TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 「長崎の11時2...
37コメント


Twitterのコメント(37)

横浜の4番、増田君のこのエピソードは知らんかった。知って応援したかったな。

「この日の長崎の11時2分はとても長い。1分間目を閉じて、サイレンがずっと聞こえた」
もっともっと、甲子園で姿が見たかったです。。これからもきっと応援します!
毎年8月9日には学校で黙禱を捧げた。「この日の長崎の11時2分はとても長い。1分間目を閉じて、サイレンがずっと聞こえた」だが、横浜に進学し、チームメートに誕生日を問うと「8月9日、野球の日だよ」「え、長崎の原爆の日って知らないのか」
固有代名詞をカタカナで書く差別は止めませんか?
代弁できるなんて思わないけれど、"伝えられる人が伝えなければ"という高校生の声が刺さるほどには、私も発信者としての意志があるのです。
横浜高校の4番打者が淵中出身と聞いて。
「長崎の11時2分はとても長い」

ところで明日って実質8強の組み合わせの日…?
"横浜に進学すると、周りは違った。ある日、チームメートに誕生日を問うと、「8月9日、野球の日だよ」。「え、長崎の原爆の日って知らないのか」と驚いた。"
この子、淵中出身らしい!
ロッテファンということでロッテファン界で有名な増田くん、長崎出身だからな…
こんな若い子でもきちんと語り継がれているのは良いこと、しっかりと忘れないようにしたいですね
うん。
長崎では当たり前。
隣の佐賀は当たり前ではなかった。
でもそれが何か悪いわけではない。
知らなかったことを責める必要もない。
長崎に生まれたものとして。
祈りのナガサキを誇り、祈ること。伝えること。
かっけーなもしプロ行ったとしてもアナウンサーとは結婚しないでね
今の子ども達が太平洋戦争、原子爆弾投下、沖縄の地上戦、アジア各国での戦闘について、知らないのは今の大人の責任。
そうそう。横浜高校4番で、県内だけでなく今大会注目の強打者・増田くんは長崎の中学から横浜に来た子なんだよね。
横浜ベイスターズに入団しておくれ
小説だ……
東京に出てきて痛感する感覚の違い
がんばれ。>
ドラフト1位指名確実と言われるほどプロ野球界注目のスラッガー、横浜高校増田珠くんが語った長崎原爆の日。
とても良い記事。
たしかに。長崎県内に住んでる時は当たり前のように8月9日11時2分を意識してたのに、県外に出たらいつの間にか忘れてしまっていて、そんな自分にちょっとショックだった→
増田君は、人間的にも素晴らしいですね。
チームリーダーの素質も有りそうだし、今後日本を代表する人になりそう。
各球団は、絶対欲しい選手だと思います。

 横浜高の4番打者(朝日新聞デジタル)
【#原爆】長崎出身で、戦争や原爆の被害は「生活の中で勝手に知っていくもの」だった。  #高校野球 #長崎
波佐見初戦敗退残念ですけど、増田選手を応援ですね。
ちなみに出身小〜中学は福山雅治と同じ。
横浜の8/9は長崎原爆の日じぁなかった
チームメイトは野球の日と
長崎の子なのか。気にして見ておこう
僕は、47都道府県制覇を目指して旅をしています。
〝当たり前〟の違い。
こういう話を真摯に聞ける様になる為に、各地ちょっとずつであっても、日本を知りたい。
横浜総局の山下記者、一風変わった高校野球の記事です。横浜の強打者、増田朱君が語る原爆の日。「神奈川の11時2分はあっという間に過ぎていく」。ぜひ読んでください。
増田くんの今大会だけでなく将来の活躍をも願わずにはいられない良記事。まあ、11時2分の出来事を11時5分にアップするのはご愛嬌。
増田くんはレベル高いな
高校生とは思えない
----
被爆者も高齢化が進む今「伝えられる人間が伝えないと」。横浜に来て、そんな意識が強まっている。だがなによりも「今でも被爆した人がいる。そういう人に元気を与えられるよう頑張っていきたい」。故郷の思いも背負い、夢を目指す。
長崎原爆の日。原爆投下に、被爆者に思いをはせる全国屈指の強打者。「今、野球ができることに幸せを感じています」と。|
故郷を愛する素晴らしい選手
#拡散希望 #ニュース
長崎出身の横浜高の4番打者・増田珠さん(3年)は毎年8月9日、学校で黙禱を捧げてきたといい、「この日の長崎の11時2分はとても長い。1分間目を閉じて、サイレンがずっと聞こえた。伝えられる人間が伝えないと」と話します。
神奈川県民基本九州のこと知らんのが多いだけ
いや待て。いくら修辞とは言え、今年の11時2分の行動を11時5分の投稿で事実として書くのはどうよ
被爆72年を迎えた長崎を想う。
以上

記事本文: 「長崎の11時2分はとても長い」 横浜高の4番打者 - 高校野球:朝日新聞デジタル

関連記事

81コメント 2012-06-09 11:35 - www.iza.ne.jp

女性問題が原因で「無期限の登録抹消」を言い渡された埼玉西武ライオンズの涌井秀章(25)には、スキャンダル以上に気になることがある。 「太ったなァ」と感じていたファンはいただろうが、高校時代と比べると一目瞭然。一部のファンからは横綱・白鵬になぞらえ、「涌鵬」と揶揄される始末である。 その分析が興味深い。「横浜高校出身者はプロに入ると太る」というのだ。  いわれてみれば涌井だけでなく、レッドソックスの...[続きを読む

画像で見る主要ニュース