TOP > 海外ニュース > BBC Japan > ツイッター社、ト...

ツイッター社、トランプ氏のツイートに硬直 - BBCニュース

15コメント 登録日時:2017-12-04 17:46 | BBC Japanキャッシュ

ドナルド・トランプ米大統領がリツイートした英極右団体副代表の差別的なビデオのツイートを、ツイッター社は削除しない方針だ。しかも、その理由を説明しようとしない。...

Twitterのコメント(15)

ありゃりゃ・・・
デイブ・リー、北米テクノロジー担当記者
《ヘイトスピーチに対するツイッターの一貫性のない対応は、公益を考えた行動というよりは、それより自分たちの利益を心配しているからではないのか。そう思えてしまう》
「ヘイトスピーチに対するツイッターの一貫性のない対応は、公益を考えた行動というよりは、それより自分たちの利益を心配しているからではないのか。」
「ヘイトスピーチに対するツイッターの一貫性のない対応は、公益を考えた行動というよりは、それより自分たちの利益を心配しているからではないのか。そう思えてしまう」
一私企業に何を言ってるんだか。
その発言がヘイトスピーチか否かは発言者の社会的ポジションによって異なります。
たくさんの言論が行き交う場の責任者としての役割を放棄するただ権力に擦り寄るだけの存在。
ヘイトスピーチかどうかは受け手の判断によるわけでしょ?表現の規制は表現の自由を侵害するんじゃないの?
バカサヨクはそういう部分は無視してる。だからバカなんだよ。
ツイッター社も大変だね。😓
でも、今回トランプさんのような人が現れて、皆が考えるきっかけになったから、ある意味チャンスなのかもしれないね。
よっ、大統領! 人民の人民による人民のためのツイートをお願いしますわよ。 → | BBC
大英放送協会がツイッターをこき下ろしているが、全くその通りですとしか言えない。
新しい住処を見つけなければなりますまいな。mixiのときと同じように
"この一連の展開で何より意外だったのは、ヘイトスピーチ(憎悪表現)で罰金刑を受けた女性の投稿を米大統領が拡散したことではないのかもしれない"
最近は理解を越えてしまっているので、twitter社なら平常運転でしかないと捉え始めている。何時までこんな状態を続けるつもりなのだろうか。/
以上

記事本文: ツイッター社、トランプ氏のツイートに硬直 - BBCニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース