TOP > 政治・経済 > BUSINESS INSIDER JAPAN > バスケBリーグ「...

バスケBリーグ「グッズ購入倍増」の仕掛け人、27歳マーケ女子の素顔 | BUSINESS INSIDER JAPAN

36コメント 登録日時:2017-12-04 15:30 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

男子プロバスケットボールリーグ・B.LEAGUE(Bリーグ)が、新リーグ発足2季目を迎え、2020年までに来場者数300万人目標に向け、勝負をかけている。カギを握るのが、未開拓とされてきた女性ファン層だ。「女性ターゲット」というとピンクで演...

Twitterのコメント(36)

ユニフォーム以外のアパレルグッズとかに関しては、普段使い出来るようにっていうコンセプトは凄く良いと思う

実際にBリーグはそういう方針で成功してるらしいし
bリーグ初年度 売上150億円 物販総計6億3千万円
Tリーグの売上規模は10分の1ほどか

↓ 2017/12/04
TシャツとステッカーはIT業界も超重要 "「交通広告を出すよりも、(Bリーグオリジナルの)Tシャツを着ている人を増やす方が効果があると思っています」" :
(化粧品会社で)年間5億円程度の売り上げ規模のブランドのセカンドライン立ち上げを任され、商品の品揃え、価格帯、ビジュアル、販売まで一通りを担当した。ブランドを回せるようになっていた入社3年目
これな!だから某応援してるクラブのグッズには触手が伸びない….まぁ、足枷があるのは理解してるけど、、、ねぇ。。。
とても良い記事
奇抜なものより普段使い出来るアイテム。

今のバスケギアのシンプルさを考えたら"当然のマーケティング"
スタジアムやライブ会場で買った記念Tシャツ、もう2度と着ない説。 /
考え方、方針次第。参考にしたい。
こういうグッズ企画者は重要だよね。
東京のアパレルって普段使いしにくいの多いし
インスタのキラキラ女子2割、それにいいねしている8割を狙う戦略。体験や一体感は今強い。
きっといい組織なんだろうな /
サッカー党だけど、バスケも観に行ってみたい。かっこいいなあ〜/
めっちゃかっこよ~~~!!/
27歳マーケ女子による「グッズ購入倍増」の決め手は?

キラキラインスタ映え女子は全体の2割だけ
MD担当者に読んで欲しい!

「女性も黒は好きです。女性向けといえばピンク!とした方がメディア受けしますが、あまり引っ張られたくない。女性女性しているものは、逆に(女性は)引いてしまう」
バスケとアパレルは強いよなぁ
着てる人増やした方が交通広告より効果が高いってのは確かに /
これは興味深い記事だ❗
なるほど。これは男性の自分からだと全く分からない感覚だ。
バスケとマーケティングを愛する者として、めちゃくちゃ応援したいと思う所存です🙆🙆🙆
興味深い記事。
Fリーグも頑張れ→
この考え大事すぎるので、どこかのエンタープライズはよく考えやがれ
カッコいいですね✨こういう若いマーケッターが活躍しているBリーグであれば、期待できそうです(^_^)v
@BIJapan こことか、凄く同意→「試合会場やコンサート会場でテンション高く買ったTシャツとかって、家に帰って冷静になると冷めちゃう。これどこに着て行くの? となる。そうではなく、帰ってからも着てもらいたい」
競技人口は野球よりもバスケのほうが多いから、うまくいけばだいぶ盛り上がりそう。
質と、特別な体験に付随していることは絶対条件。
>「極力、グッズという概念をなくしたいんです」「普段使いで波及させる」 ←これ。 /
こういう仕事がしたかった!!
(新卒で入った会社、完全に間違ったな・・・)
確かに!!普段使いできるバスケグッズは最高!!
ザスパのスタッフさんもこの記事を是非お目通しを。(`・ω・´)
以上

記事本文: バスケBリーグ「グッズ購入倍増」の仕掛け人、27歳マーケ女子の素顔 | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事