TOP > スポーツ > 朝日新聞デジタル > Bリーグ、会場確...

Bリーグ、会場確保に四苦八苦 プロ・中高生で過密状態 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

10コメント 登録日時:2017-05-10 17:21 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

Twitterのコメント(10)

興味深かった。/
群馬クレインサンダーズが使っているグリーンドーム前橋のように、コンベンションを造る計画がある自治体は、スポーツ施設にも転用できる建物を考えるべき。
アリーナ作らないとな。サッカー、野球と連携しても面白いだろうし。他競技のチケット半券で安くなるとか。
「B1川崎は「とどろきアリーナ」での本拠戦を全て金、土曜日に実施。「中高生の大会などとの兼ね合いで、日曜は遠慮せざるをえない」という。」
やはり「体育館」では限界を感じる。体育館だと汎用施設だから、何をどうやっても不平不満が出る。専用コートこそが理想だが、如何せんそこまでバスケ人気が育っていない。
これなせっかく強いチーム、選手でも体育館とか財政難で下部になってしまうのはもったいない
金土の川崎だって、土曜日開催で完売したことある?リーグ全体が分不相応なキャパを要求してる気がする /
会場確保ってなかなか大変なのねぇ…
試合日も希望通りにいかない中、Bリーグの初年度観客動員は、けっこう頑張ったんじゃないですかね〜^ ^b
今までさんざんハコモノ作りまくってきたのにハコがないという皮肉。
【長野県:ニュース】≪ プロ・中高生で過密状態≫ 朝日新聞 -

B2信州の本拠・長野県千曲市には規格を満たすアリーナがなく、長野市や松本市のアリーナもイベントで過密状態…
以上

記事本文: Bリーグ、会場確保に四苦八苦 プロ・中高生で過密状態 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

関連記事

画像で見る主要ニュース