TOP > 海外ニュース > CNN.co.jp > CNN.co.j...
14コメント

オランダのウィレム・アレクサンダー国王一家 (CNN)オランダのウィレム・アレクサンダー国王は18日までに、同国最大手のKLMオランダ航空の子会社の旅客機を過去21年間、秘密裏に定期的に操縦していた事実を公表した。 地元紙テレグラフとの会見で述べた。KLMの短距離線の子会社であるKLMシティーホッパー航空の副操縦士を「趣味」でパートタイムで務めていたと明かした。これより前には、同じくオランダの航...


Twitterのコメント(14)

@cnn_co_jpより 王室教師ハイネで見たシチュ
やっぱりKLMやった。KLMは、凄い良い航空会社だった。
"オランダのウィレム・アレクサンダー国王は18日までに、同国最大手のKLMオランダ航空の子会社の旅客機を過去21年間、秘密裏に定期的に操縦していた事実を公表"
これらの操縦は月2回程度で、王室の務めに伴う緊張感を解き放すのが目的と指摘。「私にとって最も重要なことは完全に集中出来る趣味を持つことだ」とのこと。
素敵抱いて(*´∀`*)
まじかよ シティホッパーよく使ってたな、、 //
国王の高貴なる副業が副業の域を超えてる件について/
@cnn_co_jpから 国王さまが旅客機操縦するとか凄えな。偉い人は、運転しないで人に任せるイメージだけど印象かわったな。
かっこよすぎ
オランダのアレキサンダー国王が、KLM国際航空で、コーパイしていた!
@cnn_co_jpから
なんて自由な王室。そして、パイロットだなんてかっこよすぎ。
はっは! さすがっす!
以上

記事本文: CNN.co.jp : オランダ国王、KLM旅客機操縦の「副業」明かす

関連記事

41コメント 2014-09-24 14:00 - nlab.itmedia.co.jp

factuallyによると、残念ながらこのワンちゃん(名前はSherlock)は「Lost & Found」チームのマスコットで、実際は忘れ物を届ける仕事はしていないそうです。 KLMオランダ航空が、ワンちゃんに旅客の忘れ物を届けてもらうユニークなサービスを導入しました。 旅客が降りた後に機内をチェックし、見つけた忘れ物のにおいを犬にかがせて、持ち主を探して届けてもらうというもの。スキ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース