TOP > その他のニュース > デイリー新潮 > 「批評するならや...

「批評するならやってみな」 ビートたけしの大正論 | デイリー新潮

82コメント 登録日時:2017-11-15 08:22 | デイリー新潮キャッシュ

先日終了が伝えられた「とんねるずのみなさんのおかげでした」には、最近、同性愛者を笑い者にしたのではないか、という批判が寄せられ、フジテレビの社長が謝罪するまでの事態に発展した。…...

Twitterのコメント(82)

今まで何人も部下になった人がいたが皆いなくなった。
 理由は色々あるが作成者ではく批評家だったからだろう。
外野ならいいが、部下から間違っていると批評されたらお前がやれと言ってしまう。そして皆失敗する。田中のせいだと言い、消える。
それでも地球は回っている。
どれが正解でどれが不正解。とかないと思うけど、

このグループに属しているからあれを批判する。
グループ内の人が嫌いな人は自分も嫌い。
グループ内の人の批判はしない。
ボス猿の批判なんてもってのほか!
とか。

こういうのは、おクソ馬鹿だと思う。
世の中想像力が足りねえんだよ!って何かの映画で誰がが言ってたの思い出す。
流石たけし、ガタガタうるせーよバカヤロー
結構前の記事だけど…一部のドラマや番組の感想ブログを見させていただいてて、思ってたことだなーと。もちろん、素直な感想はそれで良いし、意見は大事だと思うけど、作り手に対する敬意は大事かと。
非常にうなづける正論だと思うし、自戒しなければならない問題だとも思う。
さすが鋭い。

| デイリー新潮
ホントこれに尽きる。関係ないやつに限って声高にケチをつけるのは本当にウザい。
一年くらい前の記事なんだけど、確かに「みんな批評家になった」って一文には共感した。
最近twitterとか見ててほんと思う。
ほんとこれ。
みんな自分以外のものに凄く過敏になってるし、ネタもわかんないの?って思うこと多いし。
たけしさんやっぱ良いこと言うわー
ちょっと読みたいな、これ。買おうかしら。
スッキリな気持ちになれる記事が少なく感じておりましたが、
久しぶりに痛快な読後感を覚えました。
たけしさん、ありがとうございます(╹◡╹)
建設的?
たけしさんの言うこと分かる過剰な規制が生きにくい世界を作る。アメリカは上から目線の冷酷な国やな。俺はアメリカみたいな国大嫌い滅びてもいいくらい
ビートたけしが言ってることと、記事を書いた記者に乖離がある。無論、結局ゲスなのは記者の方。本人は気が付いてないだろうが、そういう論調は『国民批評』でしかない。
これが建設的ときた
この文章で大事なのは「テレビ局もそうした意見に過敏になっちゃって」という箇所。
SNSがあれば誰しもその因子はあると思う。
TVに限らずどこでも何か否定したりコケおろしたり忙しいよね。
異を唱えるのは悪い事では無いけど、やな事で同調する毎日より楽しい事共有する毎日でいたいもんだ。
タレントに「一枚取られたわ~」と言わせるくらいのツッコミ(批評)ができて初めてまともな視聴者なんじゃないかと、日々精進。
ちげぇねぇ。ほんと納得。
やけん、テレビはつまらなくなった。
そりゃまた無責任な・・・ そんなトップダウン的に上から「これで楽しめ。楽しいだろう?」な制作されてもと思うけどね
じゃあやってみろって七原くんがテレビよりオモロイのやってくれてるんだよなぁ・・・
良いこと言いますなあ
だって、テレビが一番声高に、みんなに批評して見せてるじゃん。
それにやたらウルセーのはマンセーみたいなやつだと思う。
人権♪人権♪て言ってるようなね。
読んだ。
素人に言っちゃいけない言葉だよ。プロとしての矜持を放棄してる。たけしさんってこんなこと言う人じゃないと思ってたよ( ´∀` )
「Noと言える日本」以来、自己主張しましょう的な流れになったけど、今度は言い過ぎになっちゃった⁉︎
自己主張と批評は異なりますが、人となりが分かりますものね...気をつけたいと思います😔
「欧米をいつまでもありがたがる」は本当に思う。テレビに限らず、無条件に「欧米は正しい」って人が多すぎる。もう少し自分達に自身持ちなよって思う。
【いま読まれています】

「とんねるずのみなさんのおかげでした」には、最近、同性愛者を笑い者にしたのではないか、という批判が寄せられ、フジテレビの社長が謝罪するまでの事態に発展した
お前がやってみろ、表現者が絶対言ってはいけない。みんな批評家ずら?、客を批評家に祭り上げてるのはTV等の表現する側。受け手は言いたい事を昔から言ってきた。TVの前からスマホのクリックに変わっただけ。勝手に忖度して言い訳。見苦しい
>建設的なやり取りこそが「バカ」を減らす道なのだろう
分かるなあ
たけしさん自身がこう言ってるからこそ、「やってる」側の小林勇貴監督の言葉はもっとストレートに出したかったんだけどなぁ。波風立ったほうがおもろいじゃん。絶対。>>>
よく分かる。社会もそうですね。
全くその通りだと思います>
たけしも「ほならね理論」か…とネットに潜りつつ茶を飲む…
まったくそのとーり。
批判する輩は「面白いコト」やってみせてごらんよ。
どスベリして叩かれれば良い。
たけちゃんは分析不足ね
ネットやSNSのない時代は
テレビは一歩通行だっただけよ
視聴者に不満や批判の手段がなかっただけ
馬鹿野郎この野郎ダンカンこの野郎(笑)
何でもそうだけど、最後まで読まないとこの文章、人によってかなり違った印象を持つかもしれない。
本当にその通り。意思も行動力も責任も持たない奴ほど、文句を言うもの。
いわゆる口だけってやつ。
本当にこれだと思う・・・どんな結果でユーザーに届くにせよ、そこに至った原因はあるし、過程もある。もちろん政治もある・・・>
「批評するならやってみな」が(橋下がよくやったように)誤った論陣なのは語り尽くされてるけど「クレーマーの意見に過敏になりすぎ」というのは、同意するところ。
批判やクレームじゃなくて、議論していい方に進む形になればいいんだと思うけどねぇ。
さすがはたけしさん。
本を読んでみたいと思った。
ろくに知識も解決策もなく、提案もできないような人達がただクレームをつけてる印象あるよね。どこの会社でも仕事できないくせして評論家気取りいるしね…
正論過ぎて、言葉がありません。
ホント、これ。
確かになぁ。「感想」程度ならまだしも、お前は何様だってくらい批評する輩っている。今のWUGの騒動でもいる。否定派肯定派どちらにも言い過ぎって人がね。
YouTuberやニコ生主はそれにあたるのでは?
バカ論読んでみよう
たけしさんだから言えること。でも金言。
なーに言ってんだ「ならやってみろ」じゃねえだろ
プロなんだよお前らは
たけしうぇーーーーーーーーい!!
『じゃあ、お前がやってみろ』 ← プロが素人にキレて、こんなこと言うのは正直みっともないと思うよ。
「じゃあお前がやってみろ」って、やっぱ言っちゃうよね /
王、長嶋が居ないか。そういうものに依存する時代じゃなくなったのもあるだろうねぇ
たまにはまともなこと言うやん
世界のキタノも提唱する、ほならね理論
話が深い。
めっちゃ分かるけど、現実はそう簡単じゃない・・・。
まさに、正論だ!スッキリした!
たけしさんが自称評論家(一般人)に放つ言葉がまさにだね。
「じゃあ、お前がやってみろ」
『それじゃあただのクレームじゃねえか』というようなことを平気で言う、自称評論家がいるんだから参っちゃう…
どんな仕事でもそう思う。たけしと同感!
じゃあやってみろだと議論にならないので、こういう言い方は嫌い。批評する場合も、相手をリスペクトすることを忘れなければ不快感も与えないし、議論も建設的になると思うんだな😊
そんなに言うならお前がやってみろ…って、なかなか言いにくい世の中だもんね。茂木さんの受け方も見事だと思う。→
「じゃあやってみろ」 仰る通りです。
もじゃもじゃとか、中身のない批判しかしないんだから相手にすんなよ(笑)
これは、時代の移行期間。インターネットで誰でも発信、クリエイターになれる時代には一方的に観るだけの人なんていなくなる。クリエイティブを一部の"天才"だけの特権にする時代はもう終わりつつある。武さんは大好きだけど。
素晴らしい。コレはついていきたい人だ。
相手の身になって文句ではなく建設的な意見を伝えることかと。言うは易く行うは難し。
当たり前が情報や価値観の多様化で当たり前でなくなっている今だからこそ。
いるいる。何かの番組のことにボロクソ言ってる批評家。お前はプロデュサーか!言い返してやりたい「じゃあ、お前がやってみろ」と。
???「おい、それってYO!」
自称批評家
---
うちにも「批評家」がいる
変な時代になったよな。
だからテレビはつまらなくなった。
>同意。叩くのは簡単だけど『出来もしねぇのに・・・』って思う。批評することが『正義』になってるんだろうね。それなら『心配』した方がまだマシじゃない?
「お前がやってみろ」は創作者としては敗北宣言だろ。じゃあそいつらを黙らせるもん作ってみろよ無能め。と思うね。
以上

記事本文: 「批評するならやってみな」 ビートたけしの大正論 | デイリー新潮

関連記事