13コメント

ホームページに掲載の記事、写真などの無断転載、加工しての使用などは一切禁止します。ご注意下さい。 ...


Twitterのコメント(13)

体調不良訴えから亡くなるまでが早すぎるけれど、、いったい何があったのだろう
お悔やみ申し上げます。左足を高く上げる独特なフォームは今でも覚えています。当時小学生ながらよく真似をしました。/ /
え…えええ!?
今年2月にサインをいただきました。非常に元気な様子だったので、受け入れられません。ご冥福をお祈りします。
ええっ!?そんな…今年ようやくブルペンが機能し始めたばかりなのに…長く火消し役を務めてくれた功績は色あせません。ありがとう&ご冥福をお祈りいたします。/
西武の辻発彦監督もこの日対戦したロッテの伊東勤監督も、現役時代は森のチームメイトだったし、先日亡くなった永射保ともそうだった。ソフトバンクの工藤公康監督は森の入団前に移籍したからチームメイトでこそないが、現役時代投げ合っている。
ショックすぎる。>>
入院したのは知っていたけど、そのまま亡くなってしまったのか…。
えぇ…いきなり倒れて多臓器不全でって…
ググると感染症で敗血症が怖い
@Daily_Onlineから

若すぎる…
御冥福をお祈り致します。
本当に急死で、多臓器不全の原因が気になるけど
そっとしておくのが
遺族と関係者に対する思い遣りってものなんでしょう。

合掌
田辺さんと潮崎さんのコメント
以上

記事本文: 西武・森コーチ急死 早すぎる42歳…多臓器不全で 辻監督、戦友の死に涙/野球/デイリースポーツ online

関連記事

46コメント 2017-06-28 23:31 - www.nikkansports.com

西武の森慎二1軍投手コーチが28日午後0時10分に多臓器不全のため、福岡市内の病院で死去した。42歳だった。 同コーチは25日のソフトバンク戦前に体調不良を訴え、同病院に入院。そのまま帰らぬ人となった。葬儀日程は未定。辻監督は「優勝を目指して頑張ってくれていた。つらいです」と言葉を絞り出した。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース