TOP > 政治・経済 > BUSINESS INSIDER JAPAN > このCM、男性に...

このCM、男性にこそ見て欲しい | BUSINESS INSIDER JAPAN

102コメント 登録日時:2017-08-11 13:13 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

女性を描いたネット動画やCMの炎上・取り下げが相次ぐ昨今、“挑戦的”なCMがある。化粧品大手ポーラ(東京都品川区)がショップで働くビューティーディレクターを募集する、リクルートのためのCMだ。「この国は、女性にとって発展途上国」と、ドキッ...

Twitterのコメント(102)

POLAの車内広告は夜遅く1人で電車の中で見ると泣きそうになるやつ。
ニュースではないし、この記事自体、一種のステマなんだけど、子連れの熊本市議の一件など、女性にまつわるエトセトラが相変わらず話題になっている時だけに、考える一つの糧にはなると思う。

このCMは男性にこそ見て欲しい
@BIJapanより
私もこのCMハッとさせられたな。
自分の中の理想の母親、理想の女性像に縛られて1人でもがいてるんだ。
多くの人に見て欲しいCM。
炎上するCMと称賛されるCMの差は紙一重なのですが、その辺りを見分ける感性はこれからますます重要になってくると思います。
この国に蔓延する同調圧力を変えることが、今の企業に求められる社会的責任かもしれない。→
"が重なって、いつのまにか私が私の鎖になりそうになる」幻の男女像にとらわれる日本
?
見ました。グッと来るナレーションで、こういう硬派なCMがもっとあってもいいと思います。:
【このポーラのCM、男性にこそ見て欲しい| JAPAN】 「女性だけではありません。幻の男性もいるし、幻のお父さんも幻のお母さんもいる。同調圧力の強い日本では、社会的な理想像が支配している」面倒くせー
要するに、肩の力を抜いて家事も育児も男女で分担すればいいだけの話ですよね。職場で有形無形の圧力を感じておられる女性の皆さん、嫌だなと思っていることを率直に訴えてみて下さい。我々男は謂われないと気づけない動物なので。 @BIJapan
コピーライターとディレクターが瓜二つな件w
CMって「ライフスタイル提案してやってる」って奢り、まだあるの?ありきたりなCMばっかりだけど
>
滝川 麻衣子 [ JAPAN] – BUSINESS INSIDER JAPAN
良い切り口
叩きではなく
問いかけ

まさに
ケアする性なのか?
という
問いかけ
diversity という意味では最近いろいろ考える。


作品自体のメッセージもあるのだけれど、心を適切な大きさで揺さぶる作品というのはやっぱりすごい。
ポーラの求人広告が格好いい。ポーラという企業イメージも上がるしいいね。
戦後教育の洗脳が解けないOLの方々は、ピラミッド型の同調社会に苦しんで笑顔をふりまく。
早く世界を変えたい。

@BIJapanより
壇蜜つかった宮城県のPRなんて後進国だと認めてるようなもの。あれを問題と思わない副知事は危篤だ
化粧品の会社なんだよなぁ。/「とらわれない」ことに囚われても辛いし、全員が全員フリーダムでも大変そうだし、どの辺りが落とし所なんだろうなぁ。 /
というCMを、幻の女性を作り出すためにある、化粧品の、メーカーが放送するという矛盾>
『あなたを縛る鎖の正体は、なんだろう』

@BIJapanより
女性をテーマにしたCMは何をいってもことごとく違和感があったけど、これは好きだな。この国には、幻の女性が住んでいる、っていい
幻に縛られる私達…。この「問いかけ」はすばらしいよ。> @BIJapanから
素晴らしすぎる。
21世紀なのにいまだに男性同僚へのビール注ぎを女性がやる風趣が残っている所があるというのが信じられない…→
たいへんですなぁ
これの高卒新入男子バージョンで

誰より早く出社してデスクを拭いて回り
出世も出来ないのに飲み会の幹事させられ
お酌の順番間違えて怒られて女性社員から嘲笑の対象で低収入で結婚も出来ず「人生イキナリフルカウント」みたいなCMが観たいw
「女性だけではありません。幻の男性もいるし、幻のお父さんも幻のお母さんもいる。同調圧力の強い日本では、社会的な理想像が支配している」
見るものにジェンダーロールを突きつけ、その是非を問うCMと記事。 /
この畳に素足で膝を折り曲げて「職場の男性に瓶ビールを注ぐ女性」のカットの次に「リクルートスーツでショーウィンドウのワンピースを眺める若い女性」が描写される流れ。すごいね
「どうしてこんなに謝っているんだろう」すごく共感。【このCMは男性にこそ見て欲しい——幻の男女像にとらわれる日本】
昨年の「この国は、女性にとって発展途上国」に続く、ポーラCM第2弾を紹介した記事。
「このCMは男性にこそ見て欲しい——幻の男女像にとらわれる日本」
縛るな、縛られるなって、心にくるキャッチコピーだな。
"社会の環境も、自分が変わることで、変えられるという思いが原点にある"
気にするな
そういう仕事自体が無くなる
その時に何ができるかを考えた方がいいよ;
そんなかっこいいこと言ってるけど、実際POLAもノルマとかあるでしょうよ
勧誘がしつこいもん
今度POLAの化粧品買う。
男性も辛いこと沢山あるんだろうな。痴漢冤罪、デート代etc……
@BIJapanから お常識様 お標準様 お普通様は ずっと鎖に繋がれていなさいよ🎵
彼此30年近く前、退職した会社に就職した時、確かに製造業で女性の人数は少なかったが、女性技術者もいたなぁ…
俺が経験した会社はこんな事無い
むしろ、仕事させられるのを女性が拒否
逆だし
女性が多様な生き方を求める。それは当たり前の権利。
だけどそういう女性たちがみんな男性を年収で選ぶというのは
変じゃないだろうか?
女性も男性も互いに多様な生き方も認めなければならない。
それこそが平等。
CMって、こうあって欲しい。
むかーし、広告業界に憧れて「広告批評」を本屋で見つけては買って読んだアラフィフは思う。
覚悟を持って社会に問いかける。そういう姿勢を持った企業が、人がいることが→
いいCMだと思う。"世間が、そして私自身が作った幻想、誰かのそうあるべきが重なって、いつの間にか私が、私の鎖になりそうになる。" /
みんなが「こうあるべき」の非現実的なバーチャル社会を作り上げていて、それに気づく人たちがどんどん増えていると感じる。
「京都の営業所へ一人の女性が『女ではあきまへんやろか?』とやってきたのが、今のポーラの始まりです。社会の環境も、自分が変わることで、変えられるという思いが原点にある」
「女性だけじゃない、幻の男性やお父さん、お母さんもいる」
女性の辛い現状を問題提起すると、男性だってという反論。なら当事者として声を挙げてと思ってきた。今こそ!
これは現実だけがもつ訴求力がある。ポーラのCMだからこそ描くことができた日本社会のありのまま。
@BIJapan
幻の女性像だけじゃなく、幻の男性像についても言及されてるのが良かった。単なるフェミニズムではなく、人間としての問題。
相変わらずカッコイイCMだな〜。固定観念なんて犬も食わない。 / (Business Insider Japan)
もう仕事とか辞めてしまえばいいんじゃないかな?

@BIJapanから
この言葉こそ男>女の力関係を助長している→
全日本人MABOROSHI IN MY BLOOD状態
考えさせられました。サザエさんはもはや時代にふさわしくないんだなと思いました。
@BIJapanから
自分の親も「幻」信者で、見ていてうんざりする。
「幻」に縛られていつも文句を言ってる。やめちゃえばいいのに
幻の男女像にとらわれる日本| @BIJapanより
>「女性だけではありません。幻の男性もいるし、幻のお父さんも幻のお母さんもいる。同調圧力の強い日本では、社会的な理想像が支配している」
"が重なって、いつのまにか私が私の鎖になりそうになる」——「女性だけではありません。幻の男性もいるし、幻のお父さんも幻のお母さんもいる。同調圧力の強い日本では、社会的な理想像が支配している」
〝「笑顔もない、暗い、『こんなこと言っていいの?』という指摘はありました。けれど、では、なぜ笑顔を出さなくてはならないのか? 明るくなければならないのか? それは企業アタマ。それよりリアルに寄り添うことが大事」〟
@BIJapanより いいんだけど、もっと景気良く吹っ飛ばす領域までいかないのかな
話題だそうですが。個人的にはもうちょっと攻めて作って欲しいです。全てが現状アンチもの・雰囲気ものになっていて。自分たちも伝える時にふわっとしすぎないように自戒しないと!

@BIJapanより
「これからだ」希望が持てるいいコピーだ。→
日本社会、まだまだ生きづらい。家族が集う時期だからこそ、みんなで考えたい。
ここ15年ほどPOLAユーザーなんだけど、POLAユーザーで良かったなあと思える。これからも愛用するよ!→
こうあるべきからの解放についてとても明快に書かれた記事。
「コピー機の前でうつむく女性、会議の後に男性たちが立ち去る中、ひとりで全員分カップを片付ける女性、人気のないオフィスでお腹をなでる妊娠中の女性、トイレで涙をこらえる女性——」 / "このCMは男性にこそ見て欲しい——幻の男女像に…"
長く続いた社会の秩序を作る仕組みが秩序を守るのが精一杯で、社会を構成する一人一人の幸せを考える余裕のないものだったのかもしれません。
日本は男女格差観では「発展途上国」なんて誰もが思っても言えない事をよく広告に反映させたな~結局古い体質を変えないと女性、男性はこうであるべきっていう事に縛られる。本当に嫌な呪縛。
他者に「こうあるべき」を押し付けたのが巡り巡って自分にも重くのしかかるのだとおもうなぁ。他者に寛容になることから初めてはどうだろうか。
「同調圧力」
この言葉を知るずっと以前、多分それは小学生あたりだったと思いますが、この感覚が好きではありませんでした。@幻の男女像にとらわれる日本@BIJapanより
「子どもを産んで仕事に復帰した3年前から、夫には『家事がちゃんとできなくてごめんなさい』、親には『子どもが病気の時に見てもらってごめんなさい』、会社には『早く帰ってごめんなさい』と、いつもいつも謝っていました」
CMは笑顔でなければならないのか、という問いも、幻想を打ち砕くことの1つ。このスタンス良いなぁ。
ザ日本企業にいると、思うところは色々ある |
ポーラがどんな会社かはCMだけではわからないから,調べよう /
この現実に生きているのは、私だ、という意識を持たないと。/
動画を貼ってぇ~~!!
男とか女とかに関係なく能力によって報われる社会を希求したい。
@BIJapan
これは日本のCMとは思えない素晴らしいでき‼︎
POLAがこんなCM作ってるの知らなかった。本当にこの通りだよなあ。
あほくさ。男も女も自分で自分を縛ってるだけじゃないの?常識通り行動しようとするのはそれが楽だからだろ。あまえんな。
@BIJapanより
性別よりも日本人とかアメリカ人とか国籍の方が鎖だろ
全てから解き放たれろ
男性だけが楽をしてるというのか?
職場で誰かがつらい、しんどいということにおいて別に性別は関係はない。
それを性別でどうのこうの言うこと自体が性差別を助長している。
確かに男性だって生きづらい世の中だよ   @BIJapanから
よい。"が重なって、いつのまにか私が私の鎖になりそうになる」> このCMは男性にこそ見て欲しい——幻の男女像にとらわれる日本 | BUSINESS INSIDER JAPAN
「男・女のくせに」。性別役割分担意識は、根強い。中小企業こそ、性別にとらわれない働き方実現に挑戦していくべき。
自分自身のフィルターやバイアスに気づくこと、外すこと。それが生きること。
この国では「自分らしさ」よりも、カタチに囚われた「男らしさ」「女らしさ」ばかりが求められるのだろう…。
共感しかない。
本当に見てグッとくるCM💖
心に伝わります…
女性も男性も「こうあるべき」という同調圧力と見えない鎖に縛られ葛藤している。

異なる立場•特性の相手と、互いの違いを受け止め理解し合い共存していく仕組み作りのためには、企業も個人も変わる必要がある。

■幻の男女像にとらわれる日本
いい記事だと思います。CMの動画も見ました。
就活中も終わった今も、何かに縛られて自由な選択ができてない事を見るのが多すぎる。結婚を念頭に置いて、地方転勤とか激務とかのある会社を諦める子が多いのって、社会として正しいの? / このCMは男性にこそ見...
POLAのCM。幻の女性像があるように、幻の男性像もあると言及しているのがいい。
男だから、女だから、こうあるべきっていうのはいらないよね。/
良い会社だなぁと思う。明らかに賛否両論が生まれるCM。どちらの意見も想像つく。議論を生む大切さ。議論することで自分のスタンスが見えてくるから。それを分かっていて敢えて、の勇気がすごい。
現実に立ち向かう女性を描くポーラCMは「そのまま男性に置き換えても成り立つ」(クリエイティブディレクターの原野さん)

ってぜったいそう思わない
"が重なって、いつのまにか私が私の鎖になりそうになる」
POLAの新CM、昨年よりシャープに突き刺さってくる。素敵なチーム。
@BIJapanより
ズシッときた。しばし想いを馳せてみようか。「あなたを縛る鎖の正体は、なんだろう」に / (Business Insider Japan)
以上

記事本文: このCM、男性にこそ見て欲しい | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事

画像で見る主要ニュース