「残業代ゼロ」高プロ制度を連合が一転容認…「働き方改革」と矛盾しないのか? - 弁護士ドットコム

21コメント 登録日時:2017-07-17 09:49 | 弁護士ドットコムキャッシュ

連合の神津里李生会長が、高収入の専門職を残業代の支払い対象から除外する「高度プロフェッショナル制度」について、修正付きの容認に転じたことが波紋を広げている。 報道によると、神津会長は7月13日、安倍晋三首相と会談。労働者の健康確保のために、年間104日以上の休日確保などの義務化などを要望し、安倍首相が修正に応じる考えを示したという。この制度を要望してきた経団連も容認する見通しだと...

Twitterのコメント(21)

ニュース
自民党・経団連御用のダラ幹涙目(笑)
へ~こんな法案が出てるのか。。。知らんかった。。。そもそも年収1075万円以上で現行法で残業が適用される人って、どれくらい、いらっしゃるんだろうか。。。
"高収入の専門職を残業代の支払い対象から除外する「高度プロフェッショナル制度」"

@bengo4topicsより
「これまで残業代がきちんと支払われていた労働者が、これからは残業代がゼロになります。これまで違法なサービス残業を強いられていた労働者は、これからは適法なサービス残業を強いられるようになります。ただそれだけ」
「残業代ゼロ」高プロ制度を連合が一転容認「働き方改革」と矛盾(弁護士ドットコム)この制度は年収1075万円以上の高所得層で、特定の高度専門業務に従事し使用者との合意で職務が明確に定められている従業員を対象に労働時間規制を外した働き方
そんじゃー社員全員を高度プロフェッショナルということにしよう/
成果で評価ってことは同僚の数倍の成果出してるけど給料同じだった人は、休みまくっても同僚と同じ成果さえ出せば同じ給料もらえるってことか?
「残業代ゼロ」に依存するより、職場が嫌になったらさっさと、転職できるように準備しておかないと。もちろんありがたい制度があれば嬉しいが、制度に依存するということは、より生きにくくなるわけで。
共産主義が階級闘争に勝利したら次は労働者間の貧富の格差が問題になり残業してもあまり報酬が増えなくなりそうだしそもそも労働者の権利を護るために残業は禁止されるだろうし実質的に「残業代ゼロ」になりそうな気もするけどよく分からん。
今は過渡期。所得や階層の二極化が進んで、人類の人口がどんどん減って、ロボットがその穴埋めをする時代になるのかな?どうでもいいけど…→
連合は労働組合を名乗るのをやめてくれないかなあ。こっちまで恥ずかしくなります。

@bengo4topicsから
国民全体が法治国家及び民主主義国家である日本にはびこる最大の欠点(業界問わず、生産性と競争力の更なる低下を招いてしもうた)を潔く認めつつ、改善を図るのが最優先やけどね。#拡散希望
コメントしました。
もはや連合幹部は働く人びとの味方代表に非ず‼️ 経営者庇護のもと御用組合幹部として不当労働行為に立ち向かわない組合貴族😱😱💣💣💣
「これまで残業代がきちんと支払われていた労働者が、これからは残業代がゼロになります。これまで違法なサービス残業を強いられていた労働者は、これからは適法なサービス残業を強いられるようになります。ただそれだけです。」
今泉弁護士「これまで違法なサービス残業を強いられていた労働者は、これからは適法なサービス残業を強いられるようになります。ただそれだけ」
「『いくら長時間働いても、いくら成果を出しても賃金が変わらない』というのがこの制度の本質」
以上

記事本文: 「残業代ゼロ」高プロ制度を連合が一転容認…「働き方改革」と矛盾しないのか? - 弁護士ドットコム

関連記事

画像で見る主要ニュース