になった図書も、このような観点で議論も必要なのだなぁと。
TSUTAYAさんは図書館の役割とかぜんぜん勉強してないよね。<
「論争が起きそうな本は購入せず、あらかじめ中庸な本ばかりを図書館が揃えたとしたら、それは図書館としての役割を十分に果たせないことになります」 /
佐久間さんは、「CCCへの批判と図書館の選書問題を分けなければいけません」と話す。 -- # HuffPostJapanより
嘉村弘和佐賀市議、自民市政会:
「不適切」な本がなけりゃ私は読書してない
「CCCが選書した8000冊のうち、4000冊が料理本という方が、図書館の選書としては問題である」←本当にそうだ。/いまどき『チャタレイ夫人の恋人』を問題視してる議員が佐賀にいるとは… / "TSUTAYA図書館の選書問題が揺る…"
そーなんだよね。でも、一方で今回の民間企業の参入でよかったことも合わせて議論して欲しいな

# HuffPostJapanより
"TSUTAYA図書館の選書問題が崩した「図書館の自由」の前提"
「実は、1冊の本を廃棄することは大したことがないのかもしれません。しかし、本当に怖いのはその先にあるもの。さまざまな検閲と選書の自主規制を招きかねません」
"『歴史修正主義について調べたい』という研究者の方たちが利用するなど、ひどい内容であっても収集しておけば、資料として価値があるものになります"/"は誰にとって(略
図書館の選書のどうあるべきか。
ちょい長いけど読んで欲しい。
1冊の本を図書館から無くすことの意味。

# HuffPostJapanより
廃止された試験ガイドや10年前の東京ラーメン店案内も資料として価値があると? 無責任な選書を正当化して読者を減らすことは避けるべき。/
「タイ買春読本」が廃棄されない裏には、こんなに深淵な裏側があったのか。。まさに図書館戦争(ちらとしか見たことないけど)
海老名市のTSUTAYA図書館に『タイ買春読本』などの本が入っていると市議から批判を受けて、「図書館の自由」が脅かされた件。|
「100年後の国民のためにも本を選んでいる」重い。/
元・静岡市立図書館司書で現在はうぐいすリボン理事の佐久間美紀子さんが話す図書館の自由・役割。『タイ買春読本』やBL小説の廃棄要求問題など。
はすみとしこの本を絶版にしろと言ったキチガイがいたが、だったら週刊金曜日を廃刊にしろよ
図書館はどちらも置いてね、歴史通とかもね、あ、アサ芸も
が結果的に検閲に一役買ってしまっていると。
メディア良化法につながるのかな🌚?笑
リアル図書館戦争
国民の「知る権利」を守るために「図書館の資料収集の自由」の実現を目指し、自律的に選書を行ってきた図書館の根幹を揺さぶる事態になっているのだ。-
正に図書館戦争ですね。→
自分が不適切だ、いらないものだと思ったらそれが正解ってこと?多様性や異なるを認める、議論するが民主じゃ
「特定の個人・組織・団体の干渉を許してしまえば、図書館の中立性が損なわれ、その意見や思想を…国民に押し付けることにもつながってしまう」/
"『どのような理由であろうと蔵書を排除しない』を基本原則としない限り、第二第三の『図書排除』事件は、起きるだろう"
ブラッドベリの『華氏451度』を読もう。資料を特定の人間の主観に基づいて破棄しはじめたら行き着く先にあるのはまさにあの世界だよ。
まんま図書館戦争の話で草
"TSUTAYA図書館の選書問題は、単なる運営上の不手際にとどまらず、他の図書館の「図書館の自由」にも影響を及ぼしている。"
表現や思想の統制の近道。
"1冊の本を廃棄することは大したことがないのかもしれません。しかし、本当に怖いのはその先にあるもの。様々な検閲と選書の自主規制を招きかねません"
イブの夜は佐賀市議会の録画を見ていたのですが、市議が「チャタレイ夫人」が未成年者に貸出されたか?と確認していて、驚きました。もしそれが図書館外に漏れたとしたら大問題ですよ… TSUTAYA図書館の選書問題が揺るがす「図書館の自由
表現の自由、検閲の防止…選書問題は民主主義の根幹に関わる問題なんだな。そうしたことに気づかせてくれる有益かつ重要な記事。>
内容知らないけど勉強の一貫。
# HuffPostJapanより
「ひどい内容であっても収集しておけば、資料として価値があるものになります」これが解らんから規制したがる
丸投げすれば済むと思ってた時点で方針なんかあるわけがない。ひたすら住民にはお気の毒なことですけど。
『■TSUTAYA図書館の選書問題が崩した「図書館の自由」の前提』@
"大阪府の堺市立図書館で、ボーイズラブ(BL)と呼ばれる男性同士の恋愛を描いた本約5500冊が問題であるとして、市民や市議から廃棄が要求"│
ここまで問題を波及させる原因を作った元武雄市長の罪は重いよな。/
"不適切図書"は誰にとって不適切? (ハフィントンポスト) レンタルチェーン「TS
以上

記事本文: TSUTAYA図書館の選書問題が揺るがす「図書館の自由」 "不適切図書"は誰にとって不適切?

関連記事

画像で見る主要ニュース