TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > ノーベル化学賞候...

ノーベル化学賞候補に日本人研究者 米の学術情報会社:朝日新聞デジタル

11コメント 登録日時:2017-09-20 21:18 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(11)

また今年もノーベル賞の季節がやってきますね。
トムソン・ロイターじゃなくてそこから独立したところの予想/候補に日本人がいること自体は毎年のお話
「クラリベイト社は昨年10月、トムソン・ロイターから独立した」という部分が、個人的にはニュースでした→
米の学術情報会社。新型太陽電池として期待される「ペロブスカイト太陽電池」を研究する、宮坂力(つとむ)・桐蔭横浜大学特任教授(64)。
『特殊な結晶構造の一種「ペロブスカイト」が太陽電池として使えることを発見し、2009年に報告した。』
全くの勘ですが、この記事を読む限りこの方のノーベル賞はないと思う。中村修二さんの青色発光ダイオードもそうですが、工学系が絡んだものは実用化後何年のレベルでは。
宮坂さんー!!!!!!!!!
おや、今年も受賞者出ますかねー。
理科離れがどうのと言われる昨今、理系の分野も頑張ってますよね。
ちなみに何でパナソニックの以前の記事引っ張り出してきたかってのは、この記事を他の方のツイートで見たからです。

検索したらアレがでてきたので、他に他意はないです。
今年は2日からノーベル賞の発表が医学生理学賞を皮切りに始まります。
日本人では化学賞候補に、新型太陽電池として期待される「ペロブスカイト太陽電池」を研究する、宮坂力(つとむ)・桐蔭横浜大学特任教授(64)を選んだ。
以上

記事本文: ノーベル化学賞候補に日本人研究者 米の学術情報会社:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース