TOP > 政治・経済 > BUSINESS INSIDER JAPAN > アマゾン、サイバ...

アマゾン、サイバーエージェント…新たな脅威と対峙する新生ADKの「破壊的」改革 | BUSINESS INSIDER JAPAN

14コメント 登録日時:2018-10-05 12:07 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

広告代理店業界第3位のアサツー ディ・ケイ(ADK)が、米投資ファンドのベインキャピタル傘下で経営改革への道を歩みだしてから半年。改革の陣頭指揮をとる植野伸一ADK社長と立教大学ビジネススクールの田中道昭教授が、前編に引き続き広告業界の現...

Twitterのコメント(14)

事業者サイド絡むと今更DMP言われても、CDPじゃないの?ああ、アドテクだ。って思った。そういや今更だけどDMPのデータストアに適してるのってKVSなのかな。RDBだと探索が木星の重力地味てくる予感。
これは後で読んでおかないと。
"ADKは総合広告代理店ではなく「マーケティング・サポート・カンパニー」として生き残っていきたい。広告業界第何位、という発想の延長上では、もはや成長は望めない"
ほうほう…

AI時代においてもADKのクリエイティブは競争優位です
ーーー
写真のディスクリプションで誤植見つけた。
マーケティング戦略のみならずクライアント企業のデジタルシフト戦略そのものを中核事業に据え、グループ企業含めて保有するビッグデータを活かしてAI事業を進めようとしているオプト...
広告業界の人は必見な内容。
ん?コンシューマーアクティベーションカンパニーってめっちゃ言ってなかったけ??
しんどいだろーなー。
アマゾン、サイバーエージェント…新たな脅威と対峙する新生ADKの「破壊的」改革 - しっくり
「海外でも状況は同じで、いわゆるレガシーの広告代理店がトップランキングから相当姿を消し、戦略・IT系コンサルが上位に食い込んできています。」
/ アマゾン、サイバーエージェント…新たな脅威と対峙する新生ADKの「破壊的」改革
インテージ使ってるんだ
ウェブ広告とソリューション事業の方が伸びてることの現れですね
以上

記事本文: アマゾン、サイバーエージェント…新たな脅威と対峙する新生ADKの「破壊的」改革 | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事