23コメント

2017.03.20 18:04カテゴリー:Newsタグ:PCニュースUSB機器 FacebookシェアTwitterツィートLINELINEで送るPocketPocketはてなブックマークブックマーク 押し売りではなく、もはやいじめ。先日、オーストラリアの民事審判所が、オフィス用品を手がけるCorporate Office Suppliesに対して6万ドル(約680万円)の支...


Twitterのコメント(23)

インクカートリッジって長期間の保存に向いていると思えないしな…。これは押し売りというより詐欺そのもの。 /
>気がつけば1,900個ものインクカートリッジを買わされていたのです。旦那さんには黙って買っていたということですが、

ま~~~~~ん(笑)
すげえぼったくり業者だなw
1年何セット使うって見積もり方で1700年分なのか気になるw
全額返金させた上で、インクは七掛けで転売すれば大儲け出来そう。
日本メーカーであり、プリンター最大手の #エプソン や #キャノン も詐欺商法で売り上げを上げている。なんと廃インクタンク残量、というより何枚印刷したかでメンテナンスロックが掛かり、有料メンテを受けねばならないのだ。恥知らず。
オーストラリアでもPCデポ的事案 /
1700年も毎日カラーコピーしなきゃならないとか、いじめやんwww
…どこにでもいるんだなぁ、洋の東西問わず
んほー!!!これはなんだ!?
せめて1年分くらい買わされた時点でどーにかならんかったのかw
ビッグな国は押し売りもビッグだな。1700年分って普通ありえない異常な売買契約としか言えないし。
グラブルのBAN祭りなんかどうでもいいんだ。
この記事を見てくれ
これはこれで凄いなヽ(;´Д`)ノ
押し売りと詐欺は手を変え品を変えやって来ます(・ε・` )
これはひどい…
インクカートリッジって高いよね。
いくらコミュ障でもセールスの電話が来たときのために断る文句を考えておく方が吉ですぞ!!!
ちょっと前に話題となったPCなんとかのオーストラリア版みたいなもんか >
PCデポかな?と思ったら海外(オーストラリア)だった。
ひ、酷い・・・
以上

記事本文: 寿命をも凌駕する押し売り。1,700年分のインクカートリッジを買わされた夫婦|ギズモード・ジャパン

関連記事

50コメント 2010-05-26 10:05 - www.excite.co.jp

プリンタの大きな悩みは、インクの交換。「交換が面倒くさい」という気持ちが、プリンタ使用を敬遠してしまうことも。たしかに、インク交換はわずらわしい。インクが切れるたびに、どうにかならないものかといつも思う。そんな横着な希望を叶えてくれるプリンタがエプソンから最近発売になった。これは是非、どんなプリンタなのか聞いてみたい。ふつうのインクジェットプリンタはなくなった色のインク...[続きを読む

画像で見る主要ニュース