TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 新種発見したが…...

新種発見したが…すでに絶滅の可能性 兵庫の小さな植物:朝日新聞デジタル

27コメント 登録日時:2018-09-14 07:05 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(27)

タヌキノショクダイってクリオネみたいなやつよねー。新種発見なのに残念だ…
とりあえずジバニャンの死体かと思った。
⇔絶滅の理由は「開発」ですか、そうですか。。。もし開発の前に新種と判明してたら、開発はストップされたのかな?…知らない間にこうやって絶滅させられている新種、ってもっとありそうだよね
発見場所は、すでに団地になってしまっているそうです。
名も無き生き物絶滅・・・>
時既にお寿司
新種発見したが...すでに絶滅の可能性
人が認識できないうちに、世界から姿を消していく種。
ちょっとせつない。
一瞬、死んだ子猫かと。
神戸 狸 の 燭台
… ってこと👀?
地球🌏には未曾有な発見が多々ありますね!
新種は無い!
言うなら未発見種!
単なる奇形の場合もある!
新種なら今からもっと見つかる筈で、絶滅などとは言え無い!
「ヒナノボンボリ」
「コウベタヌキノショクダイ」

カタカナで書かれていると競馬の馬の名前のように見える(違
変わった植物だなぁ。。
絶滅してたら残念…
タヌキノショクダイ…たぬ燭…趣深い
タヌキノショクダイ(笑)
でも新種なんて凄いね
兵庫の小さな植物(朝日新聞デジタル)

なんだか、切ないなぁ
タヌキノショクダイ事態、絶滅危惧種に指定されてるみたい。次が見つかればいいのにな。
タヌキノショクダイという言葉が面白い。
人の知らないところでこうやって種の入れ替わりがあるんやろなぁ
確か昔トリビアの泉で、猫のお陰で新種の鳥が見つかったものの、この時点で絶滅していたということがあったっけ。
しばらく虹色のネズミに見えたw
どこかに残ってるいいね。、
以上

記事本文: 新種発見したが…すでに絶滅の可能性 兵庫の小さな植物:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース