TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 福島第二原発「廃...

福島第二原発「廃炉の方向で具体的に検討」 東電社長:朝日新聞デジタル

21コメント 登録日時:2018-06-14 10:46 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(21)

福島県では第一原発の原子炉6基すべての廃炉が決まっており、第二原発の4基が廃炉となれば県内から原発がなくなることになる。
福島は廃炉でもうける、新潟で全機フル再稼働
ホクホク原発
福島第二原発、廃炉に向けて動き出す


やっと進んだか
福島第二だけ廃炉にする話じゃない!
柏崎刈羽や東電管轄は、全再稼働停止、全廃炉しかありえないし!
東電に原発稼働させる資格はないよ。#クロス
何を今更の感があります。国土を荒廃させ福島の人達を棄民にしたのは東電の原発事故です。反省が全くありません、廃炉は当然です。
遅すぎる決断はそれがないよりはいい。
廃炉は無理でしょ。石桶するしかないのでは?
下手にいじると中身飛び出るよね。というかメルトアウトでもう中身飛び出てるよね。
これで早く廃炉が進むと良いな!
まだ具体的な検討に入る段階か。ずいぶん時間掛けているな。主導権はあくまで東電の掌中にあると?
当然だが、一歩前進だ
福島第一が汚染水タンクだらけで場所がないので、第二を廃棄物置き場にするつもりだろう。  東電社長
福島第二原発はすべてが運転開始から30年を超え、原則の運転期限である40年に近づいていた。原発を震災前の状態に戻すだけで1400億円程度かかる見通しで、再稼働に向けて新規制基準に対応するには、数千億円規模の追加投資が必要だった
急な展開に思えて驚いています。だが、当然の流れではないでしょうか。
素直に喜べない。何か裏がありそう。
今更なにゆーてんだ
東京電力の小早川智明社長は14日、福島県庁で内堀雅雄知事と面会し、福島第二原発について、「廃炉の方向で具体的な検討に入りたい」と述べた。
そうだろうな、と思うけれど。社長が表明するのは初。
古いから妥当な判断。
第1原発と同じ形式で、電源喪失に直面するもメルトダウンを防いだ歴史的功績は長く後世に伝えたいです。

・今すぐ廃炉!

【 東電社長:朝日新聞デジタル】
東電がやっと廃炉を明言したのか。👉
速報です。これで福島の原発はすべて廃炉になるということか。
以上

記事本文: 福島第二原発「廃炉の方向で具体的に検討」 東電社長:朝日新聞デジタル

関連記事

96コメント 2014-05-31 12:19 - www.huffingtonpost.jp

画像で見る主要ニュース