TOP > 政治・経済 > BUSINESS INSIDER JAPAN > 「北朝鮮問題で日...

「北朝鮮問題で日本は戦争に近づくことしかしていない」 —— 元中国大使・丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘 | BUSINESS INSIDER JAPAN

68コメント 登録日時:2017-09-11 08:27 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

北朝鮮が6回目の核実験を敢行し、アメリカは「軍事的オプション」をちらつかせる政権幹部の発言が続く。安倍政権も北朝鮮に対し、「より強い圧力をかけていく」という姿勢だ。緊迫する国際情勢の中で、伊藤忠会長を務めた後、初の民間出身中国大使に就任した...

Twitterのコメント(68)

今、耳を傾けるべき意見だと思います。
北の話から逸れるが、中華が強行に尖閣や東シナ海など攻めてる事は看過しろとでも?こういう老害はとっとと消えて欲しい
(北の核保有は)良くないし、誰も弁護しないのは当然です。でも「やめろ、やめろ」と言うだけで、金正恩はやめますか? やめないからと言って「力と力」で懲らしめようと続ければ確実に国を破滅に導く
あまり人に文章を勧めないのですが、これは多くの人に読んでほしいなあ。/
《元中国大使・丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘》岡田充氏

〈いま、日本の新聞は北朝鮮への石油禁輸を主張しています。第二次大戦の時日本は「窮鼠猫をかむ」状態になった。それを経験している日本が、北朝鮮に同じことをやれと言っているに等しい〉
安倍さんが得意な「力対力」では、やがて戦争以外の選択肢はなくなる。
「出口なき戦略」は「日銀の特許」じゃないですよ。
出口なき戦略は、必ず破滅的な結果をもたらす。第二次大戦がそうです。
戦争に近づいてはいけない。大事な事なのでもう一回言います。戦争に近づいてはいけない:
それが日本の目的なのだから当たり前でしょう。
このような年寄りが今の先送り事なかれ日本を作ったんだな、と。 ◆ @BIJapanより
―出口なき戦略
は、必ず破滅的な結果をもたらす。第二次大戦がそうです
「最近の政治の世界を見ていると、戦争を知らない人たちが世界の政治を動かしている。日本の政権中枢には(戦争を経験した世代の)80~90代がいない。イメージできるのはせいぜい私のような70代後半以上なんです。」
無防備でいろというのはあまりにも無理がある。日本は特別じゃないよ。海外でテロにあえば、欧米の人と同様に被害にあう:
憲法はものすごく大事です。簡単に手を触れてはならない。グローバル化時代の中で、専守防衛をはっきりさせていく必要があります。もう一度言いますが、戦争に近づかない。これが一番重要です。  
丹羽宇一郎
読んでおきたい。 /
安倍にこんな事ができると本気で思ってるのかな。不思議だ。

…安倍さんは水面下で、本音でトランプと話し合ったら…内々で…OKをもらった上で…中国、ロシアに…アメリカが動かないと駄目ですが、核問題でアメリカを説得できるのは日本だけでは…
@BIJapanより
戦争を知らない大人たちが戦争に近づくと何が起きるかわからない。それが最も危ない
「いま、日本の新聞は北朝鮮への石油禁輸を主張しています。第二次大戦の時日本は「窮鼠(きゅうそ)猫をかむ」状態になった。それを経験している日本が、北朝鮮に同じことをやれと言っているに等しい。」
老害以外の何者でも無い❗
「安倍さんが得意な『力対力』では戦争以外の選択肢はなくなる。『出口なき戦略』は必ず破滅的結果をもたらす。第二次大戦がそうです」。「『北朝鮮問題で日本は戦争に近づくことしかしていない』 元中国大使・丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘」
無謀な勇ましいことを言わないと、お前は北朝鮮・韓国の味方か、と言われる時代ですが。
丹羽っちに同意。
@BIJapanより
トータルまじほんこれ。野田首相(当時)の尖閣の件も中国船の件も。 >
歴史から学ばない日本。

@BIJapan
「戦争を知らない大人たちが戦争に近づいたら何が起きるか分からない」
その通りですね。

心配なのは
『力対力』『出口なき戦略』を
支持する空気が
蔓延することでしょうね。

対話のみが
解決方法であるってことを、
戦争を知らない人間たち
(僕もそうです)
は理解しなければ
なりません。
出口戦略を描けるか、確かにそれが問題。石油禁輸のくだりにはドキッとした。
「『力対力』では戦争以外の選択肢がなくなる」
"Business Insider Japan" さんより。
こわくなってきた

「北朝鮮問題で日本は戦争に近づくことしか
していない」
国際ビジネスで鍛えた丹羽さんの見識、日本が取るべき道を示している。
あとで読む→
「金正恩(氏)…もトランプ米大統領も戦争を知りません。「団塊の世代」と話していると、戦争のことを実に知らないんです。「戦争に近づくな」と言いたいのですが、今の日本は戦争に近づくことしかしていない。北朝鮮問題でも中国に対しても」
北朝鮮に核をやめさせるには、核保有国全てが保有している核をそのままで凍結するしかない。
米国に「核を凍結せよ」と言えるのは、唯一の被爆国の安倍首相が適役。それが日本の立ち位置。でも現実は真逆。「力と力」でトランプ氏を勢いづかせている
元中国大使・丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘|

安倍さんが得意な「力対力」では、やがて戦争以外の選択肢はなくなる。「出口なき戦略」は「日銀の特許」じゃないですよ。
これは良い記事。簡単に戦争を煽る阿呆が多いが、わかっていないんだよね。---
北朝鮮問題で日本は戦争に近づく事しかしていない~日本の新聞は北朝鮮への石油禁輸を主張。第二次大戦の時、日本は米国に石油を絶たれ、戦争へ突入せざるを得なくなった。「窮鼠猫をかむ」状態。それを経験している日本が、北朝鮮に同じ事をしている
「北朝鮮問題で日本は戦争に近づくことしかしていない」

安倍さんが得意な「力対力」では戦争以外の選択肢はなくなる。出口なき戦略は日銀の特許じゃない。必ず破滅的な結果をもたらす。第二次大戦がそうです。
〈安倍さんが得意な「力対力」では、やがて戦争以外の選択肢はなくなる〉〈戦争に近づかない。これが一番重要〉
「(抜粋)北朝鮮の核開発・実験を現状凍結させるには、まずアメリカに凍結を納得させなければならない。これを言えるのは、唯一の被爆国日本の安倍さんが適役です。それが日本の立ち位置」
日本の左派はメルケルメルケル連呼してるからドイツが適任。
兵器は花火と同じ。花火は湿気るから数十年に棚卸しをしないと有事に使えない。軍需景気で景気を上げたい日米。【 元中国大使・丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘|】
『核・ミサイルをやめさせるには、まず力のある側が譲歩することです。』

@BIJapanから
「出口」をどう考えてるかは、本当に政府に聞いてほしい。【 元中国大使・丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘】|BUSINESS INSIDER @BIJapanより
BIJapanより
核5大国は核兵器禁止条約を批准していないのに、北が核実験をすると「けしからん」と言って懲らしめる。それは納得できないでしょう。自分たち以外は一切核保有を許さないというのは、傲慢です(丹羽宇一郎氏)
「戦争を知らない大人たちが戦争に近づいたら何が起きるか分からない。これが最も危ないんです」 /
かつて満洲で日本軍の武器、資材を馬賊や匪賊に横流しして儲けてたタイプの爺いだな。
黒電話の恫喝に毅然とした態度はとるなということを言っている。こんなことを言うから所詮商売人は…と思われてしまう。
必読→【 INSIDER】
安倍政権の目的は〝戦後レジームからの脱却〟。
東アジアの中国、北朝鮮、日本は戦後レジームとしての国際連合にある種のチャレンジをしている。
@BIJapan
出口なき戦略は、必ず破滅的な結果をもたらす。第二次大戦がそうです。

全くその通り
丹羽宇一郎元中国大使が鳴らす警鐘:Bizインサイダー 「出口なき戦略は「日銀の特許」じゃない。「力対力」の出口なき戦略は、必ず破滅的な結果をもたらす。第二次大戦がそうです」…ノ
「北朝鮮問題で日本は戦争に近づくことしかしていない」元中国大使丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘 @BIJapan「「ハルノート」と日本を思い出してください。石油を絶たれ、本格的戦争へ突入せざるを得なくなった」
戦争したいがためか、
としか、見えない日本における北朝鮮の問題。
危険と不安はすごく煽る。
こちらが手を緩めたら下がるほど北はお人よしではない。
戦争はしたくないが、起こるかどうかは北次第。:
— 元中国大使・丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘| @BIJapan
丹羽さんインタビュー。ふむふむ…|
安倍さんが得意な「力対力」では、やがて戦争以外の選択肢はなくなる。
--
@BIJapanから
戦争に近づかない!。これが一番!!
最近の政治の世界を見ていると、戦争を知らない人たちが政治を動かしている。日本の政権中枢には(戦争を経験した世代の)80~90代がいない。イメージできるのはせいぜい私のような70代後半以上なんです。これはまずいと。
「窮鼠猫を噛む」にしないため、何をしたらよいか。何をしたらいけないか。
とにかく戦争忌避の俗論につけ込まれできた結果がいまの状況なんだがこの爺さん洗脳されてんのかボケてんのか◆
医療は『薬から対話へ』
外交も『武力から対話へ』 / (Business Insider Japan)
北が好き放題してるだけやん
安倍は国民の犠牲よりも、戦争!!
なんせ犠牲は北が悪いと言えば、国民は納得するからな!!
《安倍さんが得意な「力対力」では、やがて戦争以外の選択肢はなくなる。「出口なき戦略」は「日銀の特許」じゃないですよ。出口なき戦略は、必ず破滅的な結果をもたらす。》
あの脳力では、到底無理だろう!『…「力」で懲らしめようとする。それを「出口なき戦略」というんです。…「出口なき戦略」を続けたら、その結果何が起きるか。まず大量の北朝鮮からの難民が中国、韓国、日本に…そこまで想定している…?』
以上

記事本文: 「北朝鮮問題で日本は戦争に近づくことしかしていない」 —— 元中国大使・丹羽宇一郎氏が鳴らす警鐘 | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事

画像で見る主要ニュース