TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 異国の男を買い妊...

異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの日本人:朝日新聞デジタル

41コメント 登録日時:2017-11-15 00:39 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(41)

異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの日本人
「なぜ海を渡ってまで、コールセンターで働くのか。開高健ノンフィクション賞を受賞した作家の水谷竹秀さん(42)は、5年ほどかけて取材。『だから、居場所が欲しかった。』(集英社)に」
職業イメージ悪くなる
日本社会って病んでいるんだな。➡︎
孕むか孕ませるかの違いだけで、やってる事は我々買春オヤジも大して変わらない(笑)
タイニキ……
《そもそも、日本社会に順応する必要があるのか》《日本で生きていくことが苦しいのであれば、無理に留まる必要はない》/
買春するのは、男性だけでは、ない。
読んでみよう →
『だから、居場所が欲しかった。』(水谷竹秀・集英社)
駐在年収1000万の半分て月13万バーツとかだと思うが、バンコク現地採用で働いてる人でそんなもらってる人そもそもいなそう。今時違うのかなあ
教育に直接関係はありませんが、《心の優しい人間は、日本社会で生き続けるといつかは壊れてしまう。逆に壊れない方がおかしい。それほどまでに日本社会は病んでいるように私にも見える》この言葉には思わされるところがある。
マジ男も買えるからなあの国
英単語内のtwiをどうカナ表記するかは古来日本人の悩みつづけてきたところ。ツイッギーかトゥイッギーか。トゥイッターかツイッターか。トゥワイライトかトワイライトか。
異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの日本人 "フリーペーパー…「男を買う日本人女性」の特集…すると男性読者からは「日本人の品格を落とす」…編集長は…《…自分だって…行っているくせに、奥さんには貞淑でいてほしい…勝手…》"
「経験ゼロ、語学ゼロから海外でチャレンジできる環境」。こんな条件でもタイでは就労ビザが下りるのだろうか:異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの日本人
記事中のタイに移住した人たちの気持ち、同世代としてすごくわかるなあ。→
本を読もうかな /
日本でも女が男を気軽に買えると良さそう /
《心の優しい人間は、日本社会で生き続けるといつかは壊れてしまう。逆に壊れない方がおかしい。それほどまでに日本社会は病んでいるように私にも見える》
異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの日本人:×朝日新聞
デジタル
"ゴーゴーボーイにはまった夫を持つ女性" 夫がゴーゴーボーイにハマったら大変だなと思ったら「ゴーゴーボーイにはまった既婚女性」って意味だった。 /
@donmotton シンプルな世界観をお持ちのようですが、男女を逆にした様な新聞記事がありましたので、紹介しておきますね。
「日本は嫉妬の社会。だから転落する、失敗する人を笑う」
「心の優しい人間は、日本社会で生き続けるといつかは壊れてしまう」
20年前もバリに一年に3ヶ月ぐらい行って現地の若い男(ビーチボーイとかなんとか)買って一緒に住んで朝から晩まで世話させる日本のOL流行ったよな。男も女も金持つと異性を買うんだよ / "異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンター…"
今日のヒリヒリ >
「実は私、今、妊娠しているんです」/避妊しろよあほじゃねーのとしか /
"恋愛や結婚のあり方も、ある種の王道が日本社会にしみついているのだと思います。そこから外れると、とたんに居場所がなくなってしまう" /
タイで少女売春婦を買う男の場合、ここまで買春者に寄り添うだろうか?安月給で男娼を買う底辺コールセンター女性が避妊の知識もなく淫売の子を妊娠してしまうのは、危機感のなさに苛立ってしまう / "異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセ…"
こういうの明日は我が身って感覚なんだよなぁ。いつも生きてて不安。
タイは日本と違って緊急避妊薬ノルレボが市販化されてるのに知らなかったんだろな……。まあ女が男を買うことが悪いとは思わんし、日本でも買えるようにしたらいいよ。タイはいいとこよ。 / "異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの…"
男娼か、男の客もいそうだな ‐
なかなか深い話 /
男の売りがタイにあるのね(*´◒`*)
大学院を中退後、職業を転々としました。今の日本社会は生きにくいと感じました。
コールセンターはツライですよ。
「買春を非難するのは貞淑の押し付けだ」という主張が朝日新聞に載っていた /
《心の優しい人間は、日本社会で生き続けるといつかは壊れてしまう。逆に壊れない方がおかしい。それほどまでに日本社会は病んでいるように私にも見える》
日本社会は生きにくい。確かに・・・
タイに行き着くのもわかる。
《心の優しい人間は、日本社会で生き続けるといつかは壊れてしまう。逆に壊れない方がおかしい。》《そもそも、日本社会に順応する必要があるのか》(「エピローグ」から)
異国の男を買い、妊娠した女性もいました。ノンフィクション作家の水谷竹秀さんは、タイのコールセンターで働く日本人たちが、「日本社会のきしみを投影している気がする」といいます。
朝日新聞と毎日新聞の記者がいたりして‼
以上

記事本文: 異国の男を買い妊娠まで…タイのコールセンターの日本人:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース