TOP > スポーツ > 朝日新聞デジタル > 元選手の記者が抱...

元選手の記者が抱いた違和感 反則時の日大ベンチの視線 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

30コメント 登録日時:2018-05-17 05:17 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(30)

「チームの士気を下げかねない悪質な反則行為をした選手は、すぐベンチに下げられる。だが、日大は動かなかった。」
なんで名前出さへんの?
それがまず違和感や⇒
朝日にも良い記者がいるじゃないか。見直したよ。そういう選手目線で考える事ができるってのは貴重だよ。もっと掘ってくれ。組織的な闇を暴いてくれ。期待してます。
あまり関心がなかったのだが、映像をみてこれは酷いと絶句。これではスポーツが成立しない。背骨や腰に再起不能の障害がでておかしくないレベル。監督の指示だったという証言がでているようだ。本当なら、スポーツ界から追放あるのみ。
ラフプレーはダメだね。フェアに行かなきゃ…
ってか監督、レフリーの問題でしょ?
どうにでも対応できるでしょうに。
選手としても有名だった先輩記者のコラム。
レスリングのパワハラ問題と同じような構図を感じる。社会のあちこちにこういう手法が蔓延しているんだ。/
わざとなんてレベルじゃない。あからさまな危険プレー
こんなん追放処分ものですよ。
日大アメフト選手による反則行為。関学大の元選手だった記者が書いたコラムです。着目したのは、「反則時の日大ベンチの視線」です。
素人目でも露骨さが判る…
朝日新聞は関学の榊原、大西、京大の篠原と元選手が多いので対マスコミは要注意。NHKのニューストップで扱われるようになった今では手遅れか。
審判は「不必要な乱暴行為」の反則を取った。本来なら、チームの士気を下げかねない悪質な反則行為をした選手は、すぐベンチに下げられる。だが、日大は動かなかった。
これはなんぼなんでも酷すぎだろ。怪我にはならなかったけれど、鹿島戦、鹿島西がうちの武藤選手にやった背中膝蹴りも同じくらい酷いプレーだろって思う。
「違和感」という最近のマスコミ用語では、疑問や不信を示す(言い換える)が、やはり忖度用語なのか記事を弱めている、というのが個人的印象だ。その用法には「いいわ感」はない⇒ 反則時の日大ベンチの視線:
スポーツ担当記者の記事。大学時代は実際に選手として活躍していた人なので、今回の日大の悪質タックル問題の参考になると思う。
これはヒドイ。まるで良識を失っている。大学生ってそんなに愚かなのか?これで大怪我大学責任取れんの?監督とか?その覚悟持ってんの?舐めてない?同じことしてやればいいのに監督に。
"守備選手はさらに3プレー目、5プレー目にも反則行為を続けて資格没収(退場)に。関東学生連盟は9日の理事会で、守備選手は対外試合の出場禁止処分、内田正人監督には指導者責任を問い、厳重注意処分とした。
廃部もしくは、出場停止 一年は必要。組織的な腐敗臭が。
慰安婦報道には違和感があります
関学大の元スター選手の記者による分析。冷静な筆致ですが、静かな怒りも伝わります。新聞記者にはアメフト経験者が多い。競技の根幹に関わる問題というのは、共通認識でしょう
退場した選手が、涙を流していたのはなぜか。写真があったとは。→
「ルールを逸脱した悪質プレーによって野蛮なスポーツとのレッテルは広がるばかりだ。この問題を取り上げるのは、私が関学大の元選手だからではない。記者としてアメフトの危機だと感じるからだ」 /
末端一人に全責任をなすりつけ、トップを温存する。企業や役所にもみられる、軍隊の残骸。
悪質なファウルをした選手、まともなチームならすぐにベンチに下げますよね…
この人は関学出身の元選手だそうですが、どこの大学であれアメフト経験者なら等しく怒っている、はず・・・。>
ここまで成り下がったか。
アメフトの名門対決で日大の選手が行った悪質なタックルに、監督の指示は本当になかったのでしょうか。競技経験を持つ記者は、映像で見たベンチの動きにある違和感を覚えました。
目は口ほどに。。。手の榊原記者の指摘はうなずけます →
元選手の記者が抱いた疑義 反則時の日大ベンチの視線に:朝日新聞デジタル

有料記事なので読める方だけ
以上

記事本文: 元選手の記者が抱いた違和感 反則時の日大ベンチの視線 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース