TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 高梨、4年間も見...

高梨、4年間も見続けた悪夢 自分と向き合い手にした銅 - 2018平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)- 五輪特集:朝日新聞デジタル

12コメント 登録日時:2018-02-12 21:45 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 涙が止まらなかった。高梨沙羅(クラレ)は滑り終えると、仲間に抱き寄せられた。「ほっとした。金メダルは取れなかったけれど、最後の最後に、渾身(こんしん)の、ここに来て一番いいジャンプができた」。銅メダ…...

Twitterのコメント(12)

おめでとう❣️
久しぶりに笑顔が見れて🤗
良かった!良かった!
^_^話をまあh4○7)]))^_^むもわ。あくびてニチアサ
やったね!!! おめでとう!!!!
おめでとうございます!!!

 自分と向き合い手にした銅 - 2018平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)- 五輪特集:朝日新聞デジタル
自分と向き合い手にした銅
高梨、4年間も見続けた悪夢 銅メダルは心の成長の証し -朝日新聞
銅メダルは心の成長の証し
銅メダルは心の成長の証し:朝日新聞デジタル
高梨沙羅選手 おめでとう🎉 4年前の屈辱晴らした。

高梨沙羅、4年間も見続けた悪夢 たどりついた境地:朝日新聞デジタル
スキージャンプの高梨沙羅選手が見続けた夢があります。メダルを逃した、4年前のソチ五輪のジャンプ。心の余裕をどうもつか。克服するために、芸人さんまで「観察」したそうです。
高梨選手、まもなく登場です。
以上

記事本文: 高梨、4年間も見続けた悪夢 自分と向き合い手にした銅 - 2018平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)- 五輪特集:朝日新聞デジタル

関連記事