TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 偏差値主義なくな...

偏差値主義なくなる? 22年後の大学、実務家教員も増:朝日新聞デジタル

35コメント 登録日時:2018-08-10 19:57 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 2040年の大学のあり方を議論している中央教育審議会の部会が6月末、中間まとめを公表した。AI(人工知能)が進歩して社会に行き渡り、仕事でも生活でも外国人と密接な関係になっている――。そんな時代に活…...

Twitterのコメント(35)

こんな記事も。1カ月前ですね。「偏差値主義」って偏差値の意味わかってるのか?ですわね。「最先端の知識を学生に教えるため、社会での経験を積んだ「実務家教員」が増え」だそうです。。
「だが、高等教育の役割は時代にあわせて変化する部分もあれば、普遍的な部分もある。政界や経済界の求めに応じて合理性を追求するあまり、社会の大きな課題解決につながる可能性がある学問分野を排除してしまっては、本末転倒だ。」
22年後。短いのか、長いのか。必要に応じて変化は必要。
学生は取得学位を重視。教員は実務家が増えるので学位にはこだわらなくなるというイメージなのかしら?
実現可能性低いやん
最先端の知識を実務家教員が全て担えるか?実務に関する最先端知識ならそうかもしれないが>「最先端の知識を学生に教えるため、社会での経験を積んだ『実務家教員』が増え」
節子、それ大学やない、専門学校や➡
満足度や卒業後の進路が人気の高まりを後押しし、基本的には偏差値という形になると思っているのですが……。
大学がここに書かれている通りになったら、その後に大学は滅ぶんじゃないかな。>
有料記事だが無料部分を読んだだけであとを読む価値はなさそう。
この通りになるなら、けっこうよいと思う。地方の学生が無理して借金して東京にくる必要なくなるし
実務家教員って、たとえばホリエモンとか?
どうでもいいことなんだが、入学式の写真、既にリクルートスーツに身を包んで就活しているように見えた。みてるかも: -
こんな大学に未来はない。学位システムはいいけど。でも実務家教員を増やすのはね。I氏とか冠番組でわからない点があっても自分で聞かずスタッフを介して私に聞いた。どの口が学びについてとか講釈を垂れるんかなと思った。
偏差値主義なくなる? 22年後の大学、実務家教員も増:朝日新聞デジタル 2040年の大学のあり方を議論している中央教育審議会の部会が6月末、中間まとめを公表
わりとぞっとする未来。私のいた学科では、わりと実務家の先生の授業があったけれど、かなり目につまらなかったぞ。 /
海外がオンラインでOKなら国内だってOKだろ?

>就職を目指す留学生が大勢、日本の大学で学び、海外にいたままオンラインで受講する学生も多い。
教員のタイプや働き方も大きく変わる。最先端の知識を学生に教えるため、社会での経験を積んだ「実務家教員」が増え、
(;・∀・)ダダイジョウブ・・・?


増谷文生2018年8月10日19時30分
最先端の知識を学生に教えるため社会経験を積んだ実務家教員が増えるという。そんなすごい人は企業が手放さないだろうしそもそも大学に来ないで最初から企業に行って最先端の知識とやらを学べばいい。最先端の知識の前に古典的な知識ベースを身につけるべきじゃないかなぁ。
> 最先端の知識を教えるため社会で経験を積んだ「実務家教員」
???
絵に描いた餅のようなこと書いてあるけど,22年後はノーベル賞とれるような学者は日本の大学にいるのか?:
「最先端の知識を学生に教えるため、社会での経験を積んだ「実務家教員」が増え‥」
🤔🤔🤔
教育ネタ

>リカレント教育、社会人学生が増える
20年ぐらい前から同じこと言ってるよね…

>「実務家教員」が増え
増えてるけど、人様に系統だって教えられるレベルの人材って多くないよ
自分を含むゆとりのフワフワ世代には向いてるかもしれないけど、個性重視になろうとしてるのになぜ逆を行くの?笑米国のようにGPA重視にすれば偏差値格差もなくなって皆頑張るようになる

22年後、
「有識者らが描いた未来の大学の姿とは」。
「偏差値主義」は受験生側(高校予備校)の態度の問題だから、これまでと同じくよく調べて選ぶ生徒がいる一方で、ランクで進路を選ぶ生徒はいなくならない。それに「最先端の知識を学生に教えるため、社会での経験を積んだ実務家教員」は支離滅裂。これが「22年後」…?
「最先端の知識」ってそもそも何だよ?先っぽ?→
馬鹿だねー。文系馬鹿の典型。実験設備や装置が限られる理系のことは全く考えてないね。文系馬鹿の妄想。
学力とかも重要なんですけどね…いけないところにはいけないので。いけないところに行くようにするのも勉強だけど。
諸悪の根源は、物差しを貧相な一本にしたこと。その意味で、偏差値主義が無くなるのは良いことだ。でも、これじゃあぁなぁ、産業界の代弁者の域を出ていないだろう?:
実務家教員なんて何の役に立つのだ?大学は深く学問を学ぶところ。実務を学びたい人は専門学校へ行け。誰だこのクソ記事を書いた記者は?ひょっとして最後の方に本音を少し入れたのか? /
"複数の大学で専任教員として教える「クロスアポイントメント制度」も浸透"
"創造力や実行力などを測るテストや、成長実感などを尋ねるアンケートなどを通して、学修成果を把握。教育力をアピール"
ディストピア臭がが
もう、国(文科省)は大学に口を出すな! 大学設置基準だけで十分だ。
中教審の中間報告。この姿が22年後とは遅すぎる。アメリカではほとんどが25年前からある。年齢に関係なく学べる仕組みや風土、働くひとたちの国際化なんかは、やりたい企業はすぐにでもできるよう着手しないと、日本経済の競争力は危機におちいる
今「圧迫面接」とかやってる連中が順当に人事の役員になったり、無策の連中がトップに立ったりしてる未来にこんな絵空事があるかい。私には関係ないけどね。
以上

記事本文: 偏差値主義なくなる? 22年後の大学、実務家教員も増:朝日新聞デジタル

関連記事