TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 老いた細胞、若い...

老いた細胞、若いマウス移植後「若返り」 東大など研究:朝日新聞デジタル

17コメント 登録日時:2018-04-15 19:29 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(17)

これを「若返り」と称するのか
おっ!不老も夢じゃない(笑)
これ興味津々、でもまだマウスの段階だから人への影響は不明だよ!!
リンパ球への分化だけか〜
全身の若返り早く。
あたりまえだけど、『若返り』って、年齢じゃないくて機能のこと /
元論文、そのうち読むφ(.. )
あれは何年前だっただろう?
「永久に美しく」っていう映画ありましたね。
そのうち死なない世界が来るのかね /
1回目でなく2回目の移植で能力を持った理由は解明されておらず、今後の課題という。
細胞レベルのアンチエイジング

加齢によって白血球の一種になる能力を失った血液のもとになる細胞を、若いマウスに移植すると、その能力を取り戻した|
人口ピラミッドを見ても、
長生きする為の研究は
もういいと思う。

人類は自分の首を絞めるだけ。
黒の組織が手に入れようとしていたものが20年後ほんとに起きようとしている
人間どこにいこうとしてるんだろ。
自然の摂理に逆らうことは神への冒涜だ!
あぁ、、それね。東大研究員さん、私で人体実験してみませんか?
以上

記事本文: 老いた細胞、若いマウス移植後「若返り」 東大など研究:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース