TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 言葉の意味ずらす...

言葉の意味ずらす、今の政治 批判逃れの「見事な技術」:朝日新聞デジタル

193コメント 登録日時:2017-08-01 07:42 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(193)

野矢茂樹氏発見❗️ 下記リンクの記事に興味を持ったらこの方の著書「論理トレーニング」(産業図書出版)を是非読んで欲しい。
朝日新聞の記事か。納得。自分たちの偏向報道・捏造報道も切ってもらったらどうでしょうか。
「見事な技術」というのは筆者の皮肉だろう。安倍どもの答弁は政治の基本である弁論術にも価しない、単なる詭弁と強弁、そして嘘だけなのだから。筆者の指摘通り、単なる批判逃れ★
引用:こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。
野矢先生が珍しく政治について言及している。皮肉たっぷりに。
「 批判逃れの「見事な技術」」:朝日新聞デジタル
野矢茂樹・東大教授「最近の政治…言葉の意味をずらす…言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない」|8/1朝日:
…という、身内に書かせた古典的印象操作( ̄∀ ̄)
野矢さんの本はけっこう読んでる気がするが,お顔は初めて見た.「たいへん勉強になる」なんて,ご冗談ばっかり.野矢さんの本読めば引っかからないものばかりじゃないですか.
野矢茂樹教授インタビュー
#安部語 #菅語 安部自民のスカム答弁の内実を、「正しい意味で丁寧に」解説しています。
これほんま酷いよね😓馬鹿のくせにさ
こんな手法は開発されるべきではないが、まあ的を得ているかなと。。
『哲学・航海日誌 』で、他人の痛みや他人の視る景色の問題に鋭く切り込んだ野矢茂樹の、刺激的な記事。弁解するときって、言葉の意味を厳密に考えるだろうか。意味の溶融
「言葉を大切にしない人を、信用する気にはならない。」
なるほどザ人間。
言葉の意味ずらす技術。感情論を思想論にとカテゴリーをずらす技術もあります。

今の政治
言葉の意味をずらしたのは、多重国籍と経歴詐称を追及され差別と話をすり替えた蓮舫
加計には違法性はないが蓮舫は違法
この記事は安倍政権だけが悪くて国民を騙したと印象操作
政権打倒の為、偏向報道と報道しない自由で国民を騙す朝日が一番汚い
「こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙されないためである」
良く学ばなくては。
/
保存版の記事。さすが野家さん。
(ニュースピークすさまじい)「左派は言葉を大切にする」「『フェイクニュース』を避けるために主流メディアを」 /
やり方が卑怯、卑怯者という事 誰もが辟易している。
さも質問に答えているように見せかけて、実質答えになっていないことばかり。イライラする。野党も含めてまじめに仕事してください。
大物きてた /
だが、こうしたこと(安倍政権の詭弁)を学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。
朝日新聞、毎日新聞、東京新聞が使ってるテクニックですね。論点ずらし
散々言葉狩りなどで政局を作って政治を操ってきたお前らが言うなwww金儲けの為なら売国奴にもなれるブンヤが言う話じゃねぇよwww
慰安婦の政府の強制連行から、慰安婦の動員への政府の何らかの関与、みたいに言葉の範囲を拡げてぼかしてというやり方は朝日もよくやるやろ
言葉を大切にしない人たち。 /
どれも基本的に「相手より目上」でないと行使できない詭弁なのよね。マトモに答えない権利を最大限活用した上でそう思わせない詐術 /
自己紹介かな?
当今の政権界隈にはびこるニュースピーク(新語法、Newspeak)の話/だが支持層に「見事な技術」という表現が皮肉だと伝わる気がしないので悶々とする。 /
「見事な技術」ではなく「卑劣な技術」だろう。ミイラ取りがミイラになってどうすんの。
>
言葉の意味をずらすと言うより、反転させるの方が正しいと思う。
(反転された言葉をそのまま伝えてしまうマスコミも自己批判して欲しいものだ)
おっしゃるとおりだ →
「こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙されないためである」おっ、そうだな。あれだけ検証されてても新聞/ネット内外で印象違うものねぇ /
様々な言葉を繰り出して議論を交わし、時に追及をかわす政治家たちの術。
「印象操作」「怪文書」「こんな人たち」
「だが、こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。」
騙されないよう共有しましょう。 "@nakano0316: おお。さすが野矢先生。

"
「こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙されないため…言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない」/
現政権は分析哲学にとっての最悪の敵だな。
そう、あれらを聞いていると頭に来ることばかりなのだ。問いに答えない。言い換えてはぐらかす。別の言葉で全く別の話に導く。でも許してはダメ。特にメディア。攻めろ!
NowBrowsing:  批判逃れの「見事な技術」:朝日新聞デジタル:
その言葉は印象悪いからやめろ→わかる。その言葉だと都合悪いからやめろ→わからない。真実を隠してしかし嘘はついてない言葉を使え→やめれ
東大の先生に申し訳無いが、そう言う事を全てまとめて屁理屈と云えば終わりですよ。
屁理屈、言い訳、嘘。何処にも正当性など有りませんよ。

◆こういうのを「善悪すり替え」論評と云うんだよ❗️「見事な技術」はメディアの悪意の仕掛けで疑惑、不安、怒りを作り出し追い詰めて貶める事。真摯に答えると批判逃れとすり替えるワル
朝日新聞とテレビからしか情報を得ていない情報弱者な東大教授→
ダイヤモンドを無視してしれっとしてる>
批判逃れの「見事な技術」。こうした事を学ぶのは、こんなやり方に騙されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を信用する気にならない。
「紙面」では「言葉の意味ずらす今の政治」「自分を正当化 その場しのぎ 批判逃れ」。 /
「「公正」ということの意味がプロセスの公正さから結果の公正さへとずらされている」。過程が公正だから結果も公正だ、ということなのでは。詭弁判定が甘すぎる。/
>>相手と同じ土俵に立たないというのは、批判から逃れるときの有効な戦術と言えよう。
"言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。" /
なんか言いがかり感すごい。笑
反論したらダメって決まりでもあるんかってレベル。
胡乱な「道徳」科を勉強するより、こういうことを勉強して詐術にかからないようにすることの方がよほど本人や社会にとって良いと思う。→
国民は直感的にこのような事を見抜いた!だから内閣支持率が30%を切り、不支持理由の第一位が【】なのだ!
内閣改造で騙されないぞ!
こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。
おお。さすが野矢先生。
この話を聞いて同級生の鈴木君を思い出した。みんなに命令したくて学級委員になったり小学生ながら恐喝や恫喝も上手かった。ただ中学に上がったら学業が振るわなくなって、単に「話が長くて屁理屈こねる奴」とハブられた。今何してんのかなぁ。
野矢先生らしい~~~
結局失敗したという意味では、「見事な技術」が皮肉にもなっていない気がしなくもないですね…結局、人は騙されなかったんですよ…
批判逃れの「見事な技術」(朝日) 「野矢茂樹・東大教授に論理的にひもといてもらった」「安倍晋三首相からは答えたくない質問への応答の仕方を学ぶことができる」「軽々に答えはしない。『あなたの前提が間違っている』と
質問は「印象操作だ」と決め台詞(ぜりふ)を言うことも忘れない。以前乱発されていたこの言葉は、きわめて応用範囲が広い。自分に不利な目的で為(な)された質問に対しては、すべて「印象操作だ」と切り捨てることができる
これが日本の現実?
見事かな~?ホントに!!( ´艸`)ぷっ

既に国民に見透かされてるじゃあありませんかあ!!!!!!!ヾ(≧∇≦)
皮肉たっぷり。
← 安倍政権は「詐欺師政権」である。ただし、自らの巧みな言葉で騙す本物の詐欺師と異なり、霞ヶ関詐欺文学の代読か、針の飛んだレコードの様に同じフレーズの繰り返しだ。
8月1日

みごととか、誉めてる場合じゃないですよ。
夏休みの自由研究に、是非。→
直接対峙する野党議員もだし、聞く国民も「ポイントをずらす話術」を与党議員は長けているということを、リテラシーとして十分に知っておこう。
この「技術」、ネットにおけるフレームではおなじみのものだなぁ。いわゆる「論破の技術」。実際には「論破したフリをする技術」だけど。
おまいう / (222 users)
「言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない」。言葉を大切にしない人は、他者を尊重しない、思いやりがない人間だと判断して、そういうふうに扱ってる。/
「言葉を大切にしない人」の例が、馬鹿すぎる。前川、蓮舫だろう。全くの作り話を言う輩はどうなんですかね。吉田清二の捏造記事を書いて謝罪もしない輩はどうなですかね。信用する?馬鹿だね
まさにこれなんだなと思う。
アサヒのお抱え教授かな?
問題の本質は全然ついてないw
言葉狩りによるイジメの見本のよう
野矢さんが、こんなところに。
これはほんとうに深刻な問題。彼らはその深刻さにある程度気づいていてわざとやっているのかもしれないが(皆バカではない、悪人ではあるかもしれないが)それが今後どれだけこの国を蝕むかについては軽く観ているだろう。
こういう答弁を「不誠実」という。つまり質問に答えないというやり方。
良記事 /
特大ブーメランを投げるなよwwwwww
双方に印象操作はあるし、怪文書だったし、「公正な行政が」と聞かれたら先ずその前提を否定せざるを得ない…こんな、私が納得しないのは相手のせい!なんて幼稚な理屈のどこが論理的なの? /
良記事。最近どんどん言葉の意味や筋をはぐらかす政治家の力量を見せつけられるので、この辺勉強してもいいと思う。簡単に騙されないために。
むしろ安倍政権の言語的批評能力ないしはキャッチコピーライティングの巧みさが明らかになってしまっている。「生きた脱構築」のパフォーマティブな実践が日々マス/ネット劇場で繰り広げられている状況において、果たして何を構築すべきか。
東大の先生を引っ張り出して来たけど、この先生、まず言葉の定義を自説に都合よく決めて、その定義を前提に自説を展開している。詭弁のガイドラインに抵触してるね。
明解な説明です。言葉を大切にしない人を、私も決して信用しません。
安倍首相からは答えたくない質問への応答の仕方を、菅官房長官からは言葉の意味をずらす技術を学ぶことができる、と。→
大変勉強になる寄稿/
東大の先生でも朝日新聞のケツを舐めるようなコメント出すのな。何度も国会で審議され、最初から疑惑なんてなかったことが判明しても、まだ疑惑があると口先で言いつのる奴らが言葉を大事にしてるって?笑わせるな。 / "言葉の意味ずらす、今…"
じゃあそもそも獣医学部の新設規制が決まったプロセスが公正だったのか、ってことが問題になるわな >
今日も朝日は平常運転であった。
詭弁を理解するのには、安倍内閣は優秀な材料かもしれませんね:朝日新聞デジタル
言葉に不誠実な政治家は信用されない。保革に関係なく。 /
〟アベ達は「日本の言葉文化 言葉の信用性を破壊する者達」とワタシは認識。
この見出しだと、野党も含まれるという認識ですねw 朝日新聞は、東京大教授(哲学)の野矢茂樹氏のインタビュー記事に「 批判逃れの『見事な技術』」との見出し。
さすがは野矢先生。見事な分析。
なるほど。
人間として信用できませんね〜👎❗️
「問われたのは獣医学部新設の是非ではなく、それを決めるプロセスの公正さである。ところが八田氏は、獣医学部の新設制限こそが不公正なのであり、むしろ今回、不公正が正されたのだと訴えた。」
MSN ニュース - -
「こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。」
言葉の意味ずらす今の政治
分かりやすくて良い。/
これはバベルの呪いか
朝日新聞にそんなこと言われてもなあ。
今に始まった話じゃないよね。昔から政治家は詭弁の技術に長けている
人の発言切り取って捻じ曲げて本来の意図からずれた内容を報道してるのは朝日新聞だろう。
安倍晋三、菅義偉がべた褒めされているwww
整理されててわかりやすい記事。この記事を読むと、政権側が冗長な答弁も含めて計画してやっているとしか思えない。隠れた策士がいるのではないか。
是非読んでもらいたい
言葉の勉強になると思う
日本語ってよく出来てるよね(棒読み):
まさかの野矢ちゃん登場
あーーーーーっはっはっはっはっはっはっ(乾いた笑い)
巧妙に言葉の意味、論点をずらす事で、相手の主張に対して反論できているように見せかけると。
/
捏造と歪曲報道を繰り返す朝日新聞がこういう記事を書いている事が信じられない。殺人犯が人を殺すことはいけない事と皆に言っているのと同じ。モラルや道徳心の欠如で世も末だ。
「八田達夫氏(国家戦略特区ワーキンググループ座長)「政治の不当な介入があったり公正な行政がねじ曲げられたりしたと感じるか」質問に、八田氏は「不公平な行政が正されたと考えている。獣医学部の新設制限は日本全体の成長を阻害している」と応じた
新聞側の技術は述べていないか、カットされているんでしょうね。こういう話はもっと中立的なところで言ってほしかった。 /
全編にわたり嫌味と皮肉の記事。まあ、そうしたくなるのは判る。 /
言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。

その通りです。
これは自社に対するアンチテーゼでしょうから朝日の社訓にして下さい。
お願いしゃーす。
1年生の時野矢先生のゼミでてたな-。論理トレーニングは本当にタメになった(ただ、おかげで文章書くとき接続詞が多すぎると言われるようにw)。
こうしたことを学ぶのは…騙(だま)されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。
最後の一文が最も言いたいことなのでしょう。
民進とかマスコミのことかと思った(ヽ'ω`)
東大の哲学の教授でこの程度。

「あなたが無実の罪に問われようとしているとして、検事がアリバイを尋ねてきたとする。それに対して「あなたの前提が間違っている」とか「その質問は印象操作だ」と応じるのは、明らかにまずいやり方である。」
そっくりそのままお返ししますわ`,、('∀`) '`,、
一言で言うと、安倍政権には 人と接するに誠実さがない。
論理の誤謬について哲学の徒はそれなりに訓練されています。こうした発言により新たな視点が、もっともたらされてほしい。私などが思っていても広まらないのですから。
ほんでそれを攻撃して、我々の生活は良くなったんか?そこがポイントやで。 /
「問われたのは獣医学部新設の是非ではなく、それを決めるプロセスの公正さである。ところが八田氏は獣医学部の新設制限が不公正なのであり、むしろ今回不公正が正されたのだと訴えた。公正の意味がプロセスの公正さから結果の公正さへずらされている」
いや、逃れてないから今の支持率なのでは・・・。
何これ、不正ありきという願望を前提とした論理だよね。この教授も朝日新聞如きに乗せられるとは情けない。
「だが、こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙されないためである」(哲学者・野矢茂樹さん)
"言葉の意味をずらす技術のみごとな例が…八田達夫氏の答えに…。…問われたのは獣医学部新設の…プロセスの公正さ…。ところが八田氏は…新設制限こそが不公正…と訴えた。「公正」…がプロセスの公正さから結果の公正さへとずらされている"
『言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。』(本文より)
この記事って、朝日新聞の自虐ネタ??
政治は騙し合い? 真実を伝えるための言葉、 真実を知らせないための言葉
"こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。" /
言葉の意味ずらす今の政治  安倍首相からは答えたくない質問への応答の仕方を学ぶことができる。例えば、相手が自分の瑕疵を明らかにする目的で何か問いを発したとしよう。そのとき「あなたの前提が間違っている」と切り返す。
稚拙な発言だと証明している、見事な文章。
ジョークですか。皮肉ですか? お子チャマ内閣のお子チャマ発言は、どれも稚拙極まるレベルと思いますが…
勉強になるのん。
言葉を大切にしない人は信用出来ない。
そもそも捜査権も逮捕権も無い、国会で追及ってのは時間の無駄。
国民無視の政治的ポーズだけ。それに踊らされる国民。日本死ねじゃなく。日本死んでるだろw
…学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。
参考になりました//
野矢茂樹・東大教授「言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない」

👉
ニュース 批判のための批判をくりかえし、ネガティブ記事をねつ造する今のマスコミ。
「見事」というか姑息なやり方。言葉をもてあそび、批判を逃れようとする政権は末期。
意図的に「報道しない自由」を行使しているクソマスゴミに言われてもねぇ。
📰
「こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。」
野党にも当てはまるタイトルですね。当然、朝日新聞を始めとするマスコミにも当てはまる。
実に巧みなワザである.まさに言葉が人となりを表わすのである.
まあ、こんな酷い安倍猿軍団の言葉遊びで誤解を強いられている現実に気付く庶民大衆が増えれば社会的に価値のある記事になりますね。
一方で、安倍一味と同じく野党も酷いのが♪説明責任♪の語なんです。口先で言葉を発すれば好いと云う話ではない。
民主党政権の時はもっと酷い発言が山のようにあったんですけど、この東大教授様は当然批判をしていたんだよなぁ?
橋下氏がよく使う手を学習した結果です。詭弁を弄する手法が蔓延すると、誰も言葉を信じなくなり、社会は衰退していく。
ブラック上司に気付くためにも、この辺の策略は覚えておいて悪くはないな。自分で使うのではなく。 >
様々な言葉を繰り出して議論を交わし、時に追及をかわす政治家たちの術。「印象操作」「怪文書」「こんな人たち」という発言を例に、野矢茂樹・東大教授に論理的にひもといてもらった。
野矢茂樹さんてこんな時事的な話に出てくる人だったっけ。たしかに中野晃一さんがいうようにこの記事自体はたいそうなお話ではない。この人が出てきて話をしたくなるほど政治の状況がひどいのだ。
一例付け足すと、『2016年9月から1月の不可解な流れ』を「加計ありき」と言っている(前川氏)のに、2014年から尺をとり(2016年9月からの流れは無視して)「加計ありきは全くの虚構」とかいう(原英史など)のも、こういうお話。
こういう言葉の受け止め方してる人って、どれくらいいるんだろうね。
いや真面目にね。
東大の哲学の先生を引っ張り出してしてもらうようなたいそうな話じゃないです。良い子は、安倍さんたちみたいな恥知らずな大人になっちゃいけませんよ、ということ。
安倍が死に体になってからこれを掲載してる新聞
8/1(火)「朝日新聞」言葉の意味ずらす、批判逃れの技術「印象操作」→あなたの前提が間違っているとして印象操作と切捨て。「怪文書」→出所不明だけを取出し不可解な文書と換える。「こんな人たち」→首相としてを応援演説としてに観点ずらす。
こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。
アメポチビチグソクズ晋三とその一味の私利私欲のための政治にこの「技術」が多用されている。いや、この技術しかないクズ政治屋集団というのが適切だ!→
『勉強になる。ところで、閉会中審査での「加戸隠し」「原隠し」「前川・和泉会談の日時問題隠し」などは、偏向マスコミの「見事な技術」なのだろうか?野矢さんに聞いてみたい。』
若いみなさんは,こんな大人には ならないでね(^_^)

最近の政治の場面におけるやりとりを見ていると、言葉の使い方に関して、たいへん勉強になる。
問われた事に真摯に答えず、話をずらす。これが今の政府と安部くんがしている事だと読んだね。多分、間違いない。www

『 批判逃れの「見事な技術」:朝日新聞デジタル』
相手と同じ土俵に立たないというのは、批判から逃れるときの有効な戦術と言えよう。
詐欺集団が政治を牛耳ってるわけだから特殊詐欺被害が減らないわけだな。教育にも倫理的にも悪い政権。こんな詐欺集団は許せない
↑ポストモダン政府?立憲主義や民主主義を正しく理解してないのは正にそうだが…
与党支持者以外はこんな人達のあつかいなのだし、支持者は実質小○○にされててもついてくるからおいしいし、日本国民が真に歳相応に成熟するにはどうしたら
「隗より始めよ」って言葉があったよなぁ(。・・。)
これは実に勉強になる。 / (朝日新聞デジタル)
釣りか?と思ったら、ネタやった。
アベ語、スガ語について。
最後まで読めば「褒め殺し」の文章でしたね。騙されない為にもズルい、腐った答弁から話術を学ぶ。
安倍さんの言い返しぐらいにはぐらかされているくらいなら、機械が「意識を持った」と判断するようになるのは意外と近い:
バカ達の悪足掻き術。
「こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。[…]言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない」
以前から、政治家は話の論点をずらすという印象があったけれど、最近はさらにメチャクチャ。余計なことを付け加えず、言われたことだけに答えればいいのにっていつも思う。
余りに偏向論破されすぎてどうしてしまったのか?
だが、こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を私は信用する
みんなが感じる「違和感」を見事に解説。
「見事な技術」と言ってしまうのは嫌味とはいえ疑問に思う。小学生がやるような言い逃れやごまかし、強弁と大差ないことまで踏み込んでほしかった。→
野矢茂樹氏:朝日新聞デジタル

抜粋引用『言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。』
20170801_03 あくまでもこんなやり方に騙されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。
大きく吸って、せーのっ!
野矢先生!
「こうしたことを学ぶのはあくまでもこんなやり方に騙されないため。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を私は信用する気に」
「言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。」これに尽きると思う。
今の政治 
おいおい😓そりゃ も同じだろ!
安倍さんが権力で国策捜査してると言えば.詐欺も許し、が強要だとか多様性だと
言えば法律違反でも許し。
レベルの意見だこと。
➡︎東大教授、安倍軍団の国会対応の一部を論理的に見事とだと評価しているが、多くの国民は論理的におかしい、全く正対していないと感じたはず。余り意味のないコメント。
言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。
参考にしよう(* ̄ー ̄)、 、→
以上

記事本文: 言葉の意味ずらす、今の政治 批判逃れの「見事な技術」:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース