TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > (社説)翁長知事...

(社説)翁長知事死去 「沖縄とは」問い続けて:朝日新聞デジタル

27コメント 登録日時:2018-08-10 07:20 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(27)

朝日新聞2018年8月10日
「沖縄とは」を問うのではない。基地移転は必要なものかどうかだ。ずいぶん昔、「成田に空港ができたら戦争になる」と左翼が騒いでいたが、あの時の活動家と同じではないのか。朝日は何に忖度しているのか。
沖縄「県」が「日本とアジアの架け橋」になるとか吹いていたのは、まるで沖縄「県」が日本の外にあるみたいな物言いだったよね。不愉快極まったよ。アレは。

Q 沖縄とは
A 日本の一地方自治体
朝日、お前という奴は安倍総理を悪くいう事しか能がないのか?そもそも辺野古移設は仲井真前知事との間で決まったことだ。朝日こそ沖縄とは?に対する回答をしてみろ!
🇨🇳に返すべきだと言い出しそうだ!
あたしの危機感。
国は国民を守らない。体面を守る。
国民の代表なのに。いざ当事者となれば自己保身。
過去の歴史から学んであたし自身が無関心にならぬよう努力せねば平和は維持できない。
『翁長氏が「政治の堕落」と評した不誠実な政権と、その政権を容認する本土側の無関心・無責任が、翁長氏の失望を深め、対決姿勢をいよいよ強めていったのは間違いない』(本文より)
『沖縄防衛局で職員を大けがさせた基地反対活動家は、彼の死を汚したよなあ。』
我々は一人で戦う翁長知事をフォローできなかったのではないか。今こそ遺志を受け継いで結束する時。
翁長氏が「政治の堕落」と評した不誠実な政権と、その政権を容認する本土側の無関心・無責任が、翁長氏の失望を深め、対決姿勢をいよいよ強めていったのは間違いない。
「イデオロギーではなくアイディンティティ-」今私達に求められるものは対立ではなく日本というアイディンティティ-を取り戻すこと。不誠実な政府に振り回されてはいけない。

翁長知事死去
こういうのは政治利用といったらいいのか、それともイデオロギー利用か…
朝日新聞
翁長氏が政治の堕落と評した不誠実な政権と、その政権を容認する本土側の無関心・無責任が、翁長氏の失望を深め、対決姿勢をいよいよ強めていった。死去に伴う知事選は9月に行われる。

政府の【悪魔化】と翁長前知事の【偶像化】で選挙を操作する危険な新聞です。
朝日新聞 2018.8.10
沖縄県の一部である尖閣列島への中国の領海侵犯に対し、一度もコメントを発信されなかったのは非常に残念な事でした。ご冥福をお祈り申し上げます。
「なぜ沖縄だけがこれほどの重荷を押しつけられねばならないのか」という翁長氏の叫びに、安倍政権は冷淡だった。知事就任直後、面会の希望を官房長官は4カ月にわたって退け、国と地方との争いを処理するために置かれている第三者委員会から、
翁長氏の叫びに、安倍政権は冷淡だった。知事就任直後、面会の希望を官房長官は4カ月にわたって退け、国と地方との争いを処理するために置かれている第三者委員会から、辺野古問題について「真摯(しんし)な協議」を求められても、ついに応じなかった。
今後の沖縄に対し政府、自民党政権は無理解、無関心の思考すれば沖縄県民を再び紛糾の闘いの流れになる、、
耳を突き刺す米軍機、いつになったら夏虫の響きと豊かな海が戻るのか、、
翁長氏が「政治の堕落」と評した不誠実な政権と、政権を容認する本土側の無関心・無責任が彼の失望を深め、対決姿勢を強めていったのは間違いない。沖縄を愛し演説でしばしばシマクトゥバを使ったが 視野は東アジア…

🌠社説 翁長知事死去「沖縄とは」問い続けて:朝日新聞
この記事を読んでいて涙がでました。
こいつとお前の罪は重い。「オール沖縄」これ戦前の大政翼賛会の全体主義思想。そしてオール沖で異論を封殺。お前らの頭はファシズムだよ。
🎶いつもドンパチやる前に
聖書に手を置く大統領がいる
神の名におき正義に酔いしれて
隣のあの娘が輪姦されて
綺麗なサンゴが汚れても
戦争に赴く基地は安保(まも)られる

嗚呼 みんな見て見ぬフリをして
本当は知っている
この平和の裏に
愚かな過去があったのを
地方の「保守」政治家が、郷土のために楯突かなくてはならないような、人々を蔑ろにする政治が行われている。翁長氏の面会を拒絶し続けたあの態度は、99%の人々に向けられている。決して許さない。
「沖縄とは」問い続けて:翁長氏が訴えてきたことは、この国に生きる一人ひとりに、重い課題としてのしかかる。朝日新聞デジタル
引用「今年6月の沖縄慰霊の日の平和宣言では、周辺の国々と共存共栄の関係を築いてきた琉球の歴史に触れ、沖縄には「日本とアジアの架け橋としての役割を担うことが期待されています」と述べた。」
お悔やみを申し上げます。
後年「無理な公約(普天間閉鎖、辺野古増設反対)を掲げて当選し、再選の為に司法でダメ出しされる増設妨害を続けた。他方、県政を蔑ろにして沖縄県を沈めた。」と評価される事でしょう。
@okinawa_pref
(社説)翁長知事死去
「沖縄とは」問い続けて:朝日新聞
基地の島ではなく「平和の緩衝地帯」として沖縄を発展させたい。そんな思いが伝わってくる…しかし、安倍晋三には難しすぎて伝わらないのであろう。
「平和の緩衝地帯」
中共呼んでヽ(=`Д´)ノなんでそうなるかにゃ
以上

記事本文: (社説)翁長知事死去 「沖縄とは」問い続けて:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース