TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > ロシアのソユーズ...

ロシアのソユーズ、打ち上げ失敗 宇宙飛行士2人は無事:朝日新聞デジタル

29コメント 登録日時:2018-10-11 19:39 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で11日午前、ロシア人と米国人の男性宇宙飛行士2人を乗せたソユーズ宇宙船が打ち上げられたが、2段目のエンジンが正常に点火できず、打ち上げに失敗した。ノーボスチ通信な…...

Twitterのコメント(29)

確立された技術であっても劣化することがあるという事例だ。日本の製造業で頻発している検査偽装もその一つかもしれない。#立憲ボイス>
相当な金額を無駄にしたことになるね。これからも続けられるかな?

宇宙飛行士が無事なのは不幸中の幸いだった。ロシアの宇宙開発といえば、経験値が多く技術的にも安定しているイメージがあるけど、近年はトラブルが多いとの事。
露ソユーズ、打ち上げ失敗 

’67年から使われている信頼性の高い宇宙船◆約140回の有人飛行を実施◆死亡事故は67年の1号と71年の11号の2回◆0年代以降、ロケット側の失敗が増加◆単純ミスが原因のことも多く技術継承が進んでない背景が指摘されている。
日本のH2A🇯🇵も凄いが、打ち上げ失敗の際に脱出出来るロケットも凄いな😳
緊急脱出システムがきちんと作動した点は、ロシアってすごいよね。
(・ω・)
ロシア?ソ連?にもスペースシャトル計画が有ったと思うけど、結局ロケットの方が安価なのか?>
おやすみなさい〰🎶

ソユーズ失敗も無事二人地球に

日米協力の元大変良い事ですね

🌏🌎🎼
宇宙飛行士の前澤友作さん(42)と剛力彩芽さん(26)は無事
うそっ…ソユーズ打ち上げ失敗!
まぢか。。緊急システムがちゃんと作動したのは本当良かった。使われることになるなんてな。
いやこの失敗は衝撃だ。
ソユーズは正常に打ち上がって当たり前なんだけど。困ったもんだ。宇宙ステーションに行く手段が無くなっちゃった。しかし非常システムが自動で起動したのは流石だ。
「枯れた技術は信頼出来る」の代名詞ともいえるソユーズでも、こういうことがあるわけだ。カプセルで脱出できたわけだから、スペースシャトルより「優れている」とも言えるが...。

 宇宙飛行士2人は無事(朝日)
収容違反だろこれ
まだまだ、、難しいですよねぇ。
個人的には、お金もらっても月とか行きたくないです。
技術継承が進んでないのが原因なんじゃないかな。「なんで動いているか知らないが世に出てて動いているからそのままにしてる」ってのは製造業ではよく聞く話。
宇宙飛行士2人は無事(朝日新聞デジタル)

ソユーズの打ち上げ失敗は最近もいくつかあったが、有人での打ち上げ失敗は47年ぶりだとさ。乗組員は無事な模様。
セルゲイ・コロリョフの情熱は今もなお宇宙にヒトを運んでいる。
乗組員の無事には安堵するが、ISSの運用等今後の課題は残る
今後の調査でわかる原因次第では #国際宇宙ステーション に滞在する #宇宙飛行士 の交代時期のずれ込みなど様々な計画に影響する可能性もあります。

ロシアの #ソユーズ 、打ち上げ失敗
よかった〜〜(*´Д`*)
鉄壁の信頼性を誇ったソユーズFGもヒューマンエラー続出。水素燃料だったら爆発だろうな。ケロシンで宇宙に行けるソユーズは今でも唯一の実用に耐える有人ロケット。  宇宙飛行士2人は無事
とにかく無事で良かった
技術継承かぁ……。日本の製造業もだなぁ。あらゆる分野で人材育成と技術継承は大事なんだけど、ナマモノなんだなぁ。(20:12)
よかった!

露助怖いな!
2人が無事でよかったですね🚀
失敗しても爆発せずに無事に戻れるのは技術が優れているのか運が良かったのか、どっちなんだろう→
緊急着陸用のパラシュートで着陸

まだ大気圏内でよかったね。
以上

記事本文: ロシアのソユーズ、打ち上げ失敗 宇宙飛行士2人は無事:朝日新聞デジタル

関連記事