TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > (社説)「共謀罪...
26コメント


Twitterのコメント(26)

「『法案の内容を知らない』63%、『今の国会で成立させる必要はない』64%、『政府の説明は十分ではない』78%。『共謀罪』法案をめぐる世論調査だ。内閣支持層も回答状況は順に60%、56%、73%と同じ傾向」
共謀罪の審議中に朝日新聞が捏造性の高い加計学園を新聞に載せ、民進党に国会に持ち込んだんでしたね
新聞を通じて購読者に正しく伝えなかったのは朝日新聞
「「法案の内容を知らない」63%、「いまの国会で成立させる必要はない」64%、「政府の説明は十分ではない」78%」/ 国民置き去りの強行だ - 朝日新聞デジタル
正直わたしも「よくわからない」のひとり。じゃ説明不足かと問われるとそうでもない。微細な例を出せば矛盾もあるだろうが、そこはもう捜査の専門家に任せるしかない。性善説すぎるだろうか。そういや確か特定秘密法のときも同じような印象だった。
「共謀罪」なんて審議してないんだから内容知る訳ない。
民意置き去り?
反対派の支持率がすべてを物語ってるでしょ。
「そんな懸念はぬぐえず、なお多くの疑問が残されたままだ」

それが目的なので。
もし左翼政権になったら、私のような人はこれを使われてタイホされてしまうのでしょうか。
これ、人権擁護法案や外国人参政権だったら強行採決でも読者に知らせもしないくせに。民主党の時は強行採決バンバンやってもスルー。国会中継をカットなしで高齢者に見せよう。
あなたのおっしゃる国民ってどこの国民かしら? /
( ..)φ→「「法案の内容を知らない」63%、「いまの国会で成立させる必要はない」64%、「政府の説明は十分ではない」78%」【 国民置き去りの強行だ:朝日新聞デジタル】
審議30時間。法相対応能力無く担当事務方他代わる代わる対応、質疑応答意味なく制限時間。審議は尽くした、強行採決(衆院法務委員会)。
昨日の共謀罪もそうだけど、秘密保護法も安保関連法も、大臣が答弁不能になったり、答弁内容がコロコロ変わったりしても強行採決で通るってこれで何回目だろ。
こどもがあの国会を見て「民主主義はこういうこと」と思うなら、大人の責任は重いよ
成立した法律の名前すら正しく書けない恥ずかしいフェイクニュース。 →
この3党連携は極めて危うい。民意を置き去りにした強引な国会運営に、強く抗議する。
『国民置き去りは間違い。テロ集団置き去りが正しい。確かにテロ集団には少し酷な法案だ。彼らの内心は穏やかじゃないだろう。この機会に更正して欲しい。』
批判記事や反対への煽り記事だけ書いて、法案内容をきちんと書かない朝日新聞社などマスコミが悪いのでは。
(社説)「共謀罪」「法案の内容を知らない」63%、「いまの国会で成立させる必要はない」64%、「政府の説明は十分ではない」78%――。

採決
共謀罪は絶対に粉砕だ 叫びまくろう
朝日新聞さん、一応建前の反対はするのですね。
でも、これ以上は話題にしない。
新聞は民意があるように報道をするが、実際は100%政府の味方です。
→そういう政権を成立させているのは「国民の多数」であることを忘れるな!間接的にはこの政権を成立させた国民の責任と言える。
世論が朝日に同調しないので毎日必死(笑)
世論の過半数が望み、与野党が賛成して法案が委員会で通っただけ。
強いて問題をあげれば、民共社自が審議妨害してきた事。政治へのテロ。
 国民置き去りの強行だ:朝日新聞
これさあ。
きっと、「法案の内容を知っている」ってひとの中のかなりが
「居酒屋で冗談を言っただけで逮捕される!」とか言っちゃってそうなとこw
「法案の内容を知らない」63%、「いまの国会で成立させる必要はない」64%、「政府の説明は十分ではない」78%――。
国民置き去りの強行だ:朝日新聞

うん、朝日新聞読んでる方から「お前、この法律は組織犯罪の法律て言ってたけど、法案のどこにそんな事書いてあるんだ」って言われた事あるよ。
法案の正式名称知ってたら笑えるでしょ?
もう、どうでもいいです、どうぞ、この国を好きに破壊して下さい。
あなたは、人の苦しみや悲しみや慈愛の心を理解できないので。
どうか、安倍晋三本人と、これを選んでしまった日本国民に天罰を!!!!

「共謀罪」採決 国民置き去りの強行だ
「国民の声に耳を傾け、施策の必要性を説明し、不安の解消に努める。政治に求められるこうした責務を投げ出し、数の力で主張を押し通す政権の体質が、ここでもあらわになった」…「共謀罪」強行採決に抗議する朝日社説です。
以上

記事本文: (社説)「共謀罪」採決 国民置き去りの強行だ:朝日新聞デジタル

関連記事

37コメント 2017-05-24 08:15 - www.tokyo-np.co.jp

プライバシー権に関する国連特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏が公開書簡で、「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案に懸念を示したことを巡り、日本政府が火消しに懸命になっている。法案の問題点の核心を突かれ、国会審議に影響が出かねないからだ。ただ、懸念を払拭(ふっしょく)するために丁寧に説明するというよりも、「国連の立場を反映するものではない」(菅義偉(すがよしひで)官房長官...[続きを読む

画像で見る主要ニュース