TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 酸素、宇宙誕生初...

酸素、宇宙誕生初期に存在 132億光年先の銀河で発見:朝日新聞デジタル

12コメント 登録日時:2018-05-17 03:10 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 地球から132・8億光年かなたにある銀河で酸素を見つけたと、大阪産業大や国立天文台などの国際チームが16日、発表した。南米・チリにある電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」を使った観測で突き止めた。酸素の存在は…...

Twitterのコメント(12)

>宇宙誕生から5億年余り後の時期には、すでに酸素が存在していた
一桁億年で済んで良かった(何が?)。
宇宙誕生とか聞くとスケールが凄過ぎてほわぁあ…ってなる。凄いなあと思う(子供よりひどい感想😂)
この時期で、しかも検出できるレベルというのは本当なのか?  132億年離れた銀河で発見
興味深いね。>
すげー!
😳😳😳
このニュース、きっと世界中で「おぉ(Oo)ー!」っと驚かれるに違いないと思う。

 132億年離れた銀河で発見
宇宙誕生5億年余り後には、酸素がすでに存在していた、、、138億年前に誕生した宇宙は、誕生2億年後には活発な星の形成が始まっていたことになる、、、:
♪何億光年輝く星にも酸素があると教えてくれたのはあなたでした。。。(*´∀`)♪> 132億年離れた銀河で発見(朝日新聞デジタル)
その辺の人とおしゃべりするときに「遠くの宇宙の酸素を調べてます」とか言うことがあるんだけど、通りがよくなるかしら。みてるかも: -
発見によって、今の人類になにを貢献するのでしょうか。
すご! 👉 "酸素が出す特定の波長の光" "宇宙誕生から5億年余り後の時期には、すでに酸素が存在"
以上

記事本文: 酸素、宇宙誕生初期に存在 132億光年先の銀河で発見:朝日新聞デジタル

関連記事