TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 自然エネ、米国で...

自然エネ、米国で革命的急拡大 日本は拠点流出の懸念も:朝日新聞デジタル

13コメント 登録日時:2018-11-06 13:42 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 米国で風力発電と太陽光発電が大きくシェアを伸ばしている。公益財団法人・自然エネルギー財団(東京)で、同僚のロマン・ジスラー氏とともに米電力市場の動向を報告書にまとめた石田雅也氏に聞いた。 ――米国で…...

Twitterのコメント(13)

風力発電設備(17年、累計)は8908万キロワットで10年から倍増、太陽光発電(同)は5104万キロワットで25倍、と。→
米国で風力発電と太陽光発電が大きくシェアを伸ばしている。公益財団法人・自然エネルギー財団で、米電力市場の動向を報告書にまとめた石田雅也氏に聞いた。 →
"米国で風力発電と太陽光発電が大きくシェアを伸ばしている。公益財団法人・自然エネルギー財団(東京)で、同僚のロマン・ジスラー氏とともに米電力市場の動向を報告書にまとめた石田雅也氏に聞いた。
ここでも日本の後進国ぶりが露呈だな!!
日本ではバカな政治家がそれを潰している。
日本は拠点流出の懸念も:朝日新聞

『日本の再エネは利権と深く結びつき、各地で公害を引き起こしている。メガソーラーなどは土地の広い国にはとても敵わないし、単なる自然破壊にしか成らない。小規模再エネの世界に特化するべき。』
けせは とつ、、
拡散希望)先に朝日新聞デジタルで流した記事が本日夕刊一面トップに。筆者としてはやはり嬉しいです。→
取り残される日本。
差は益々開くばかりです。
目先の利益しか頭にない、ど近眼経営の経団連と自公維政権ではとても出来ないね…連合も有権者もど近眼なのは同じで「哲学も理念も無い」から日本は原発と無理心中で決まり!
再生可能エネルギーが最も拡大しているのは、人為的気候変動を否定している共和党が強い州。トランプ政権と化石燃料産業が邪魔をしても、この流れは止まらない。⇒  日本は拠点流出の懸念も│朝日新聞デジタル
「米国の場合、まず安価なシェールガスを使ったガス火力に対して、石炭火力や原子力が相対的に高くなりました。加えて自然エネルギーが増え、既存の火力、原子力の稼働率を下げざるを得ず、採算がさらに悪化しました」
以上

記事本文: 自然エネ、米国で革命的急拡大 日本は拠点流出の懸念も:朝日新聞デジタル

関連記事