TOP > エンタメ > ファミ通.com > 『ゼルダの伝説 ...
21コメント

藤林 “見直す”というより、そのほうがおもしろいな、と気づいたんです。“解法がひとつだけ”というのはやめようと思っていたので、ダンジョンや試練の祠を作るときに、プランナーに「解法は絶対に3つ作ってね」とお願いしました。ですので、祠のネタを決めるときに解法を聞いて、サッと3つ出てこないものはボツに...


Twitterのコメント(21)

釈迦の掌感も驚愕だけど、数人のプロデューサーが熱心に共有したからこの出来になったんだなと分かる。 /
やっぱヒロインはミファーや /
"たとえば、ミファーの曲は、ミとファで始まっていたりとか。" /
ミファーは最初に爺さん達が言っていた感情を、全て片付いたらプレーヤーがそっくり引き継いでいたりするというのが面白い /
DLCは英傑関連になりそうかな /
「バグではなく仕様」でユーザーが満足してる稀有な案件。 /
ほとんど想定の範囲内だと・・・。鳥人間チャレンジの場に空飛ぶトロッコを持ち込んでハイラル城本丸に飛び込むのはさすがに今対応してるところなんだろうか /
正直毎回祠をクリアするたびに「あの祠のクリア方法は今ので正しかったのだろうか」というモヤモヤが残る。だが不思議と悪い感じはしない。 /
あれもこれも想定通りでやばい。神。 /
なんだこの面白すぎるインタビューは。 /
トリコは大好きなゲームだけど、謎解きしてるうちに解かされてる感が纏わり付いてしまったのが残念だった。ほかの解法思いつかなかっただけかもしらんが。ゼルダは自分で見つけた感が強そう。まだやってないけど。 /
ミファーの人気は想定外だったのか。けどやっぱり最初に行くという想定はあったのね /
ハヴォックの荒ぶりがほぼ皆無なのはやっぱり事前にアホほど調整してたわけで /
バグ技と言われているものの殆どは残すかどうか考えた上で残したものばっかりだったのか……我々完全に開発陣の掌の上でしたな /
読み応えある。次回作も楽しみですわ。 /
全ては開発者の想定済みだったんだよ! /
ゼルダの新作=新たな古文書の発掘 かぁ。 /
"「いまさら聞けない大人の〇〇」みたいな講習会" /
以上

記事本文: 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』祠の解法は3つ以上!? DLC&新作も聞く、アタリマエを超えた驚異の作品作りに迫る開発者インタビュー【後編】(1/2) - ファミ通.com

関連記事

25コメント 2017-04-20 19:18 - www.famitsu.com

●5人のキーパーソンと“初めての『ゼルダ』” ――まずは、皆さんが担当されたお仕事と、初めてプレイした『ゼルダの伝説』シリーズや、これまで担当したシリーズ作など、『ゼルダ』との関わりについて教えてください。まず、堂田さんからお願いします。堂田 本作ではテクニカルディレクターとして、技術を使っ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース