「ビタミンD欠乏症」の子どもが3倍増。原因は紫外線対策のやり過ぎ? - FNN.jpプライムオンライン

26コメント 登録日時:2018-08-14 14:28 | FNN.jpプライムオンラインキャッシュ

FNN.jp編集部 「ビタミンD欠乏症」の子どもが5年で3倍以上増加 ビタミンDが不足すると、骨がゆがみやすくなる ビタミンD摂取のおススメの食べ物は「卵」と「鮭」 今、子どもの間で「ビタミンD欠乏症...

Twitterのコメント(26)

極端な紫外線防御は止めましょう。日本人は白人とは違い、ある程度紫外線を日常的に浴びて生活するように出来ていることを忘れずに!骨粗鬆症で骨折するぞ!!
東京大学医学部附属病院の小児科医師で赤坂ファミリークリニック院長の伊藤明子先生がコメント。 →
紫外線対策行き過ぎると。。。
ちなみに私は日焼け止め塗ったことないです。
原発事故後に被曝を過剰に恐れて親が外出を忌避し欠乏症を引き起こしてた例もあった。
/
アメリカでは子供にビタミンDのサプリを飲ませるように新生児の時から言われてる。すぐ忘れるけど
ビタミンD欠乏症を起こすほどの紫外線対策ってよっぽどだと思うけど、すごい頑張ってんだな…
そういえば休みの日でも公園に子供見ない。
10分でいいので日を浴びよう!
ツイッターするのも窓際で。
「いくつかの理由が考えられます。一つには、過度の紫外線対策、もう一つは偏った食べ方です。」
鬱の原因にも
やりすぎ
こりゃアルファロールに適応がつく日も近いか(そんなアホな)
「ビタミンD欠乏症」の子どもが3倍増。原因は紫外線対策のやり過ぎ?(FNN PRIME)

子供だけじゃなくて、美白に命を賭けている女性もなんだけど、日焼け止めを塗らないで日光に10分当たるだけなんだけどね。

ババァになって骨が脆くなっても知らないよ。
あれも、これもだからなぁ、何が正しいかなんて分からない
ビタミンDは主に骨の成長のために必要と考えられていましたが、ここ数十年で研究が進み、ビタミンDは全身の免疫、皮膚、脳にも重要な役割を担っている栄養素であることがわかってきました
全身の免疫、皮膚、脳にも重要な役割を担っている栄養素であることがわかってきました。不足すると骨がゆがみやすくなり骨折もしやすくなります。感染症にかかりやすかったり、大人では癌にもなりやすい…
子供の紫外線対策が本格化して間もないのにもう3倍になっちゃったんだねタイヘンだね
今、子どもの間で「ビタミンD欠乏症」が増えているのをご存じだろうか。

2017年にGlobal Pediatric...
紫外線当たりすぎも皮膚がんとか言うし当たらなきゃビタミンD不足で骨の生成不良か!
【 】

「必要な日光浴の時間は8月中旬の日中なら10分、35分以上は日に当たらないように」が何故こんな見出しになるの
マスクもそうだけど予防予防でやり過ぎは良くないんだよね。難しいけど。
◆ビタミンDが不足すると骨がゆがみやすくなり骨折もしやすくなります。

何事も子供への対処の過度はご法度!

「ビタミンD欠乏症」の子どもが3倍増。
原因は紫外線対策のやり過ぎ?
>国立環境研究所のサイトでは、その日に、必要なビタミンDを作るために必要な日光浴の時間を記載しており、
光に当たらなさすぎての「ビタミンD欠乏症」な〜
わかるよ〜
うちの子もそうなのかな?>>>
何事も極端はいけないっていう
FNNプライムオンライン -
以上

記事本文: 「ビタミンD欠乏症」の子どもが3倍増。原因は紫外線対策のやり過ぎ? - FNN.jpプライムオンライン

関連記事

画像で見る主要ニュース