TOP > 海外ニュース > CNN.co.jp > CNN.co.j...

CNN.co.jp : 核戦争を生き延びるためのガイド本、英博物館が復刻 - (1/3)

17コメント 登録日時:2017-03-20 17:14 | CNN.co.jpキャッシュ

核戦争を想定した冷戦時代のサバイバルガイドの復刻版が発行された=帝国戦争博物館 ロンドン(CNN)冷戦時代に核爆弾が爆発した事態を想定して生き残る術を指南したサバイバルガイドの復刻版を、英ロンドンの帝国戦争博物館が発行した。 1980年に発行されたサバイバルガイドは、次のような1文で始まる。「この冊子をよく読んでください。あなたの生命とあなたの家族の生命がかかっているかもしれません」。復...

Twitterのコメント(17)

[核戦争を生き延びるためのガイド本、英博物館が復刻|CNN "学芸員/は復刻版の前書きの中で、1980年にこのガイドが発行された経緯ついて、「核戦争の可能性が1962年のキューバ危機以来、最も高くなっていた」と解説" ]タイムリーだ
「あなたの家の中で最も安全な部屋でさえ、安全性は不十分です」。冊子は冒頭でそう記し、レンガや箱、土嚢、家具、書籍や衣類などを積み上げた屋内避難シェルターの作り方について解説している。
"「あなたの家の中で最も安全な部屋でさえ、安全性は不十分です」。冊子は冒頭でそう記し、レンガや箱、土嚢(どのう)、家具、書籍や衣類などを積み上げた屋内避難シェルターの作り方について解説"
核戦争を生き延びるためのガイド本、英博物館が復刻( )…日本でも必修授業として高校で読ませて読書感想文でも書かせるべき。現実にロシアや中国や北朝鮮などに核攻撃され得る環境にいるのに、核廃絶とか夢想論に溺れるのはもう沢山だ。
核戦争を生き延びるためのガイド本を英博物館が復刻 。日本の災害時サバイバルと類似。食料や水は14日分、簡易トイレとトイレットペーパー、ラジオで情報を入手、救急措置に必要な物資。唯一の違いは死者が出た場合の措置に言及している点。
なんか既視感あると思ったら、「風が吹くとき」に出てきた「主人公の老夫婦が信じ込んだ、政府公式のいい加減な核戦争サバイバルガイド」って、これが元ネタ?
英国アニメーション『風が吹くとき』で描写のあったアレですかね? ガキんちょの頃に観たから内容ほとんど覚えてないけど。
読めばわかりますが、内容は本当に「矛盾だらけ」です。

核の前に人間が生き残れる可能性なんてシェルターでもない限り期待してはいけない。
冷戦時代に核爆弾が爆発した事態を想定して生き残る術を指南したサバイバルガイドの復刻版を、英ロンドンの帝国戦争博物館が発行した。 1980年に発行されたサバイバルガイドは、次のような…
ポストアポカリプス物ファン必読のアイテム?--
レイモンド・ブリッグズの「風が吹くとき」を思い出した。さむがりやのサンタシリーズが好きだった自分には、ギャップと衝撃的な内容にビビった。
ハインラインの自由未来じゃだめなのか?
冷戦時代に核爆弾が爆発した事態を想定して生き残る術を指南したサバイバルガイドの復刻版を、英ロンドンの帝国戦争博
「風が吹くとき」か。/"米国土安全保障省もウェブサイトに似通った内容のガイドを掲載しており、1980年の助言がそれほど時代遅れになっていない"…というか、民間防衛の無力さが変わらない、ってことだ。
これもしかしてコマンドアンドコントロールに出てくるかもな /
以上

記事本文: CNN.co.jp : 核戦争を生き延びるためのガイド本、英博物館が復刻 - (1/3)

関連記事

画像で見る主要ニュース