TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 国民民主、国会対...

国民民主、国会対応は「超対決路線とる」 原口氏が宣言:朝日新聞デジタル

47コメント 登録日時:2018-09-14 23:53 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(47)

「対立より解決」路線は修正したんだね。
議院内閣制での野党としての役割を、まずはしっかり行うとの意気込みと受け止めます。野党合同ヒアリングは、①衆参委員会の準備活動、②委員会開催を蹴られたときの代替、③委員会審議の補充としての役割があります。動画や出席者名を公開し、アーカイブするといいですね。
「野党で次の内閣」共産は歓迎らしいね 笑 こんなあほみたいな話、玉木とこの党の総意なのか、民主お得意の個人プレー? 原口のおじちゃんをみていると、野党共闘に引きずり込むのに必死に見えるね。民進は岡田ー枝野の共闘路線でドボンしたのに、バカは懲りない。
玉木はどうした?党首に喋らせろよ。前の国会でこれとは真逆のことをやらかした張本人だろうか。

、国会対応は「超対決路線とる」
悪政? ならその政権を支持する有権者は悪人か?
雑魚は言葉を選んだ方がえーぞ!
こいつアホでしょう。誰もお前には投票しないよ。
なぜ、特捜にならなかった?
何がしたいんだこの集団
本当ならいいことだけど…。党内はそれでまとまるのか?
立憲民主党との違いがないなら同じ党になったらいいのに。
@CIAWilloughby
きたよ!原口一博「国会Gメン」
原口「本気の野党共闘だ。(安倍政権の)悪政に対して全面対決していく。超対決路線をとる」と語った。この場には共産党も出席していたが、政権追及の場となってきた野党合同ヒアリングを発展させ、野党で「次の内閣」を作ることも提案した。」
結局、どっち路線なのよ。
対決より解決とか間の抜けた事を言って第二維新になるのか、対決路線で一致するのか。
国民民主党の人、みんなそれぞれ言ってることが違うんですけど。
原口氏はそういうイメージだな。参院選前の改憲発議も無理じゃないかな
党総裁選2018」
 『原口氏は会談冒頭のあいさつで、「本気の野党共闘だ。(安倍政権の)悪政に対して全面対決していく。超対決路線をとる」と語った。』えらい変わったなw
原口さん、この言葉忘れないよ。国会対応は「超対決路線とる」!! 国会外ではどうするとは聞くまい。
超対決路線、期待しています。野党でまとまって、安倍政権を退陣に追い込んでください。
何も学んでいないのね( ̄^ ̄)
国民民主党の方針転換、個人的には大歓迎です。

先の国会では、附帯決議が間違っていたのではなく、対決しないまま妥協してしまったのが不味かったと思うからです。
次の内閣とか妄想垂れ流しているのを見ていると、毎度オウム真理教を思い出してしまう。

てか、正直キモチワルイ。
何でも反対の抵抗野党になるということの事実上の宣言だと捉えていいでしょうね。野党共闘と反安倍政権だけが目的かしています。これでは、野党の仕事をしているとは、とても言い難いです。
そうではないかと思ってはいたけど、本当のアホ!対決することが自己目的ですね。
Gメンって、また探偵ごっこ?、検察ごっこ?
この人が言っても、党はどうなのよ?

特に参議院国民民主党
チンチキばっかりだ、安倍政権は!! ( ̄^ ̄)

特に検察が全くダメだwwww
人権侵害で悪名高き【特高警察】みたいな感じ!!!!( ̄^ ̄)
だからダメだw
超対決路線だそうだ。
原口国対がどうなるか結構楽しみ。
「現実路線」という言葉で、中途半端な対応を取ることが一番いけないことをわかっていらっしゃる原口さんらしいお言葉ですね。大いに期待しています。
国民民主党の原口一博国会対策委員長は14日、今後の国会対応について、「超対決路線」と述べ、安倍政権を厳しく追及する方針を示した。国対委員長に就任してから初めて臨んだ野党6党・会派の国対委員長会談の場で宣言した。
それ以外にやれることないもんな:
対決を超えて、協力するんです🤝ね。
こいつはどこまで行ってもうっすいペラッペラだな。
は多様な価値観を包摂する改革政党。右か左か保守か革新かで分裂していたのでは悪政を糺せない。
改革勢力は格差是正、公正公平な社会の実現の為に互いを尊重し力を合わせるべきだ。
他にやることはないのかしらねぇ?笑
枝のんに続いて原口氏も旗幟鮮明路線に。少しずつ「オール日本」になりつつある。
はいはい
でもなんだか
#国民民主党 も
#原口 も信用できんのだよな、もう。
さあて、ゴミンス!時代の悪評を、覆せるか?
果たして党の総意なのでしょうか。
「超対決路線」と聞くと、対決路線を超えて安倍政権を手を結ぶと聞こえるのですが。
「原口氏は会談冒頭のあいさつで、「本気の野党共闘だ。(安倍政権の)悪政に対して全面対決していく。超対決路線をとる」と語った。この場には共産党も出席していたが、政権追及の場となってきた野党合同ヒアリングを発展させ、野党で「次の内閣」を作ることも提案した」
・本気の野党共闘で安倍政権の悪政に対して全面対決。
・この場には共産党も出席していたが、政権追及の場となってきた野党合同ヒアリングを発展させ、野党で「次の内閣」を作ることも提案した。
共産党も含む野党で「次の内閣」。
いいね原口さん。@kharaguchi
安倍政権に厳しく対峙すると発言したことがニュースになるって。それほどまでに の立ち位置が不安定過ぎるということ。
でもまあいい。
本気で野党共闘するなら、応援する。
超対決=打倒路線と信じたい。安倍政権は「憲法違反内閣」なのだから、そもそも対決相手と呼ぶのがおかしい。野党として打倒あるのみの存在だ。打倒後は総選挙がなければ自民党の誰かが新総理となるが、とにかく安倍総理だけは一刻も早く退陣させなければならない。
"本気の野党共闘だ。悪政に対して全面対決していく。超対決路線をとる"

"この場には共産党も出席していたが、政権追及の場となってきた野党合同ヒアリングを発展させ、野党で「次の内閣」を作ることも提案した"

国民民主、国会対応は「超対決路線とる」
石井紘基衆院議員の名前は使わないで欲しい。
ポエマー原口の言うことだからなぁ
以上

記事本文: 国民民主、国会対応は「超対決路線とる」 原口氏が宣言:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース