ロシアW杯日本代表候補 昌子の再生秘話 荒れた空白期間から引き戻した両親の愛/サッカー/デイリースポーツ online

6月14日開幕のサッカーW杯ロシア大会に向け、4年に一度の祭典を目指す日本代表候補の転機、成長の軌跡に迫る「蒼き侍たちの原点」。第2回はJ1鹿島のDF昌子源(25)。サッカー一家に生まれ、G大阪ジュニアユースに入団してエリートコースを歩みかけたが、一度はサッカーから遠ざかった。挫折を経験し、自分を見失った昌子を再びサッカーに引き戻したのは、時に厳しくも息子を信...

Twitterのコメント(21)

こんな過去があったんだね。今の彼からは想像できない。
これめっちゃ感動するっけみんな読んだ方がいいよ
# @Daily_Onlineより→源…ええ子や😭源も壮絶な努力をしたのはもちろん、親御さんが凄い!
泣いてしまうわ‥(親心)
美談。
ガンバJrユースでFWだったのは知ってたけどグレてたんだ
うるっとくるな。▶︎
めちゃくちゃ泣ける。
両親が偉大すぎる。
昌子くんのえぇ話し…
人に歴史あり!昌子君、両親に感謝しなさい!
不覚にも涙してしまった…
あんなに野球部っぽい顔してるのにサッカー一家の生まれなのか。
いい話すぎでしょ
朝から泣いたわ……。→ 荒れた空白期間から引き戻した両親の愛/デイリースポーツ online
電車の中で泣いてもーた
いい話。そういう時期を乗り越えると人間って一皮むけますよね。
 荒れた空白期間から引き戻した両親の愛(デイリースポーツ)
>母は「大きくなったら、宇佐美君にパスを出すのはあんたやで」と励まし続けた。

ロシアで実現してほしい。
想像の数倍濃い記事だった。昌子ってエリート街道突っ走って来たのかと思ってました。
昌子源選手が中学生のころ:練習への送り迎えの車中で、母は「大きくなったら、宇佐美君にパスを出すのはあんたやで」と励まし続けた。「うるさいわ。そんなことできる訳ないやろ」と息子は反発した。| デイリー 5/15
勝手に昌子は常に優等生だと思っていたけど、過去にはこういったことがあったんだね。

 荒れた空白期間から引き戻した両親の愛(デイリースポーツ)
ガンバのアカデミーに在籍してたのは知ってるけど、中途退団してたのは知らなかった
以上

記事本文: ロシアW杯日本代表候補 昌子の再生秘話 荒れた空白期間から引き戻した両親の愛/サッカー/デイリースポーツ online

関連記事

画像で見る主要ニュース